鶴岡天神祭2017!パレードのベストスポットは?交通規制・駐車場は?みどころまとめ!

スポンサーリンク

鶴岡天神祭は別名「化けものまつり」とも言われている、山形県の鶴岡市で行われているお祭りです。
名前の通り当日は「化けもの」があちこちで見られ、また最も有名なところとして大きなパレードもある、大きなイベントとなっています。


鶴岡天神祭は学問の神様と言われている「菅原道真公」を祀っている鶴岡天満宮のお祭りで、「化けもの」「パレード」「菅原道真公」と聞くだけで興味が湧いてきますよね!
どんなお祭りなのか、パレードはどういったものなのか、また行く場合の駐車場など、鶴岡天神祭の気になるポイントを事前に把握しておきましょう!


スポンサーリンク

【山形県の5月といえば「鶴岡天神祭2017」!どんなお祭り?】

鶴岡天神祭は毎年5月の下旬頃に行われていますので、今年の予定はまだ確認できませんでしたが下旬頃、25日辺りに開催されると思います!


お祭りの雰囲気については動画が一番わかりやすいですので、ぜひこちらの動画もご確認くださいね!


【山形県】鶴岡天神祭 化けものまつり【鶴岡市】


最初にお話した通り菅原道真公を祀っている鶴岡天満宮のお祭りで、老若男女関係なく派手な花模様の長襦袢に角帯、手ぬぐいと編み笠で顔を隠した「化けもの」の姿になり、無言で酒を振る舞うことから「化けものまつり」と言われ、また広く知られています。


どうしてこんな姿でお祭りを行うのかというと、学問の神様である菅原道真公が九州太宰府に流された際に時の権力者を憚って姿や顔を隠し、道真公を慕う人々が密かに酒を酌み交わして別れを惜しんだところから始まっていることからです。


「化けものになった姿で3年間誰にも知られずお参りが出来ると念願が叶う」などとも言われていて、地元の方々にとってももちろん、神社にとっても大切なお祭りとなっています。
もちろん地元の方だけではなくその独特のお祭りを見ようという方も多く訪れますので、駐車場などは事前に把握しておいたほうが良いですね。


アクセス方法は以下のようになっていますので、早めにご確認くださいね。


◎アクセス方法

バスの場合:JR鶴岡駅から湯野浜温泉方面行きに乗り10分程度、市役所前で下車。
車の場合:鶴岡インターチェンジから10分程度


後ほど詳しくお話しますが、当日は交通規制が入りますので車で向かう場合はご注意ください。


【鶴岡天神祭といえば「パレード」!すごい迫力なんです!】

「鶴岡天神祭」と言えば、やっぱり化けものになって歩くパレードが最も有名です!
まずはどういったものなのか、動画で見ていただくと一番だと思います!


「化けもの」繰り出しメインパレード


このパレードは鶴岡公園の周辺で行われ、ルートなども去年のものですがpdfで確認することが可能です。
交通規制なども書かれてあるので、一枚印刷しておくと便利かもしれませんね。



ちなみにこのパレード中に化けものになってお酒やジュースを振る舞いたい場合、山形県鶴岡市観光連盟サイト「化けものになろう」のページなどから問い合わせ、衣装一式をレンタルすることが可能です。
股引き・足袋・草履、もしくはズボン、運動靴などだけはご用意ください。



この貸出自体は無料なのですが予約制ですので、ギリギリの場合などは貸出が終わってしまっている可能性もあります。
去年は4月20日頃から受付開始でしたので、その時期に合わせ出来るだけ早めに改めてご確認くださいね!
化けものの姿で3年間誰にも知られずお参りすると念願が叶うとも言われていますので、頑張ってみたいところです。

スポンサーリンク

また逆に、化けものに対して声をかけてしまうとそれが誰なのかが分かってしまう可能性があります。
そのため化けものは基本的に無言で手に持ったお酒とジュースどちらにするか合図で聞いてきますので、同じように指で選んであげると良いですね。


パレードは2500人による大規模なもので、どこも混雑しやすい状態にあります。
午後2時から開始し、最後のお祭り広場には15時半頃到着の予定です。
通るルートも大通りですのでマップを見ながら時間を合わせ、少し早めに場所を取っておくとゆっくり見れて安心ですね!


【鶴岡天神祭の駐車場やアクセス情報、交通規制は?】

鶴岡天神祭へ行く場合のアクセス方法は先程もお話した通りです。
また交通規制についても終日車両通行止めになっている場所もありますので、やはり事前にpdfをダウンロードして確認しておきましょう。
市内の目抜き通りはパレード開催に合わせての規制となります。


また車で向かった場合の駐車場もお祭りマップを確認していただくのが一番ですが、鶴岡公園駐車場を無料で利用することが出来ますので、まずはそちらを確認してみてください。
また鶴岡市役所、鶴岡市総合保健福祉センターなどにも駐車スペースがありますが、全部合わせてもやはり止められる台数には限りがあります。
無料駐車場がいっぱいだと思ったら無理をせず、近くには有料駐車場もありますのでそちらをご利用いただくことをおすすめします!



【鶴岡 天神 祭2017!パレード以外のみどころ3選!】

鶴岡天神祭はやはりパレードが目立ちますし魅力的ですが、他にも見ておきたいイベントや見どころももちろんあります。
ここではそういったパレード以外の見どころをご紹介しますので、ぜひパレード以外も鶴岡天神祭を楽しんでくださいね!


◎見どころ1:天狗舞・獅子舞奉納

・参考動画
鶴岡天神祭り


鶴岡天神宮などで行われる天狗舞・獅子舞奉納は「家内安全」「身体堅固」を祈願して行われます。
11時・13時・15時半・18時の4回行われ、15時半のみ鶴岡公園疎林広場にて行われますのでご注意ください。
派手なパレードとは違った力強い舞を見ることができ、こちらも見物に来る方が数多くいる鶴岡天神祭ならではのイベントです!


◎見どころ2:おまつり広場

・参考動画
鶴岡天神祭、おまつり広場 on 05/24/2010 in Tsuruoka, Yamagata, Japan


おまつり広場はたくさんの出店、たくさんの観光客で賑わっている場所です。
ここでは各種ステージイベントや団体のPRブースなどがあり、また「御旅所祭」という奉納行事や御神酒のふるまい、記念グッズの配布なども行われています。
おまつり広場も鶴岡天神祭を楽しむために忘れては行けない場所なので、パレードの時間以外はこういった場所で楽しむのも良いですね!


◎天神祭手踊り宣伝

・参考動画
鶴岡天神祭2013:手踊り藤間流


鶴岡天神祭では天神祭の宣伝PRとして手踊りの披露などもあります。
2日続けて様々な場所で開催されますので、団体の詳細や場所については詳細が決まったころにご確認いただければと思います!
こちらも地元の団体の天神祭PRということで、地域のお祭りに行くなら見逃せない魅力がありますよ!


【まとめ】

鶴岡天神祭はパレードも2ルートあり、また遠方の人間でも化けものの姿になってお酒を振る舞うことも出来るなど、地元の方だけではなく誰もが何度でも楽しめるお祭りとなっています。
遠い方は3年続けて化けものの姿になるのは大変かもしれませんが着付けなどもしてもらえますので、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか!


もちろん参加しなくとも見ているだけでもたくさんのイベントがありますし、十分楽しめると思います。
それぞれが楽しめる参加方法で、鶴岡天神祭を満喫していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です