厄払いを神社で!京都で人気の厄払いの御利益神社3選!マナー・お作法も!

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

厄年になると、やはり信仰が薄い人でも気になりますよね。

京都には全国的に有名な神社がたくさんありますが、京都で厄払いをしてくれる神社を3つ(上御霊神社、上賀茂神社、八坂神社)ご紹介しましょう。

厄払いのマナーや風習についても語るので、ぜひ厄年の方は参考にしてくださいね。

気持ち的なことですが、お正月から節分にかけての期間に一度、お祓いに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

そもそも厄年・厄払いとはどんな風習?厄払いの作法は?

厄払いは平安時代から始まったとされ、一生に3度の指定の年齢に神社で厄除けをしてもらいます。

男性と女性で厄年が違うのも特徴で、男性の場合は42歳、女性の場合は33歳の厄年が特に重要です。

厄払いを行ってもらう時期としては、年明けから節分までの期間が一般的です。

お祓いをしてもらう時は、スーツ姿やワンピースなど正装が良いと言われています。

祈祷料を入れるのし袋は、紅白の水引のついたもので、神社の場合は「玉串料」「御初穂料」と書いて、お寺の場合は、「お布施」と書きましょう。

京都で人気の厄払い神社3選!:その1.上御霊神社

京都市上京区にある上御霊神社(かみごりょう)は、非業の死を遂げた人々を祭神として祀っている神社です。

平安時代には、怨霊が疫病や天変地異を引き起こすと考えられていたので、恨みをもって死んでいった人々を神社で祀ることで災厄を防ぐことができると信じられていました。

そのため、上御霊神社にお参りすれば、厄除けのご利益があると言われていますよ。

お祓いに関しては、詳しい情報が公開されていないので、各自で問い合わせる必要があります

■京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495番地

上御霊神社

京都府神社庁 ホームページ

御靈神社

京都魔界のパワースポット 上御霊神社

京都で人気の厄払い神社3選!:その2.上賀茂神社

京都で最も古い神社と言われる京都市北区上賀茂神社(かみがもじんじゃ)は、賀茂別雷大神をまつっています。

賀茂別雷大神は名前の通り、雷の神様で、厄を払いのけて、災難を防いでくれる厄除けの明神として、古くから信仰されています。

長きに渡り、京都を守っている神社とも言われており、きちんと厄除けのご祈祷もしてもらえますよ。

祈祷料として5,000円以上と書かれているので、5,000円包んでいけばよいでしょう。

■京都府京都市北区上賀茂本山339

上賀茂神社

上賀茂神社 公式ホームページ

賀茂別雷神社

京都のパワースポット 上賀茂神社 kyoto kKamigamo-shrine

京都で人気の厄払い神社3選!:その3.八坂神社

八坂神社(やさかじんじゃ)は、京都で最も有名な厄除けのご利益がある神社です。

東山区にある八坂神社は、スサノオノミコトを祭神として祀っています。

スサノオノミコトは、疫病や水難などの厄から守ってくれる神様です。

八坂神社といえば祇園祭ですが、これも疫病退散のために行われているそうですよ。

ご祈祷料は5,000円です。

■京都府京都市東山区祇園町北側625

八坂神社

八坂神社 公式ホームページ

八坂神社
八坂神社 京都市東山区 祇園さんとも呼ばれています。由緒や年中行事、祇園祭について紹介。

京都 八坂神社

まとめ

tc160130040i9a6542

厄払いができる京都の神社をご紹介しましたが、いかがでしたか?

厄払いに行かない人も増えてきた現代ですが、年初めに清々しい気持ちになれるものなので、厄年を気にしていない方も初詣がてらで良いと思うので、ぜひ、神社に足を運んでみてくださいね。

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました