なます・伊達巻・昆布巻・田作りの賞味期限、保存方法まとめ!


おせちにはかなりたくさんの料理が必要ですよね。焼き物や煮物、かまぼこや数の子などもありますが、地味でも外せないのが、昆布巻やなます、田作りです。

どれも縁起を担いでおり、栄養価も高い食べ物なんですよ。それでも、不人気から残りやすい料理と言えるでしょう、だからこそ、どのくらい日持ちするのか気になりますよね?

スポンサーリンク

おせちの「紅白なます」の賞味期限は?保存方法は?

おせちの中で、あまり人気はありませんが、外せないのが大根と人参で作る酢の物である、紅白なますですよね。お祝いなどで使われる水引を象ったものとして、知られています。

なますは酢で和えるので、おせちを作る順番でも早い段階に作りますよね。おせちは佃煮などの日持ちする者から作っていって、最後に焼き物を作ります。酢の物は二番目なので、結構日持ちがします。

大抵は、室温10℃以下で置いておいても、5日間くらいはもちます冷蔵保存であれば、10日間くらいは大丈夫でしょう。冷凍保存もできますが、冷凍保存でも2週間程度が限度です。

おせちをいっぺんに作るのは大変なので、なますを先に作って冷凍保存しておくのも良いでしょう。

紅白なます 簡単レシピ




おせちの「伊達巻」の賞味期限は?保存方法は?

伊達巻は卵焼きに似ていますが、魚のすり身が入っていますね。かまぼこの一種といわれ、晴れやかな見た目からおせちの定番具材となったようです。また、子供にも大人にも人気が高い具材です。

伊達巻は、油を使って焼くので、常温で置いておくには不向きな食べ物です。冷蔵保存が一般的です。市販でも手作りでも、冷蔵ならば約1週間です。

もっと長く持たせたい場合は、冷凍保存になりますが、1か月は持つでしょうが、解凍すると歯ごたえが悪くなるので、あまりおすすめできません。

市販の物であれば、冷蔵庫で保管して、賞味期限内に食べきる方がいいでしょう。

ふんわりなめらかな食感に仕上げる、基本の「伊達巻」の作り方 | 基本のおせち


おせちの「昆布巻」の賞味期限は?保存方法は?

昆布巻は、「よろこんぶ」と言う語呂合わせから、縁起物とされています。縁起物ですが、子供の受けが悪く、大人でも好き嫌いが分かれる食べ物ですね。

昆布巻は味の濃さにもよりますが、一般的に手作りを冷蔵保存した場合1週間から10日ほど日持ちします。市販の物であれば、冷蔵保存で約3か月は持つと言われています。

それほど、昆布巻は日持ちがする料理なんです。醤油と昆布によって、味が濃くなるため、カビが生えにくい状態にあるんだそうです。

市販のものであれば、さらに真空パックになっているので、未開封なら6ヶ月の賞味期限となります。

昆布巻きの作り方


おせちの「田作り」の賞味期限は?保存方法は?

おせちの田作りは、昔肥料に使われて、大豊作になったことから田作りと呼ばれており、カタクチイワシの稚魚を使って作ります。田作りは佃煮に分類されるので、おせち作りでも一番最初に作られます。なので、結構持ちます。

濃い味付けであり、小魚も乾燥したものを炒って使います。さらに、水分を飛ばして作るので、常温でも2か月くらいはもちます。冷蔵保存であれば、3か月くらいは大丈夫でしょう。

冷凍保存も可能で、冷凍する場合は、6か月くらいは大丈夫でしょう。ただし、風味や味が劣化しやすいので、3か月くらいで食べきる方がいいと思います。

解凍する際は、水分が少ないので、レンジは使わずに冷蔵庫で自然解凍させましょう

おうちで簡単おせち料理 田作りの作り方


【最後に】



いかがでしたか?
調理方法や食材によってはおせち料理でもかなり長くもつものがありましたね。

田作りや昆布巻などは特に菌が増殖しにくいので、日持ちしやすいですね。それでも、美味しく食べれる期限には限度があるので、なるだけ早めに食べきるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です