足利渡良瀬ウォーターパークじゃぶじゃぶ池はどんなところ? 赤ちゃん連れの家族で遊べるじゃぶじゃぶ池の楽しみ方ガイド

海のない栃木県。夏に海に行きたくても遠いですよね。

でも近場に海が感じられる楽しい施設があるのです!
赤ちゃんや小さい子どもでも安心して水遊びが楽しめる場所です。

それは足利市にある渡良瀬ウオーターパーク
家族で楽しめる大規模親水施設です。

今回は家族で楽しめる施設で、家族連れに大人気な栃木県足利渡良瀬ウオーターパークじゃぶじゃぶ池の魅力をご紹介します!


スポンサーリンク

足利渡良瀬ウオーターパークってどんなところ?魅力は?

家族で楽しめる大規模親水施設です。
岩井分水路緑地に設置されており、幼児から大人まで自然と親しめる大型複合施設です。

ビーチのような造りになっていて、海で遊んでいるような気持ちです!
太陽と自然につつまれて、「水と遊ぶひととき」をすごすことができます。

渡良瀬川にかかる福寿大橋をはさんで、下流に水深20cm「じゃぶじゃぶ池」、上流には渚から水深80cmまでの「わたらせビーチ」があります。

赤ちゃんや小さな子供向けの「じゃぶじゃぶ池」はまだ水に慣れていない赤ちゃんでも安心して遊ばせられます

施設の中心となる「わたらせビーチ」は、水面の広さ約260m×30mで、幼児から大人まで利用できます。
人工的に波を起こす「波ボール」が大人気です。

じゃぶじゃぶ池の利用は無料、わたらせビーチも安価で利用できるので、家族連れにピッタリですね!

周囲には渡良瀬川の自然と美しい芝生も広がり、気持ちものびのびできそうです。


【住所】
栃木県足利市岩井町465-1

【電話番号】
0284-40-1787
(財団法人:足利市みどりと文化・スポーツ財団)

【料金】
子供料金80円
※小学生未満無料、小学生以上も平日は無料開放となります。
※じゃぶじゃぶ池は無料です。
大人料金210円
※平日は無料開放となります。

【アクセス】
電車・バスでのアクセス
JR両毛線足利駅から徒歩約20分
東武足利市駅から徒歩約30分
車でのアクセス
東北自動車道佐野藤岡ICから約35分

【駐車場】
駐車場約600台

【開園期間】
7月の土日および7月中旬~8月末までの休園日を除く毎日

【休園日】
わたらせビーチ:毎週木曜日 
じゃぶじゃぶ池:毎週月・金曜日の午前中(清掃日)
足利花火大会の日は午前中開園し、午後は休園となります。
天候等の状況によって、臨時休園することもあります。

わたらせビーチ及びじゃぶじゃぶ池の開園期間および開園日のお知らせが毎年ホームページで発表されます。
オフィシャルサイトをご確認ください。



足利渡良瀬ウオーターパークはいつから遊べる?混雑は?

7月初旬から開園する予定です。
開園期間および開園日のお知らせが、毎年オフィシャルサイトで発表されますのでおでかけの前に確認してくださいね!

ツイッターなどでも臨時休館やイベントのお知らせをしています。


開園期間が約2か月間と短いので、土日祝日は混雑しますが、無料の駐車場は回転が良く、車が停められないほどの混雑はないようです

水遊びしている間は日差しが強く暑いので、午前中に水遊びするのがおすすめですよ。

同じ敷地内には「サイクルランド」があり、変わり自転車やバッテリーカーも楽しむことできるので、プールの後の利用にも最適です。


小さな赤ちゃんでも水遊びできる?おもちゃの持ち込みはOK?

じゃぶじゃぶ池は水深20㎝と浅いので、小さなお子さんでも安心です。

監視員の方も数人常駐していてプールサイドや滑り台で安全確認をしています。
管理がしっかりされているので安心です。

おむつが外れていないお子さんは、水遊び用のおむつの上に水着を着るのがルールです。


おもちゃの持ち込みはOKです。
ただし、ガラス製のものの持ち込みは禁止されているので注意です。

子どもは遊びに夢中になると、周りがみえなくなるので周辺の人の迷惑にならないようなおもちゃを選びましょうね。




テントの持ち込みは大丈夫?売店はあるの?

日除けテントは持ち込み可能です。

日影も少なく、パラソル以外は特に日陰もないので、テントやサンシェード必須です。
施設のパラソルもたくさんありますが、早い時間に行かないとなくなりますよ。

プールにいると直射日光が強いので紫外線や熱中症対策をしたほうが安心!。
水分や日傘、プールの中でも着れるフード付きパーカーもオススメです。

コンクリート部分はかなり熱いので、大人も子供もビーチサンダルは必須です。
日焼け止めを追加で塗ったりしてからお肌を守りましょうね。

プールの方は一時間に一度10分程の休憩時間があるので、お子さんのお肌や体調を確認してあげてくださいね!


おにぎり、お弁当、かき氷などの売店がグリーンプラザ前に出店しています
残念ながら、混雑時には売り切れてしまうこともあるようです。

食べ物の持ち込みはOKなのでお弁当を持っていくのも楽しいですね。
家族サービスのお父さん、アルコールの持ち込みは禁止なので我慢してくださいね!


簡易トイレがありますがビーチのトイレは男性用トイレと和式トイレのみ。
洋式トイレを利用したい場合は、階段を登ったところにある渡良瀬グリーンプラザにもトイレがあります。


【まとめ】足利渡良瀬ウオーターパークで遊ぼう!

足利渡良瀬ウオーターパークの魅力をお伝えしましたが、いかがでしたか?

簡単に要点をまとめてみます。

  1. じゃぶじゃぶ池は無料!わたらせビーチも安い!

  2. 7月初旬から8月末まで営業。駐車場の回転も早いから安心!

  3. 水遊びオムツと水着があれば、赤ちゃんから遊べる。

  4. おもちゃやテントなどの持ち込みもOK

ビーチのような造りで、海のような雰囲気の足利渡良瀬ウオーターパーク。
夏は赤ちゃんから、大人まで楽しめるスポットへお出かけしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です