出産後だから言える「旦那さん(夫)」にしてほしかったこと4選!

出産というのは夫婦の間に授かった赤ちゃんの誕生というかけがえのない機会でもあり、同時に周囲から様々な話を聞いて怖い、と感じることもありますよね。

立ち会い出産を希望していたものの実際に立ち会ってもらったら後悔した、のちのち響くような嫌なことがあったなどもあり、これから出産を迎えるに当たって不安が勝ってしまうこともあります。

ここではこれから出産を迎える方に向けて、「出産後だから言える旦那さんにして欲しかったこと」を4つまとめてお伝えします。

出産に対して不安を感じている方、何が起こるのか心配で対策を考えておきたい方など、ぜひこれからのためにチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

【出産した後だから言える旦那・夫にしてほしかったこと その1:一緒に病院へ行く】


2回目以降の出産の場合はそうでもないと言う方も多いのですが、やはり最初の陣痛、そして病院へ行く際に一緒に来てもらうというのは安心感が違います。

仕事の都合上どうしても仕方がないという場合もあり、決して無理をして一緒に来てもらうわけにもいかないという前提はもちろんですが……。

タイミングが合いそうな場合や陣痛が始まったあと、できるだけ早く帰ってきて一緒に病院へ行ったのが嬉しいと記憶している方はとても多いんです。

はじめての出産、はじめての陣痛、はじめての入院と全てがはじめてばかりの出産、せめて最初の出産時は一緒に病院に行けたら、とても安心します。

もしタイミングがどうしても合わなかった場合も、入院すると連絡をしたあとできるだけ急いでくれたということが分かれば、やっぱり嬉しいものですよ。

もちろん「ついてきてくれなかった!」「仕事を優先された」などどうしても記憶に残ってしまうとはいえ、もちろん折り合いをつけなければいけない部分でもあります。

事前にできるだけ打ち合わせをしておき、ちょっとでも早く一緒にいれる、一緒に病院に行ける可能性を高めておけると安心だと思います。


【出産した後だから言える旦那・夫にしてほしかったこと その2:陣痛を一緒に乗り越える】


こればかりは正直人によるところも大きくむしろ逆という意見もあるので必ずとは言い切れないのですが、やはり陣痛の苦しみを一緒に乗り越えてくれるというのはとても嬉しいものです。

陣痛は長引くこともあり、どうしても待っている旦那さんにとっても「暇な時間」と感じてしまうこともありますよね。

しかし暇だからといって「えっまだ生まれないの?」「ヒマ」などの発言、また外で一服してくる、スマホをいじっている……なんて行動で幻滅したという意見も本当に多く見かけます。

逆に一緒に乗り越えてくれる……具体的には助産師さんのマッサージサポートなどを的確に聞いてサポートしてくれる、手を握ってくれるなどは、本当に嬉しく一緒に乗り越えたという実感も得られます。

しかし最初に話した通り長時間束縛してしまうことを嫌う性格、またつらいときに手を出してもらいたくないなどいう方ももちろんいて、ここは本当にわからないんですね。

当日まで一緒にいてほしいと話していたのに突然「いないほうがいい」となってしまうこともあるので、ここも様々なタイプがいて、どうなるかわからないことを相談しておけると安心です。

【出産した後だから言える旦那・夫にしてほしかったこと その3:ねぎらってほしい】


陣痛が長引いて長時間になった場合などは旦那さんもどうしても疲れ切っているものですが、やっぱり出産を終えたあとにねぎらってもらえるのは本当に嬉しいんですね。

これは筆者の経験談でもありますが、出産を終えたあと、周囲は赤ちゃんのお世話をしたり片付けモードに入ったりで、ちょっと放っておかれてると感じることも多いんです。

もちろん自分自身もそれどころではないですが、やっぱり顔を見れたときにすぐねぎらってもらえる、その上で「私達のこども」など、父親の実感を感じられる発言は本当に救われます。



赤ちゃん本舗の返品交換ガイドまとめ!他店舗での返品はできる?



またそのときに自分ではまだ見ていない赤ちゃんのちょっとしたこと、例えば簡単な「かわいい」「目があいたよ」という情報を教えてもらえると嬉しいですよね。

逆にこのタイミングで自分も疲れたと主張してくる、またねぎらいの言葉もなくスマホなどでSNS、また電話などで報告ばかりしている……などを見てしまうと、がっかりしてしまうこともあります。

【出産した後だから言える旦那・夫にしてほしかったこと その4:立ち会い出産】


立ち会い出産に関しても本当に人それぞれで、またよほどの覚悟を夫婦共に持っておかないと後悔しかねないことも事前に知っておきましょう。

ですから逆に、どれだけ立ち会い出産を望んでいたとしても旦那さんが「絶対に無理」と言っている場合、その覚悟がもてないのですから無理強いはお互いに逆効果になる可能性が高いです。

立ち会い出産はドラマなどで見る魅力的な光景、赤ちゃんの誕生という輝かしい雰囲気という面だけではなく、出血などを見てしまう、出産シーンを見ることでショックを受けてしまう可能性もあるんです。

もちろん生まれた赤ちゃんもきれいになっておくるみに包まれた状態ではなく、血だらけの我が子を見ることになります。

出産する本人からしても出産時はどうしても自分のことで必死になって嫌な発言をしてしまうなどの可能性があり、それを聞かれたことが恥ずかしくて仕方がなくなってしまう方もいます。

それでも立ち会い出産をして感動した、夫婦仲が深まったというお話ももちろんたくさんあり、一緒に立ち会ってほしいと考える方も多いのも事実です。

ですから立ち会い出産に関しては事前にしっかり相談し、お互いに覚悟を持って立会を希望することが大切です。

覚悟が必要なことですがそれでも一緒に立ち会ってくれたというのが本当に嬉しいという方ももちろん多く、事前にしっかり話し合うことも含めて話していけると良いですね。

【まとめ】

出産前はそもそも出産時どう思うかなんて分かるはずもなく、また初産の場合はどれだけ周囲から聞いていてもやっぱり陣痛の痛みなどは分かりません。

「してほしかった」というのも終わってから気づくことが多くそもそも事前に伝えてもいないことなのでどうしようもなかった、ということのほうが多いかと思います。

旦那さんが気遣うこと、出産は命がけであり立ち会うにも覚悟がいることなど、事前に何度も話し合い、お互いが満足いく出産にしていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です