厄払いを神社で!東京で人気の厄払いの御利益神社3選!マナー・お作法も!

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

厄年になると、やはり信仰が薄い人でも気になりますよね。

東京には全国的に有名な神社がたくさんありますが、東京で厄払いをしてくれる神社を3つ(日枝神社、大國魂神社、大國魂神社)ご紹介しましょう。

厄払いのマナーや風習についても語るので、ぜひ厄年の方は参考にしてくださいね。

気持ち的なことですが、お正月から節分にかけての期間に一度、お祓いに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

そもそも厄年・厄払いとはどんな風習?厄払いの作法は?

厄払いは平安時代から始まったとされ、一生に3度の指定の年齢に神社で厄除けをしてもらいます。

男性と女性で厄年が違うのも特徴で、男性の場合は42歳、女性の場合は33歳の厄年が特に重要です。

厄払いを行ってもらう時期としては、年明けから節分までの期間が一般的です。

お祓いをしてもらう時は、スーツ姿やワンピースなど正装が良いと言われています。

祈祷料を入れるのし袋は、紅白の水引のついたもので、神社の場合は「玉串料」「御初穂料」と書いて、お寺の場合は、「お布施」と書きましょう。

東京で人気の厄払い神社3選!:その1.日枝神社

日枝神社(ひえじんじゃ)は、1590年に徳川家康が江戸入府以降に徳川家の産土神や江戸郷の氏神として崇拝されていました。

日枝神社には、神様の使いとして猿が飾られており、「魔が去る」という言葉から魔除けや厄除けのご利益があると言われています。

猿にはエンという音もあることから、良縁や縁結びのご利益もあるそうですよ。

予約は不要ですが、ご祈祷料が1万円なのでちょっと他よりも高いですね。

■東京都千代田区永田町2丁目10番5号

日枝神社

日枝神社 公式ホームページ

ご祈願・お参りは東京・赤坂にある日枝神社
ご祈願・ご参拝は東京・赤坂にある日枝神社...

日枝神社 Hie Shrine

東京で人気の厄払い神社3選!:その2.大國魂神社

府中市にある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、1900年ほど前に創建され、大國魂大神を守り神として祀っている神社です。

大國魂大神は福の神や縁結び、厄除けの神様として有名です。

厄除け祈祷を行ってくれるので、ぜひ利用してみてください。

予約不要で、祈祷料は5,000円以上です。

■東京都府中市宮町3-1

大國魂神社

大國魂神社 公式ホームページ

厄除け・厄払いは東京府中の大國魂神社
厄除け祈願、厄払いは、大国魂神社(東京・府中)へ是非お越しください。1900年の歴史があり、古くより武蔵国の守り神として祀られた神社です。大神は福神または縁結びの神として著名な御方です。

大國魂神社【東京都府中市】

東京で人気の厄払い神社3選!:その3.小網神社

中央区日本橋にある小網神社(こあみじんじゃ)は、戦争中に兵士たちが参拝をして全員が無事に帰還したり、東京大空襲の際に社殿も境内地も戦災を逃れたそうで、そんなエピソードから強運厄除けの神様として有名なスポットです。

厄除けの祈祷は原則として1組ごとに行っていますよ。

祈祷には事前予約が必要であり、祈祷料は5,000円です。

■東京都中央区日本橋小網町16-23

小網神社

小網神社 公式ホームページ

小網神社オフィシャルサイト | 強運厄除・東京銭洗い弁天
東京都中央区日本橋小網町に鎮座する小網神社のオフィシャルサイトです。強運厄除の神・東京銭洗い弁天の杜として知られています。東京下町八福神参りや日本橋七福神詣などの参拝コースにもなっております。

【小網神社】東京銭洗い弁天で金運を上げよう4

まとめ

yo150301510i9a0905

厄払いは一生に3度と言いましたが、実は子供時代にも訪れているそうです。

ですが、子供はお宮参りや七五三などで祈祷をしてもらう回数が多いので、問題視されないんだそうです。

大人になると神社も疎遠になるものなので、厄年くらいはぜひ神社に足を運んでみてくださいね。

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました