物理学の原則に従え!綱引き必勝法!勝てる掛け声・並び方・姿勢はコレだ!

スポンサーリンク
運動会・体育祭・文化祭
スポンサーリンク

 

綱引きといえばまっさきに浮かぶものが運動会というほどの運動会種目の定番で、どこの小学校や地区の運動会でも行われていると言えるほどです。

綱引きとルールの基本は二組に分かれて綱を引き合い、相手を自陣に入れる(ルールは様々です)ことで勝ちとするシンプルな競技ですよね。

綱引きはかつてオリンピックでも取り入れられていた行事ですが更に元を辿ると年占行事の一種であり、地域のお祭りでも綱引きを行っているところがあります。

今回はそんな綱引きでの必勝法を紹介していくので、綱引きで絶対に勝ちたいと思っている方、ぜひチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

【物理学の原則に従え!綱引きで勝てる並び方とは?】

 

綱引きは二組に分かれて綱を引くシンプルな競技ですが、シンプルである分「綱引きで勝てる並び方」というものもあり、とてもわかりやすいんです。

2015全日本綱引選手権大会(男子決勝)

2015全日本綱引選手権大会(男子決勝)

まず最初に並び方における「綱引きで勝てる方法」ですが、上の動画も参考に見ていきましょう。

綱引きは綱を引っ張り合って自陣に引き寄せれば勝ちになるというシステム上、単純に「体重が重いほう」が有利になります。

ですからもし綱引きに出るメンバーを選んでいく場合は、体重が重い方を優先的に選んでいったほうが良いんです。

次に並び方ですが、動画を見ても気づく方もいらっしゃるかもしれません、「身長順」に並ぶのが一番いい方法になります。

また小学校の運動会の並び方は出席番号順になることもあり、そうなると身長や体重もバラバラの組み合わせになります。

実はこう並んでしまうと綱を持つ位置もばらばらになってしまい、力の入り方が揃わずばらけてしまいやすくなっています。

逆に背の順、もしくは背が高い順で真ん中ほどまで、そこからは背が低い順に並ぶと綱をまっすぐ伸ばすことができるので力が入りやすくなります。

 

騎馬戦必勝法を伝授します!1対1・一騎打ち・大将戦の必勝のコツ!

 

この勝てる並び方を知っているか、実践しているかどうかだけでも綱引きに勝てるかどうかが大きく変わるので、並び方はきちんと考えて調整していきましょう!

【勝てる綱引きの掛け声は?「オーエス、オーエス」が正解?】

綱引きならではの特徴といえば「オーエス、オーエス!」という掛け声で力を合わせて引いていくという記憶がある方も多いと思いますし、何となく掛け声を出している方も多いと思います。

【綱引き】伝統的な競技!「オーエス」という掛け声の由来とは!?【スポーツ】
https://youtu.be/_kPxBvMC_vc

この「オーエス」の由来についてはフランス語の「オーイス」から来ている、という説が有力と言われていて、これは日本語で言ってみれば「せーの」「よいしょ」などに当たるんですね。

実は綱引きの掛け声については明確なルールもなく、その他としては「いっちにーいっちにー」「わっしょいわっしょい」など、様々です。

掛け声については実はどんな掛け声でもよく、しかし運動会などで力を合わせて同時に力を込めるためには絶対に合ったほうが良いです。

掛け声の内容よりも「みんなでタイミングを合わせて同時に力を引く」ために掛け声は必要なので、張り上げすぎて掛け声で体力を使い切ってしまうなんてことがない程度にがんばりたいですね。

【勝てる綱引き、スタンバイの姿勢は?どうやって引っ張る?】

 

綱引きにおいて並び方、そして力を合わせるための掛け声が大事なことは分かりやすいですが、同じくらい姿勢や引っ張り方も大切です。

運動会で負けない綱引きのコツ

運動会で負けない綱引きのコツ

綱引きでは後ろに倒れるように引っ張っている姿をよく見かけますが、これは全身の体重を後ろに引っ張って力を入れているんですね。

もちろん綱をしっかり持つことも大切で、わきに挟んで固定すること、両足は広げてかかとを曲げ、しっかり踏ん張れるようにしておきましょう。

またスタンバイの頃からロープと並行になるように身体を正面に向けて立つのも、まっすぐ後ろに力を入れるために有効です。

腕の力ではなく体重をしっかり乗せる、そのためにロープはわきに挟んで身体を正面に向け、足を肩幅に広げて左右を揃えること、顔は空を見て体重をかけ続けることが大切です!

【勝つための綱引き練習方法は?やっぱり軍手は必要?靴は?】

綱引きに勝つためにはしっかり綱を引っ張ることが必須なので、個人で行う練習、集団で行う練習どちらも大切になります。

綱引きでは腕を身体に引きつけておく力、そして強い握力で引っ張り続けられる力、体幹を真っ直ぐにして引っ張る力が必要です。

個人練習の際は筋トレなどももちろんこういった力を育てるために有効なので、是非実践してみてくださいね。

その他として軍手や靴なども考えられますが、実は軍手についてははめているせいで滑りやすくなる可能性もあり、力が入らなくなることを考えるとあまりおすすめできません。

素手で綱をしっかり握ることによって握力もきちんと働くので、ルールとして軍手を着用とかでない限りは素手でがんばりましょう。

については踏ん張る必要があるので綱引きにおいては重要で、靴の裏が平らなものは滑りやすいので避けましょう。

サッカーのアップシューズのような多少凹凸のあるタイプが綱引きの際は使いやすく、おすすめです。

凹凸があるからといってサッカーや野球のスパイクになると危険なので避けること、また素足で行っている姿を見かけることもありますが、同じチームメンバーに踏まれるなど危険なのでやめましょう。

【まとめ】

綱引きは誰もができる簡単な競技なので気軽に取り組むこともできますが、実はこのように必勝法やコツなどもたくさんあるんですね。

これを知っている、知らないだけでも綱引きで勝てるかどうかがまったく変わってくるので、まずは自分のチームを見直し、並び方から考えてみましょう。

もちろん個人練習も必要ですし、実際に並んでまっすぐ力を入れるためには集団での練習も大事なので、運動会に向けて勝てるための準備をすすめていってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました