9月でも泳げる!【関東】海水浴場3選!クラゲは?混雑情報は?

スポンサーリンク


海水浴のシーズンは基本的にお盆までと言われていますし、それ以降は基本的にあまり行かなくなりますよね。
しかし近頃は9月に入っても暑い日が多く、「海水浴に行きたい!」と思う方も多くいます。


「海水浴はお盆まで」と言われている理由はありますが、しかし9月になっても泳げる海がないわけではありません。
もちろん気をつけるポイントはいくつかありますのでまずはそれを把握し、9月でも泳げる海の場所もチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【9月でも泳ぎたい!9月の海の特長は?】


最初にお話した通り、基本的な海水浴シーズンは一般的にお盆までと言われていますので、それ以降は一気に利用者も減っていきます。
それでも夏休み期間である8月はまだ利用者もいますが、9月以降となるとほぼいなくなり、また有料海水浴場も9月以降は無料開放されているということが多くなります。


これは一見メリットに見えるのですが、「人の目がなくなる」ということは、何か起こったときに助けてもらうこともできにくくなるというデメリットもあります。
シーズンの間は常駐していたライフセーバーさんも9月以降はまずいなくなってしまいますので、事故を起こさないよう、遭わないようしっかり気をつける必要が出てきます。


「溺れた人を助けるのは難しい」というのもよく言われている通り、「助けようとして一緒に溺れてしまった」という事件もよく耳にすると思います。
決して無理をせず遠くへ行かず、泳ぎが心配な場合は浮き輪を用意するなど対策しておきましょう!


また「お盆まで」と言われる一番の理由は「クラゲ」であることも、広く知られていますよね。
お盆以降の海は海水温度があがることによってクラゲが増え、刺される心配も出てきます。
クラゲが比較的少ないと言われている場所でも絶対にいないという保証はありませんので、万が一泳いでる最中にクラゲを見かけたらできるだけ早く上がりましょう。
万が一刺された場合は身体の麻痺や激痛の可能性、そしてクラゲの種類によっては毒を持っている場合もありますので、すぐに病院に向かって下さい。


天候については9月以降は台風が増えますので、たとえ台風の発生や場所が遠くても「波が高くなる」などの影響が出ていることがあります。
また9月半ば以降は北東の風が吹いてくる日も増え、そうなると肌寒いと感じることも増えますので、ラッシュガードなど対策も用意しておいたほうが安心です。


日焼けについては8月と大きな差はなく、常に気をつけて天気の移り変わりをチェックしておくこと、日焼け止めなどの対策はしておく必要があります。
「9月に入って多少日差しが和らいだから日焼けもしない」ということはまったくなく、紫外線は同じように降り注いでいます。
日焼け止めなどの対策は必ず行っておいたほうが安心ですね。




【9月でも泳げる!おすすめ海水浴場1:伊豆白浜海岸】


・参考動画
【空撮】伊豆白浜海岸と白浜神社


場所:静岡県下田市白浜
オープン時期:~9月半ばまで


伊豆白浜海岸は9月に入っても潮の流れの関係でクラゲを見ることがほとんどないと言われている場所で、9月に入って海水浴をしたい方にも知られています。
駐車場も国道沿いの10ヶ所以上、車を停めた目の前が砂浜というとても便利な場所にあり、荷物を取りにいくのも簡単というメリットもあります。


海の家はないのですが近場に食事が出来るお店も揃っていますので、食べる場所に困るということもなくゆっくり遊べると思います。


伊豆白浜海岸は9月になっても遊べる場所ということで、比較的シーズンを外しても人の目があります。
しかし混雑して泳げない、遊べないという規模ではありませんので、クラゲや天候などに気をつけながらゆっくり遊ぶことは十分可能だと思います。
動画にもある通り、白浜神社の鳥居と海という景色も絶景ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!


【9月でも泳げる!おすすめ海水浴場2:逗子海岸】


・参考動画
逗子海水浴場2016年


場所:神奈川県逗子市新宿2丁目地先
オープン期間:~9月3日まで


逗子海岸は6月の終わりから9月の始まりまでがシーズンとしている「開いている時期が長い海水浴場」ということで有名です。
お盆までとしているところが多い中、夏休みはほぼシーズン中になる逗子海岸は、常に人気が高く人も多いですね。


海の家なども同じく9月の始まり頃まで、逗子市のサイトで詳細な利用者ルールなども配布されていますので、行く前にチェックしておくことをおすすめします!




駐車場は近場にたくさんありますし、満車になったとしても探せばすぐに見つかると思います。
クラゲも比較的少ないと言われていますが、もちろん見かけた場合はうっかり触ったりせず、すぐに砂浜に戻ってくださいね。


海岸の風景はもちろん、海の家や雪がない富士山など、周囲を見渡すだけでも景色を楽しめる場所でもあります!


【9月でも泳げる!おすすめ海水浴場3:由比ヶ浜海岸】


・参考動画
2015年9月 鎌倉由比ガ浜シルバーウイーク


場所:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜
オープン時期:8月31日まで


由比ヶ浜も8月いっぱいまでオープンしている場所で、9月に入っても水でパシャパシャ遊べる場所として知られています。
残念ながら海の家などはシーズン終了の8月いっぱいで終わってしまいますので、着替える場所などは考える必要がありますが、おすすめの場所です!


9月に入ると人は一気に減りますので、ゆっくりすることは十分可能です。
クラゲも比較的少ない場所ではありますが、今までと同じくいないわけではありませんので、見かけたらすぐに離れるように注意して下さい。


駐車場についてですが、基本的に由比ヶ浜の海水浴場に駐車場はありません。
近くの県営由比ヶ浜地下駐車場を使うことになりますが、由比ヶ浜の場合はそもそも電車で行くと「最寄り駅から徒歩5分」という立地の良さもメリットです。
どうしても車で行きたい場合は地下駐車場を、そうでない場合は電車で遊びに行くほうが駐車場の心配もなく、気楽に遊べると思いますよ!


人の多いシーズンの砂浜ももちろん良いものですが、静かになった由比ヶ浜海岸もまた景色が良く、時間があれば夕焼けなどもぜひおすすめしたいです。


【まとめ】

「海水浴はお盆まで」というのは広く知られていますし、やっぱりお盆を過ぎると海は行けないものと思ってしまいがちですが、こんなにたくさん遊べる場所があるのですね!


もちろんシーズン中のようにライフセーバーさんは常駐しているわけではありませんし、海の家なども終わってしまっていることが多いです。
事故などは十分に注意しすぎて損はありませんので、気をつけて遊びに行くようにしてくださいね!


まだまだ9月は暑い時期ですので、こういった海岸を上手に使って楽しく過ごしていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です