岩木山神社で初詣2019!元旦お囃子の時間は?雪玉厄落としとは?


岩木山神社は津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で創建約1,200余年の歴史を持っています。岩木山は津軽の象徴で「お山」とか「お岩木様」と呼ばれ、津軽の人々の信仰の山です。

そんな岩木山神社で行われる初詣は雪深い中、正月には約5万人もの参拝客が訪れます。今回はそんな岩木山神社の初詣について調べてみました

スポンサーリンク

岩木山神社に初詣に行こう!岩木山神社ってどんな神社?


岩木山神社創建は780年ともいわれており、記録では2度の火災に遭い、なかでも1度目の1589年には大半を焼失してしまいました。現存する神社は奥日光とも称され、本殿・拝殿・奥門・楼門などは国の重要文化財にも指定されています。

御祭神は、顯國魂神(うつしくにたまのかみ)多都比姫神(たつひひめのかみ)大山祇神(おおやまづみのかみ)坂上刈田麿(さかのうえのかりたまろのみこと)宇賀能賣神(うがのめのかみ)。陸奥津軽の開拓神、農海産物の守護神、祖霊の座すところとして崇められています。

岩木山の神々に五穀豊穣と家内安全を祈願する伝統行事「お山参詣」は津軽の秋最大のお祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。「元旦のお山参詣」は旧暦8月1日に実施される「お山参詣」の安全を祈願し、雪の降り積もった元旦の参道を行進します一般参加者も募集しています。

【元旦のお山参詣 一般参加者募集】
1月1日 午前8:00岩木山神社に集合。(参加料は無料)

アクセスや駐車場などの情報

住所 青森県弘前市百沢字寺沢27

アクセス JR弘前駅より枯木平線で約40分「岩木山神社前」で下車すぐ
車の場合は東北道「大鰐弘前IC」から約24.5km弘前市内から約30分。

駐車場 一の鳥居前 駐車場、百沢駐車場ともに無料
※いずれも区画線なし、祭日には満車状態です。

岩木山観光協会HP



岩木山神社は岩木山(1625m)を祖山とするパワースポットといわれ、岩木山の気の貯水池のようになっているのです!岩木山は水の気を持つ霊山なので「愛情」「子宝」「信頼」「金運」「豊かさ」など水に属する運気をもらえます。

手水舎と拝殿がもっともパワーが強いスポットで手水舎の水に触れることで運気を体内に定着させることができるそうですよ。


岩木山神社の元旦のみどころ!お囃子は何時から見れる?


「祭囃子」は祭の行事に伴って演奏されます。岩木山神社の元旦お山参詣では、午前9時から境内にて笛・鐘・太鼓が奏でられ「登山囃子」が演奏されます。

岩木山 お山参詣 登山囃子



「登山囃子」の原型となったのが、岩木山の麓にあった「百沢寺」の住職が作ったとされる唱文です。現在は「さいぎさいぎ」と呼ばれています。その後も登山囃子は幾多の変化を遂げてきたと言われています。

昭和25年、村々で特徴のあった「登拝(とはい)の囃子」のいいところを集め、古い囃子の曲調をくずさないようにして、現在広く演奏されている「共通の囃子(登山囃子)」が作られました。

【お山参詣の唱文(登山)】

●懺悔懺悔(サイギサイギ)
過去の罪過を悔い改め神仏に告げこれを謝す。

●六根懺悔(ドッコイサイギ)
人間の感ずる六つの根元。目・耳・鼻・舌・身・意の六根の迷いを捨てて汚れのない身になる。

●御山八代(オヤマサハツダイ)
観音菩薩・弥勒菩薩・文殊菩薩・地蔵観音・普賢菩薩・不動明王・虚空蔵菩薩・金剛夜叉明王

●金剛道者(コウゴウドウサ)
金剛石のように揺るぎない信仰を持つ巡礼を意味します。

●一々礼拝(イーツニナノハイ)
八大柱の神仏を一柱ごとに礼拝する。

●南無帰命頂礼(ナムキンミョウチョウライ)
身命をささげて仏菩薩に帰依し神仏のいましめに従う。

【お山参詣の唱文(下山)】

いい山かげた朔日山かげた…バダラ、バダラ、バダラヨー。
「跋折羅(バサラ)」とは、おどけてはめをはずすこと。

バダラ踊りは、登拝を無事すませたという喜びと、お山がそれぞれの願い事を聞き入れ登拝した方々に神通力が宿ったということを表現したものです。

岩木山神社に無事登拝の報告をした後は、楼門からバダラ踊りをして帰途につきます

岩木山神社といえば雪玉厄落とし!


楼門手前に看板があります。
「雪玉厄落とし 正面の的をめがけて雪玉をにぎって投げて下さい。
見事に命中した時は、厄が除かれ落ちて、気分すっきり いろいろの願い事が叶うよう 祈り上げるものです。さあ、いざ挑戦を!」

と書いてあります。

その看板の奥には「厄除」と書かれた赤い絵馬のようなものに小さな的が。

雪で厄落としと言えば、厄年の男性を雪深い山の急斜面に放り投げ厄払いをする福井県鯖江市尾花町の奇習「殿上(でんじょう)まいり」などが有名ですが、子どもでも挑戦できるユニークな雪玉厄落としは岩木山神社独特のものです。かわいらしい厄落としですね!

岩木山神社の大晦日・元旦・三が日の混雑状況は?混雑を避けるには?


岩木山神社は、人気の初詣スポットなので正月三が日は5万人が訪れ、一日中混雑しています。また、道路の渋滞も覚悟しておく必要があります。

夜でも門をくぐることはできるため、参拝は24時間可能ですが、比較的早い時間にバスのダイヤが終了するので要注意です。大晦日の夜~元旦の朝早くにかけて参拝するなら、自家用車でのアクセスが必須です。

三が日にお参りしたい場合は、あまり混雑していない朝3時~4時頃に到着するようお出掛けするのがオススメです。三が日にこだわらなければ、1月4日以降にゆっくりお参りしましょう

山なので思っている以上に寒さが厳しく雪が深いことも考えられます。防寒対策は万全にして出かけましょう。

岩木山神社の初詣は運気を貯めるチャンス!



岩木山神社には「愛情」「子宝」「信頼」「金運」「豊かさ」などの運気を強める水のパワーがあります。また岩木山周辺には10の源泉があって様々な湯宿があります

初詣で冷えた体を温める温泉で更にパワーアップできそうですね!極寒なので防寒はこれでもか!という位しっかり準備してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です