三条祭り2017!舞込・大名行列等みどころ徹底ガイド!

スポンサーリンク


新潟三条祭りは、格式高く、歴史あるお祭りと言われています。400名にもなる大名行列と親子で参加できる舞込が見所のお祭りです。大名行列が静ならば、舞込は動に当たり、1つのお祭りでいろんな雰囲気を楽しむことができます。


通常はお祭りの場合は市内をうろうろして楽しみますが、このお祭りは舞台となる三条八幡宮内にいるだけでも楽しめるので、小さい子供連れの方にもおすすめですよ。


スポンサーリンク

新潟の5月といえば「三条祭り」!どんなお祭り?

新潟県三条市にある三条八幡宮で、毎年5月15日に開催されている三条祭りは、1822年から行われている歴史あるお祭りです。約400名からなる十万石の格式がある大名行列と一般客が参加する舞込が見所です。


三条祭りは正式には、三条八幡宮春季例大祭と呼ばれており、神輿渡御に十万格式の大名行列がプラスされており、「先供」と呼ばれる奴(やっこ)のスタイルがとても古いものだと言われています。


大名行列と舞込のスケジュール

見どころとなる大名行列と舞込は午後から始まります。大名行列午後12時45分ごろに、三条八幡宮を出発します。午後17時ごろに戻って来てから、舞込が始まります。


お祭りをゆっくりと1日中楽しみたい方は三条八幡宮に1日中いるのも良いでしょう。午前中や行列が戻ってくるまでは、300店舗もある出店を回って楽しむことができますから。ちなみに、お祭りの本番は5月15日ですが、5月14日の夕方から三条八幡宮の隣にある八幡公園にて、すでに出店は開店しており、前夜祭「宵宮」は子供から大人まで人気がありますよ。


三条祭り大名行列2014




三条祭りといえば「舞込」!

大名行列が境内に戻ってきた後に始まるのが、舞込です。最近はとても人気があるイベントのようで、多くの親子が参加しています。当日に飛び入りで参加してもOKで、境内では足袋が販売されています。


親子で参加する場合の舞込ルール!

参加する大人は足袋の着用が必須となっており、子供は必ず肩車していなくてはなりません。


道祖神、2期の神輿、お囃子の太鼓が拝殿に収まる前に拝殿の周りを3周する際に、子供を肩車した状態でいっしょに回り、最後に拝殿にて道祖神や神職に子供の頭をなでてもらうと、子供が病気をせずに丈夫に育つと言われています。道祖神の面が怖いと毎年、大泣きする子供で拝殿の中は大騒ぎになるんだそうですよ。


基本的には、2~3歳の子供とお父さんのペアが多いようですが、中にはお母さんといっしょに回る子もいるようです。県外でも、誰でも参加可能なので、当日に気になった方は参加してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

三条祭り 2012 舞い込みラスト



三条祭りといえば「大名行列」!

三条祭りの一つ目の見どころである大名行列は、1822年に三条の領主だった村上藩6代藩主の内藤信敦公が京都所司代に就任したことを町の人たちが祝って、大名の参勤交代で行う道中行列を模した十万格式の大名行列を八幡宮の神輿渡御に盛り込んだことが始まりとされています。十万石以上の大名ではないと就任できなかったそうです。


大名行列の見どころは?

大名行列では、三条八幡宮を出発する際に、鳥居を出たところにある太鼓橋奴による道中の災いを払う悪魔切りという珍しい儀式が行われます。その後、20名の先供がいて、道中の数か所ではそれぞれが持つ槍状のものを2人1組になって投げて受け渡すパフォーマンスもあります。


先供だけでなく、先導役である道祖神と言われる天狗もいます。高さ50㎝の高下駄を履いて歩く姿は見ものですよ。高下駄は境内にいる際は2本歯ですが、道中は1本歯になります。最近は道が塗装されているのであまりないようですが、歩きにくいため道祖神が道中に転ぶことがあるそうです。転んだところから火事が出るという言い伝えもあるので、住民はハラハラしながら見守るんだそうです。


神輿は2基あります。1基は三条八幡宮のご祭神の神輿で、もう1基はご祭神と祀られている神様方の神輿で裏八幡と呼ばれているそうですよ。傘鉾も20ほど出されます。


三条まつり!大名行列!!!!



三条祭り周辺の交通規制、駐車場情報まとめ!

毎年、交通規制がはられるのは、本町6丁目から田島交差点までです。


なので、周辺の駐車場を利用される場合は、無料の三条鍛冶道場駐車場に40台、最も近い有料のタイムズ北三条駅前が27台、越前屋ホテルが48台、タイムズ三条まねきねこが20台、粉川駐車場が11台、ファッションセンターしまむら北三条店が40台、上町パーキングセンターが23台とどこも台数があまりないので、お祭り当日は早めに行って確保するか、交通機関を利用された方が良いでしょう。


電車で行かれる場合は、JR上越新幹線で燕三条駅より「弥彦線」に乗り換えて、北三条駅下車後、徒歩10分です。

ちなみに、車で行かれる場合は、北陸自動車道の三条燕インターから約10分ですよ。


三条祭り 舞込み2



【最後に】


三条祭りは一足早く、夏祭り気分を味わえる素敵なお祭りだと思います。見どころも豊富にあるので、出店や神輿だけじゃなく、こまかい部分にも目を向けてみてくださいね。


子供連れで遊びに行かれる方は、ぜひ舞込にも参加してみてください。足袋がなくても販売されているので、気軽に参加できるところがいいですね。金物で栄えた三条市にはお祭り以外にも観光スポットがたくさんあるので、ぜひ合わせて観光されてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です