頭の良さの遺伝は母親から?それとも父親から?物覚えが悪いのは親のせい?

スポンサーリンク
赤ちゃん・こども・育児・学校
スポンサーリンク

子供の頭が良くない!これって遺伝?と考える親も少なくありません。

頭の良さに自信がないと、「自分の低い知能を受け継いでしまった?」と、子供に遺伝するのではないかと考えてしまうのです。

性格や容姿は親から受け継ぐものだと言われていますが、果たして頭の良さも関係してくるのでしょうか。

今回は、頭の良し悪しは子供に遺伝する?その真意について、突き詰めていきます!

スポンサーリンク

頭の良さは母親、父親のどちらに遺伝する?子どもが勉強できないのは私のせい?

2

果たして、頭の良し悪しは遺伝するのでしょうか。

頭の良さは母親から遺伝するという説があります。

よく顔立ちや体型は、息子は母親に、娘は父親に似るなんていいますよね。

でも頭の良さに至っては、なぜか母親に似るといわれているんです。

実はこれ、「頭の良い母親は知力が伸びる環境を作っている」そうなんです。

そのため、子供の知力を効果的に伸ばすことができるので、父親ではなく母親から遺伝すると言われるようになったそうです。

また、頭の良さが遺伝するとすれば、どの程度遺伝するのでしょうか。

今回は、頭の良し悪し、いわゆる「知力」を4項目に分けて研究された結果をランキングでご紹介します。

遺伝要素が高い知力ランキング

1.数学力

数学力といっても計算力ではなく、空間認識能力(物体の位置・方向・形状・間隔などの状態をすぐに認識する能力)が大きい。

2.暗記力

短期間の記憶よりも、長期間の記憶(知識)の遺伝が大きい。

2.IQ

複数遺伝子が組み合わさっているため、IQ遺伝子は発見されていないが、IQの遺伝性も暗記力と同等とされる。

4.語学力

語学力は暗記力と隣り合わせの位置づけであり、暗記力があることで伸びる可能性がある。知力の遺伝レベルの中では、最も低いとされる。

子どもの頭の良さはどのように形成される?日々の躾や教育は無駄?

3

さて、子供の頭の良さはどう形成されていくのでしょうか。

実は、遺伝する知力があるとしても、頭の良さが形成されていくのは、「成長過程でどれだけ子供の知力を引き出せる行動をしたか」です。

例えば、子供に沢山本を読ませる動物園・水族館・科学館・博物館などによく連れて行くことでも、子供の知力を伸ばすキッカケとなります。

つまり、母親がなにもしないより家庭よりも、躾や教育をきちんと行う家庭の方が絶対的に知力が伸びていくことになります。

毎日忙しい合間をぬって、子供に本を読み聞かせる、勉強となる場に連れていくことで、子供はすべてを吸収し、自分の知識として活かすことができるんです!

今までやってきた躾も教育も、無駄ではありません。

自信を持って、続けてくださいね!

勉強する才能:集中力や忍耐力、考えぬく力は遺伝する?

4

では、集中力忍耐力考える力についてはどうでしょうか。

この3つについても、遺伝の影響は低く、その後の環境で大きく左右されるといわれています。

子供の頃に集中して遊ぶ、耐えること、そして考えることを覚えさせてあげることが重要です。

それぞれの身につけ方を参考にして、家庭でのルールをつくると一番良いですよ!

集中力

遊んだおもちゃの片付けをさせる

一緒に掃除をする

一緒に遊ぶ(子供一人だとコロコロと遊びを変えてしまうため)

忍耐力

お菓子をおねだりしても買わない

良いことやお手伝いをしたら買ってあげるようにする

考える力

質問をしてきたら褒める

さらに母親からも質問をする

(子供の質問に対して、どうすれば良いと思う?と問いかける。)

参考:親からの遺伝の影響が大きいものとは?

5

それ以外にも、親から子供に遺伝するものはたくさんあります!

主に遺伝の影響力が強いものをいくつかご紹介していきます!

足の速さ

短距離走や長距離走、どちらが得意か。

跳躍力

瞬発力、筋力は遺伝の影響大。

文才

80%は親からの遺伝で決まる。

肌の色

地黒か色白か。

体臭

汗の分泌成分は遺伝による影響大

頭(頭髪)の薄さ

遺伝度としては最大レベル。

複数個の遺伝子が関係している。

味覚

苦味を感じる遺伝子によって決まる。

猫舌

 遺伝要素大。

舌が熱さを感じやすいか感じにくいか。

寿命

30%は親からの遺伝で決まる。

こんなにも遺伝要素が大きいものが沢山あるとは思いませんでしたね。

味覚や猫舌、寿命なども意外な部分です。

ただし、遺伝がすべてではありません。

努力次第で変えられる事柄もたくさんあるので、参考程度に覚えておくと良いですよ!

まとめ

6

「頭の良い母親は知力が伸びる環境を作っている!」

遺伝だけではなく、知力を伸ばすこと環境を作っています。

成長過程で子供の知力を引き出せる行動をしたかが大切です。

・子供に沢山本を読ませる

・動物園・水族館・科学館・博物館などに連れて行く

遺伝要素が高い知力

・数学力

・暗記力

・IQ

・語学力

勉強に必要な能力も身に付けられる!

・集中力

・忍耐力

・考える力

他にも沢山ある親子間の遺伝要素、どこまで我が子に遺伝してしまっているのかも気になりますが、問題は育て方にもあります!

「うちの子は○○だから…」と諦めずに、今からでもひとつずつ実践し、身に付けさせてあげることもできますよ!

簡単で取り入れやすいことから始めて下さいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました