出雲大社神在祭2019 みどころガイド!参拝方法は?

スポンサーリンク
11月のお祭り
スポンサーリンク

出雲大社の神在祭という神事を聞いたことがありますか?

婚活中の方や就職活動中の方にはとってもおすすめの神事なんですよ。というのも、出雲大社といえば、縁結びで有名な場所ですよね。

そんな出雲大社に、全国の神様が集まる時期があるんです。

この時期にお参りすれば、ご利益が得られると言われているんです。

人気がありすぎて、事前申し込みまで必要となっている縁結大祭を目当てに全国から参拝客も集まるんですよ!

スポンサーリンク

出雲大社の11月といえば「神在祭」!神在祭とは?

神在祭は、旧暦の10月の神在月と呼ばれる期間に行われる神事です。

全国の神様が出雲大社に集まるとされています。「

神在月は旧暦の10月で、神在祭は、旧暦の10月10日から10月17日に開かれます。

旧暦のため開催日が毎年異なるのですが、2019年は11月6日(水)~11月13日(木)まで開催されます。

この期間中には、出雲大社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭(かみありさい)」、全国に神様たちを送る「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。

神在祭 | しまね観光ナビ|島根県観光連盟公式サイト
旧暦10月は「神無月」ですが、全国の神様が出雲へ集まって来られるため出雲地方では「神在月」と呼びます。 神々の国・出雲を中心に繰り広げられる、神と人の神秘な伝統行事「神在祭」をご紹介します。 旧暦10月10日から17日まで、出雲大社では全国から神々をお迎えして、神迎神事、神在祭などが執り行われます。 まず神在祭の前夜(...

神迎祭(かみむかえさい)のスケジュール

まず、2019年は11月6日の19時から「神迎祭」として、稲佐の浜で神迎神事が行われ、出雲大社まで高張提灯が並ぶ「神迎の道」を通って、奏楽が奏でられる中を参拝者が行列をなして進みます。

出雲大社の神楽殿にて国造以下全祀職の奉仕がある「神迎祭」が執り行われ、神々は旅社に鎮まられます。

神迎神事に参加すると、神迎御幣がもらえるそうですよ。

神在祭(かみありさい)のスケジュール

神在祭は、11月7日(木)~ご本殿われます。

ただ、このお祭りは一般参加不可なので、見ることができません

神様が会議をしているので、邪魔しないように地元の人は楽器を弾かずに、家の建築を控えて、静粛を心がけるそうです。

毎年、大人気なのが、御本殿で行われる縁結大祭で、11月11日(月)、13日(水)に本殿で行われます。

良縁や福縁を得られる祈祷とあって、人気があるため定員制です。

神在祭スケジュール
神迎神事・神迎祭11月6日(水) 19:00〜稲佐の浜・御本殿
神在祭11月7日(木)  9:00〜御本殿
龍蛇神講大祭11月7日(木)  11:00〜神楽殿
神在祭・縁結大祭11月11日(月) 10:00〜御本殿
神在祭・縁結大祭11月13日(水) 10:00〜御本殿
神等去出祭11月13日(水) 16:00〜拝殿
夜神楽期間中 19:00〜神楽殿

神等去出祭(からさでさい)のスケジュール

「神等去出祭」が11月13日(水)16:00から拝殿で行われ、神様を送る送別会として、会議が無事に終わったことを祝うそうです。

そして、神様たちはそれぞれの地域に戻られるそうです。

日本の祭り 出雲大社の神迎祭

神在月があるということは、神無月もあるの?

毎年、旧暦の10月になると、全国の神様が出雲大社の大国主大神の元に集まると言われています。そ

のため、10月のことを「神無月」と呼ぶそうです。

ですが、全国の神様が集まる出雲では「神が集まる月」なので、「神在月(かみありづき)」と呼びます。

そのため、出雲には神無月は存在しないことになりますね。

さて、この「神在月」には、出雲大社では神様たちによる「神議(かみばかり)」という会議が行われるそうです。

この会議で話し合われるのは、「すべてのものの縁を結びつける」というもので、男女の縁や人の縁、金や仕事の縁などをどのように結びつけるかが決められるそうです。

出雲大社 神在祭のみどころ3選!

・縁結大祭

一番人気の神事です。11月11日(月)、13日(水)に御本殿で行われ、良縁や福縁を得られる祈祷とあって、毎年多くの人が参加されます。

定員制となっており、事前申し込みが必要となります。

毎年、実施日の約1月前から受け付けており、祈祷料として5,000円が必要となります。

・神迎神事

11月6日(水)に稲佐の浜から出雲大社までの「神迎の道」を歩くのは、神在祭の一つの魅力だと思います。

古くから決められた道であるため、道中には昔には芝居小屋があった場所や、大灯籠、旧家の記念館など見どころが目白押しです。

土地の歴史を調べてから参加すると、見え方も変わって面白いと思いますよ。

「出雲大社神迎祭」短編(出雲市大社町)

・ぜんざい

出雲では大昔、神在祭の際には、「神在餅(じんざいもち)」を振舞っていたそうです。

そのじんざいという言葉が訛って、ぜんざいとなって京都に伝わったとされています。

ぜんざい発祥の地と言われる出雲で、ぜんざい屋さんを探してみるのも良いかもしれませんね。

お祭りに参加前にチェック!出雲大社のお参りお作法とは?

出雲大社ではたくさんの神様が会議をしているので、神在月の期間に参拝される際には、神様たちの会議の妨げにならないように、静かにすることを心がけましょう。

友人や家族との旅行で訪れた際には、騒がないように気を付けてくださいね。

また、参拝する時に、拍手をするのがつきものですが、普段のように大きな音を出さないように、小さな音がするように心がけましょう。

ただ、全く音がしない拍手は葬儀にある偲び手と言われるものとなるので、小さな音で良いので、音がなるように叩きましょう

また、出雲大社でのお参り方法にも注意しましょう。

通常は二礼・二拍手・一礼となりますが、出雲大社では二礼・四拍手・一礼ですので、間違えないようにしましょうね。

交通情報もチェック!

ちなみに、祭り期間中は交通規制が実施され、拝殿周辺も一年でも最も混雑します。

例年、18時半から29時までの時間で、県道大社日御碕線の宮内交差点西側~稲佐の浜の区間にて交通規制がしかれるので、車で行かれる際は注意してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?よく知らなかった人も、縁結大祭には興味がわいたのではないですか?

全国の神様が集まる場所で祈祷すると、良縁にも恵まれそうですよね。縁には人も仕事もお金もあるので、家族で参加するのも良いかもしれませんね。

神在祭には複数の神事が行われ、一般客が見物できないものも多いのですが、人気がある神事もあるので気になる方はぜひ一度、参加してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました