数の子の賞味期限まとめ!塩抜き後・醤油漬け・松前漬けの賞味期限は?


お正月と言えば、数の子ですよね!箱買いする家庭も多いでしょう。ですが、箱買いした数の子ってかなり量がありますよね。家族が多くても一気に食べられないこともしばしばですよね。

そんな時に気になるのは賞味期限だと思います。
誰もが気になる疑問を解決させちゃいます!

スポンサーリンク

お正月といえば数の子!塩抜き後の数の子の賞味期限は?

おせちには欠かせない数の子ですが、なぜおせちに数の子なのかはご存知ですか?そもそも、数の子が何か分からない人もいるでしょう。

数の子は、ニシンの卵を塩漬けにしたものであり、元々はニシンのことを「かどいわし」と呼んでおり、かどいわしの子なので「かどの子」と呼ばれていました。それがいつしか、数の子になったと言われています。



魚の干物の賞味期限は?賞味期限切れでも食べれる?冷凍保存は可能?



数の子は大量の卵の塊りですよね。ニシン一匹でその数は、なんと約65000個にもなるんだそうです。そのため、子孫繁栄を願って、おせちとして食べられるようになったそうですよ。

数の子は、通常、塩抜きをしてから食べますよね。ですが、塩を抜いた状態だと、冷蔵保存していても、1週間ほどしか持ちません常温保存や冷凍保存はおすすめできないので、必ず冷蔵保存するようにしましょう。

塩数の子 お手軽な塩抜きの方法 【北海道水産加工連】




塩抜き前の数の子の賞味期限は?保存方法は?

販売されている塩抜き前の数の子は、すでに保存食の状態です。

塩漬けは長期保存に向いている調理方法ですよね。塩が数の子の中にあることで、菌が繁殖できない状態であるため、長持ちします。大体、2~3か月ほどは冷蔵保存が可能ですよ。

なので、食べる際には、食べれる量だけ塩抜きして、少しずつ食べるようにするといいでしょう。

数の子の薄皮の取り方(むき方)


数の子の醤油漬けの賞味期限は?開封後はすぐに悪くなる?

数の子の醤油漬けは、味の濃さにもよりますが、開封後は冷蔵保存でも、約1週間ほどだと思います。開封前であれば、パッケージに記載されている賞味期限を守れば大丈夫でしょう。

数の子が腐っている場合は、白っぽくなっていたり、乾燥して硬くなっていたり、異臭や変色することがあります。海産物であり、塩漬けが軽いものも最近は多いので、腐りやすい可能性があります。

賞味期限はきちんと守った方がいいでしょう。
少しでも、怪しいと思った場合は、食べない方がいいでしょう。

本格的!!1からガチの数の子作ってみた


松前漬けの賞味期限は?保存方法は?

松前漬けと言えば、数の子と昆布が和えてあるおせち料理ですよね。スーパーなどでも、パックで販売されていますよね。

開封前であれば、当然ながら、パッケージの記載に従うべきですが、大体、冷蔵保存で1か月程度だと思います。

しかし、開封後であれば、パッケージの賞味期限は意味がないですよね。冷蔵保存であっても、1週間から10日程度で食べきるべきでしょう。

一度に食べきれない場合は、冷凍保存した方がいいでしょう。冷凍保存した場合は、大体2~3か月ほど持つでしょう。ただし、数の子の食感が悪くなりやすいので、おすすめできません。

一度は食べて欲しい!絶品松前漬け


【最後に】



数の子は、未開封であったり、処理前であれば、塩漬けにされているので、長期保存に適しています。しかし、塩抜き後や真空パックを開封後は、劣化が進んでしまうので、早めに食べきる必要があるでしょう。

さらに、最近は塩抜きの手間を省けるように、適度な味付けにされているものも販売されているので、購入後は早めに食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です