子供の受験前日におすすめの食事は?不安な子供にかける声は?受験前日のギモン4選!


受験前日に不安になることは誰だってあります。どんな試験であっても、試験日前日や試験日当日はどきどきしっぱなしでしょう。

そんな時に親として、子供にどんなことができるのか、シチュエーション別で考えて行きましょう。何人も育てた親でも、子供の数だけやり方は異なるでしょう。
我が子に合った対処方法を考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

受験前日の子供につくってあげたい!合格祈願のメニューとは?

受験前日には、よく昔からカツ丼と決まっていますが、最近はこのカツ丼はあまり、試験日に本領を発揮するのにふさわしくないメニューとして、知られていますよね。では、どんなメニューが適しているのか、気になりますよね。

まず、大切なのが、食事をとる時間です。
食事は、就寝予定時刻の3時間前にしましょう。

試験日はすっきりとした頭で挑んでほしいもの、ぐっすりと眠れるように消化ができる3時間前までがおすすめです。さらに、胃腸に負担がかかる食べ物はふさわしくありません。消化の良い食べ物にしましょう。

他にも、ビタミンが豊富に取れるメニューがいいでしょう。体の調子を整えてくれますよ。

以上を踏まえると、おすすめなのは、野菜たっぷりの煮込みうどんになります。寒い季節なので、体も温めてくれる食べ物がいいですよ。

ちなみに、試験当日の朝食は、試験開始時刻の3時間前までに取りましょう。炭水化物や果物で、きちんとエネルギーをチャージできると◎ですね。おすすめは、白米、納豆、焼き魚、野菜入りのお味噌汁という純和風な朝食です!

試験開始まで1時間くらいの時間では、糖質が多く、脂質が少ないものがおすすめです。おにぎり、菓子パンやチョコレートでOKですよ。

【受験生必見】試験前日、何を食べる?京大生の「食事論」~頭脳をフルに動かすために、炭水化物とブドウ糖を取れ!【篠原好】




受験前日に不安な顔をしている子供にかけてあげるべき言葉とは?



受験日までに一生懸命に勉強していたのであれば、後は出し切るまでです。一生懸命にやったのだから、後はなるようになるさ、とあまりプレッシャーをかけないように、明るく振る舞っているといいでしょう。

あんなに勉強したんだから、大丈夫よ、ちゃんと問題も解けるし、時間配分も完璧だよ、とか、今日が最後だから、これまで勉強してきたことを出し切ればそれでいいんだよ、と元気づけるような言葉がいいでしょう。

親が緊張したり、何が何でも合格と叫んでいると、子供にはそれが重く感じられるものです。子供は十分に頑張っているので、頑張ってという言葉よりも、大丈夫だよ!という安心できる言葉をかけてあげましょう。

受験日当日の朝に大丈夫!と笑顔で見送ってあげれば、親としてベストだと思います。

受験前日に眠れない子供へのサポートはどうする?


受験前日に眠れない子供に対しては、落ち着いて眠れるように、ホットミルクを用意してあげましょう。ホットミルクに、砂糖の代わりにはちみつを入れて作ると栄養価もあるので、おすすめですよ。

他にも、ホットソイミルクアーモンドミルクもおすすめです。カモミールティーも気持ちがリラックスするので、おすすめですよ。

ラベンダーやカモミールのアロマオイルを枕元に置いてあげるのも効果的です。後は、明日のことを考えずに頭を空っぽにして横になっているように言いましょう。

受験を一度忘れて、小説を読んでみるのもいいでしょう。ですが、人によっては読みハマって、かえって眠りたくなくなるので、その子の性格によりますね。読書が嫌いな子なら、効果があると思います。

さらに、試験前日は、就寝2時間前には、スマホ、ゲーム機、パソコンは取り上げておきましょう。ブルーライトは睡眠に悪影響なので、避けるようにしましょう。

受験前日・当日は親も緊張をするもの。どう過ごすのが正解?


受験前日は子供はとってもナーバスになっているものです。そこに一緒になって親が緊張していては家の中の空気が重くなりすぎるので、いつも通り、親は子供をサポートしてあげるように心がけましょう。

食事に気を使ったり、睡眠に気を使ったり、当日の試験会場までの道のりを確認したり、ホテルに泊まっての受験の場合は、コンディションを整えることに重点を置いて遅くまでは勉強させず、早く寝かせるようにしましょう。

受験当日は人によっては子供を会場まで送ることになるでしょう。試験が終わるまで、どこかで時間を潰すのが定番ですが、あまりあれこれ考えていても仕方がありません。終わった時に、頑張った子供に何をご褒美に持って行けば喜んでくれるか考えるくらいがよいでしょう。

たかが大学受験です。子供の人生が、受験一つでダメになるものではありません。大学の名前や学歴の重要性が薄れている現代、子供がやりたいことをやれる未来を全力で応援するのが、親の唯一の務めだと思います。

親が受験を重く考えすぎていると、子供はそれだけでストレスになります。人の一生は右往左往しても、得るものがたくさんあります。気楽に構えるくらいが良いと思います。

【最後に】


子供の受験ともなると、自分が子供の時に体験した受験よりも大変な気がしますよね。食事に気を使って健康管理をしたり、塾への送り迎えをしたり、遠方の大学ならば、ホテルや交通機関の手配も必要ですね。

親の方が大変な子供の受験ですが、受験中は子供もナイーブになりがちです。年ごろでコミュニケーションもうまく取れない場合もある中、それでも親はできることを精一杯、頑張るしかありません。受験を親子で乗り切って、素敵な桜を咲かせてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です