ママ友と忘年会!服装は何を着ていけばいい?手土産は何がおすすめ?


ママ友と忘年会を楽しむこともあるでしょう。子供を旦那や実家に預けて、羽を伸ばす良い機会ですよね。ただ、ちょっと悩むのが服装ですよね。

おしゃれ過ぎても浮いてしまうし、普段通りだとそれも浮いてしまいます。ほどよいおしゃれ着がベストなんですが、どんな服装がいいか悩む人におすすめの服装をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ママ友と忘年会を開催!どんな服装がおすすめ?NGなコーデは?

ママ友との忘年会では、派手すぎない、カジュアルすぎない、落ち着いた服装がベストです。白と黒や、白とモカ白とグレーなどのモノトーン系がおすすめです。子供がいるママさんなので、派手な色合いよりもモノトーン系の方が好印象ですよ。

ちょっと差し色を入れたい場合は、赤チェックのひざ掛けやストールを持って行くといいでしょう。足元は黒のストッキングやレギンスなどが良いでしょう。

もっと楽にコーデしたい場合は、ワンピースがおすすめです。一着でおしゃれに見せてくれる便利アイテムですよ。ニット系のワンピースで、袖も長袖の物を選ぶといいですが、半袖の物でも、上からジャケットやカーディガンを羽織ればかわいいですよ。

逆に、NGなのは、過度な露出があるものや、花柄や原色カラーなどの派手なコーデです。ママ友同士の忘年会なので、子供が一緒の場合も多いでしょう。動きにくい服装や高そうな服、派手すぎる服装などはマイナスポイントとなるので、注意しましょう。

忘年会 コーデ ホテル




ママ友との忘年会、持ち寄り・手土産のおすすめは?



誰かの家で、忘年会をする場合などは、場所を提供してくれる人に負担をかけないように持ち寄りになることも多いでしょう。その場合は、持ち寄りする料理は人数分よりも少し多めになるように、個数がはっきりとするようなものは避けて、選ぶ方がいいでしょう。

また、料理に自信がない方は無理に料理せずに、市販のものを買って、おしゃれなお皿などに自分で盛り付けるといいでしょう。けして買ったものをそのまま並べないようにしましょう。

また、場所を提供してくれる人に手土産を持参しましょう。食べ物でもいいですが、持ち寄りの品といっしょにされてしまっては困るので、物の方がいいでしょう。きれいな食器やタオルなど自分がもらっても困らないものにしましょう。

ママ友と忘年会!子供を連れて行ってもOK? やっぱりママだけ?


ママだけでやろうと決めた場合は、子供は絶対に連れて行かないようにしましょう。

子供抜きと決めたのに、誰かがルールを破れば、それだけで場の空気は悪くなってしまいます。預ける場所がなくて、保育園に預けて参加している人がいれば、なおのことトラブルになりやすいですから、子供なしとなった場合は、絶対に守るようにしましょう。

子供を連れて行っていいかどうかは、事前に話し合って決めるのが良いでしょう。預ける場所がないママさんが複数いれば、子供ありの忘年会にシフトすれば何も問題ありませんよね。

子供ありにした場合は、レストランの個室を予約するといいでしょう。ただ、やはり周りのお客に迷惑がかかるのを心配する場合は、誰かの家で開催した方が気楽だと思います。

ママ友との忘年会、円滑にすすめるには?トラブル回避術とは?


ママ友との忘年会でよくあるトラブルとして、子供抜きとしたルールの違反だったり、参加料の金額の上限、さらに、多いのが日程でしょう。

特に厄介なのが、日程だと思います。それぞれ、いろんな都合があるママさんたちなので、全員が問題なく参加できる可能性は極めて低いでしょう。なので、全員の日程を聞いてから日程を決めていては、埒が明かないですし、日程から外れてしまった人が後々、根に持ってしまわないか心配ですよね?

なので、忘年会をやろうと言い出した人たちで日程を先に決めて、そこに合う人が参加するような流れを作るといいでしょう。そうすれば、誘ってもらったけど断ったという形になるので、問題ありませんよね。



近所のママ友とのトラブル防衛策保存版!こんなママ友は危険!



お店のチョイスも幹事のセンスが問われるものなので、気を使いますよね。参加者がゆっくりとおしゃべりできるように、個室であるのは必須ですが、周辺の個室との音がしっかりとシャットダウンできる場所かどうかも大切です。また、料理がおいしいところじゃないと困りますよね。味もしっかりリサーチして選ぶようにしましょう。

【最後に】



ママ友との忘年会は、仲良くしている人であればとっても楽しいひと時でしょう。でも、所詮ママ友と思っている間柄では子供なしで集まっても差ほど楽しい会にはならないと思います。

なので、本当に参加したいと思ったなら、参加すればいいですし、子供抜きでの忘年会で興味がないと思えば、断っても良いと思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です