もち米の賞味期限は1年?冷蔵庫で保存すれば長持ちするって本当?

スポンサーリンク


餅つき機がない家庭だと、もち米はもっぱら赤飯やおはぎにしか使わないですよね。そんな家庭の場合は、一袋のもち米を買っても、なかなか食べきれないのではないですか?


そんな時に疑問に思うのが、もち米の賞味期限ですよね。そもそもどうやって保存すれば、長期保存できるのか分からない人もいることでしょう。今回は、もち米の扱いについてご紹介します


スポンサーリンク

もち米からお餅をつくりたい!赤飯を炊きたい!そもそも「もち米」って?

まずは、もち米が何なのか説明しましょう。


私たちが普段食べている普通のお米は「うるち米」といいます。潰すことでお餅になったり、お赤飯やおこわに使用されるのが「もち米」です。もち米は白くて不透明なので、うるち米と混ざっていてもすぐに見分けられます。


さらに、うるち米はでんぷんの成分の中にアミロースとアミロペクチンが混在しているのに対して、もち米はアミロースを含まず、アミロペクチンが100%となります。このアミロペクチンがお餅になった際の粘りとなるのです。


もち米をお餅にして食べるのは、日本特有の食べ方ですが、海外でももち米を使った料理やお菓子は多数あります。


ただ、韓国や中国では餅というと、うるち米を粉にして蒸したり、うるち米ともち米を混ぜて蒸すことが多いです。タイには、もち米とココナッツミルクを竹筒で蒸し焼きにしたお菓子がありますよ。フィリピンにも全く同じ料理でビコというものがあります。


ボリューム満点!もち米団子




もち米の賞味期限は1年?いつまで美味しく食べられる?

もち米に賞味期限があるのかというと、市販のもち米の袋を見れば分かるんですが、製造日が記載されているだけで、賞味期限はないと思います。


生のもち米の状態であれば、保存方法によりますが、2年から5年はもつそうです。ただ、最もおいしく食べられる状態は、1~2年までと言われています。


もち米には油分がないため、酸化しにくいので、米類の中でも長期保存が可能なんだそうです。賞味期限がなく、腐ることもほとんどないもち米ですが、虫に食われる可能性はあります。保存方法を間違えば、虫に食べられてしまい、食べられなくなることがあるので注意してください。


虫が湧くこともあれば、虫に食べられて、中が空洞になることもあります。中が空洞の状態でも、食べられないことはありませんがおいしくないのであまりおすすめはできません


フライパンで出来る!「もち米シュウマイ」の作り方



もち米の正しい保存方法は?冷蔵庫?常温?


もち米は一日でも長く、良い状態で保存するには、冷暗所が一番です。
なので、現代では冷蔵庫に入れておくのが一般的です。
野菜室に入れておくと、5年経っても問題なく食べられます。


10~15度で、湿気がなく暗い場所がベストだと言われています。また、冷蔵庫の中であれば、虫が湧くこともなく、虫食いで食べられなくなる心配もありません。


常温で保存する場合は、虫に食べられないような工夫が必要になります。密封容器に入れて、湿度が低く、低温の涼しい場所であれば常温でも大丈夫だと思います。防虫剤などを入れておくと、なお安心ですね。


もち米にカビがはえてる!黄ばんでる!それでも食べれる?


もち米が劣化する原因として、虫食いを挙げましたが、ほかにもカビが生えることもあります。カビが生えるのは、湿気や温度が高い場所にもち米を置いておいた場合です。


お米を手で触った際に白っぽい場合は、手が白くなると思います。この場合は、お米が劣化して粉々になっていることを意味しているので、早めに食べた方がいいでしょう。


問題は、黄色や黒、緑色のカビが生えた場合です。肝臓障害や増血機能障害、免疫機能不全などの症状を引き起こす原因になるカビなので、洗って食べるなどせずに処分した方が良いでしょう。


以前は洗ったり、カビの部分をそぎ落として食べていたと思いますが、最近ではカビが表面に付着している場合は、カビの根が見えないところまで伸びている場合が多いので、食べない方がいいと言われています。なので、洗って食べたりしないようにしましょう。


カビが生えていなくても、かび臭い場合も危険なので処分しましょう。


【最後に】


もち米は賞味期限がありません。なので、きちんと場所を選んで保存すれば、5年くらいは大丈夫でしょう。ただ、やはりおいしく食べるには2年が限度だと言われているので、早めに食べきるようにしましょう。


お餅や赤飯までいかない日でももち米を楽しむ時は、もち米をうるち米と混ぜて炊くだけでも、いつものごはんがちょっと豪華になるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です