葛城山のつつじ見頃ナビ2017!ロープウェイでの行き方は?開花状況は?

スポンサーリンク


金剛生駒紀泉国定公園の中にある大和葛城山(やまとかつらぎさん)は、以前は金剛山を含む葛城山脈を葛城山と呼んでいました。大和葛城山の山頂付近は葛城高原と呼ばれていて、ツツジの開花時期には多くの観光客が訪れます。葛城高原は標高959mの葛城山の頂上にひらけた大高原です。


そこで今回は葛城山のつつじの見頃について調べている方へ、見どころや駐車場情報、開花情報なども合わせてまとめてみました。


スポンサーリンク

【淡紅の見事な彩りが美しい!葛城山とは?】

葛城山は奈良県御所にあり、阪府南河内郡千早赤阪村との境に位置しています。山は2時間くらいで登ることができ、初心者でも登山を楽しむことができるのです!絶好のハイキングコースがあると知られている葛城山のつつじは、「一目百万本」と言われるつつじで紅、淡紅が鮮やかに山の斜面を彩ります。


→葛城高原つつじ


ロープウェイはつつじが見ごろの時期は平日、土日も関係なく混雑します!平日でも1時間半待ちで、土日はさらに2時間~3時間待ちになります!混雑ピークは10時から13時で、お天気の良い晴れた日は、かなりの覚悟が必要なんです!


混雑回避するには朝早く出発するか、2時間待ちの場合は覚悟を決めて2時間歩いて登ってみませんか?もちろん無理は禁物ですよ?小雨や雨の予報が出ると人が減りますので、狙い目かもしれませんが、せっかくなのでお天気の良い日にお出かけしたいですよね?ロープウェイは8時頃から営業もしていて、運行間隔も早いです!


また、葛城山頂への車での乗り入れは出来ませんので、山頂へは、登山またはロープウェイを利用して下さい!

→「葛城山ロープウェイ 葛城山上駅→葛城登山口駅 2015年10月28日」



■アクセス情報

〈車の場合〉
•京都方面からは橿原北ICから40分
•大阪方面からは葛城ICから約20分


■駐車場

近鉄ロープウェイ葛城登山口駅付近に「葛城山駐車場」があります。120台分あり(1000円)つつじの見頃シーズンは、大変混み合いますので、臨時駐車場を使って下さい。


〈バスの場合〉
・近鉄御所駅から奈良交通バスで葛城ロープウェイ前行きに乗り、終点「葛城ロープウェイ前駅」で下車(片道290円)


アクセス情報や時刻表、駐車場情報合わせて、葛城高原ロッジのHPを参考にして下さい。


■問い合わせ

金剛生駒 紀泉国定公園 葛城高原ロッジ
奈良県御所市櫛羅2569 TEL:0745-62-5083


【葛城山のつつじ!見頃・開花状況予想!】

例年の葛城山のつつじの見頃は5月中旬から下旬です!ただし、見頃時期はお天気により多少前後することがあります。


■2017年のつつじの開花予想

葛城山のつつじの花の時期は毎年5月中旬から5月下旬です。2017年の見ごろは平年通り5月20日頃と予想されています!暖かい日が続けばもう少し早く見ごろになるでしょう!GW中に行く人が多いですが、4月末頃にやっとつつじのつぼみが膨らみ始めますので、連休中はまだ2分咲き、3分咲きの可能性が高く、5月中旬に向けて咲いてきます。


葛城山つつじの公式ホームページでは毎日つつじ開花情報が写真付きで更新されますので、4月の下旬から開花情報をチェックして、タイミングを逃さない様にして下さいね!
今日の葛城高原


【葛城山のつつじ絶景ポイントはロープウェイでいける?】

つつじが見ごろの時期のロープウェイは2時間待ちなど激混みなので、行きは歩いて帰りはロープウェイにした方が良いかもしれませんね?何だかロープウェイを待っている時間がもったいないと感じてしまいますね?

スポンサーリンク

葛城山の登山ルートは2種類で、「櫛羅の滝のコース」と「北尾根のコース」があります!

①櫛羅の滝のコース
3㎞程度で1時間~1.5時間のコースです。登山道は整備されていますが、階段が多いです。登山の途中で2つの滝を見ることができ、その滝を見ながら登るコースです。マイナスイオンたっぷりですね?登山中は落石などで迂回路が表示されている場合があるので、掲示板に注意して怪我のないようにして下さい!


②北尾根のコース
もう少し景色を眺めながら歩きたいという方におススメの4㎞弱、5時間~2時間のコースです。斜面が急になりますが展望がとても良いです!途中には標識がありますので、迷う心配もありません。途中の斜面でロープを伝って歩くので、軍手があると安心です!眺望ポイントでは椅子が設置してあり、眺めながら一息つけます。ゆっくり自分のペースで登山を楽しみましょう!


■下山ルート

下山ルートは次の3種類あります。

1. 行きと同じルートを通って帰る。
2. 北尾根コースから登って櫛羅の滝のコースから帰る方法です。行きと違う景色が見たい方はオススメです!
3.ロープウェイを使用 登りで疲れてしまった方は無理せずに使いましょう!


■料金

葛城ロープウェイ(登山口駅~山上駅)片道740円(子供370円) 往復1,250円(子供630円)所要時間は6分


 

【葛城山のつつじを見に行く時の注意事項や服装は?】

山の天気が急変します。春の登山にもそれなりの服装が必要です!また、持参しておいたほうが何かと役に立つものもあります。


■登山は服装に注意

山頂はこの時期でも肌寒いので、それなりの装備が必要です!また、北尾根のコースを登る人は、ロープを伝って歩く場所があるので軍手を忘れずに!


→〈参考〉大和葛城山に登るときの服装と装備(やまクエ)


〈初めての登山の服装〉
1. 体が動きやすい普段使いのジャージ生地が最適です。
2. 登山中は暑かったり寒かったりするので、重ね着を考えたコーディネートで体温調節がして下さい!


■売店

飲み物は自販機がありますが、お値段が若干高めなので、出来れば登山前に用意しておきましょう! お食事処もあるので手ぶらで行っても困りません。山頂で昼食を食べたい人は、9時すぎには登山口から登り始めると間に合うと思います。


売店もあり、そこでお土産も買えます。テーブルで休憩する場所もありますが、数が少ないので、ビニールシートがあれば便利です!


■トイレ

トイレは山頂にもあり、綺麗に清掃されているので、気持ちよく使うことができます。


■急な天候の変化

山の天気は急変しやすいです。ロープウェイも雨風で運行停止になり、徒歩で下山の可能性もあります。そのためにプラス1枚予備の服を持参すると、雨で濡れても着替えが出来て安心です。また、予備のシャツが防寒着にもなる場合もありますからね?


■つつじは摘んでも良い?

誰かの所有で管理している土地のものは、あくまでも所有者の物です。スタッフの方達が来年も綺麗なつつじが見られる様に、丹精こめて管理されています。葛城山のつつじに関しては、御所市観光協会の「葛城山情報」のお願いしたい事として掲載されていますので、1度確認して見て下さい。

【最後に】

葛城山のつつじ見頃ナビ2017!はいかがでしたか?緑に映える赤のコントラストが綺麗なつつじは、実際行って見なければ体験できません!登山初心者の方も参考にしていただければ嬉しいです!これを機会に登山にハマってしまうかも知れませんね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です