正月に義実家(旦那実家)に行きたくない!行かないのは非常識?うまい断り方は?


自分が妻の立場であれ、旦那の立場であれ、相手の家族、つまり義理の実家というのは居心地が悪いものでしょう。全く違う雰囲気がそこには広がっているのですから、戸惑いますし、気を使いますし、決してくつろげるものではありません。

ですが、結婚したからには、付きまとう問題ですよね。
当然ながら、悩む人も多いようです。

スポンサーリンク

正月に義実家に行きたくない人が増えている!?その理由とは?

行きたくない人が増えているというよりも、以前よりも大っぴらに行きたくないと言える時代になったというのが正しいでしょう。昔も今も、自分の実家じゃない家に長時間滞在するのが嫌だという気持ちは変わりませんよ。

夫の立場であれ、妻の立場であれ、義理の実家ほど気を遣う場所はないでしょう。特に、子供がいない間は場を持たせてくれるムードメーカーがいないので、特に苦痛に感じやすいです。

手土産にも気を使いますし、家の中でも義理の母と義理の父、さらに義理の兄弟にも愛想よくしないといけないのですから、笑顔で顔が引きつってしまうでしょう。2~3時間であっても、どっと疲れるのは目に見えています。

さらに、遠方であればあるほど滞在時間も長くなるでしょうから、経済的にも大変ですし、憂鬱になることでしょう。

相手の家族はざっくばらんに接するつもりで、好き勝手に発言して来ても、こちら側はなかなか本音を言えるものではありませんよね。それで爆発してしまい、喧嘩して行かなくなることも少なくありません

【江原啓之】「義理の家族との付き合い方」義親(主人の両親)と同居に悩む方からの相談メール!




正月に義実家に行かない、自分だけ行かないのは非常識?



正月ともなれば、新年のあいさつがあります。
親戚や家族は義理の実家であっても顔出すのが常識です。

ただ、経済的な理由や仕事を理由にして妻の実家に顔を出さない夫というのは珍しくありませんし、それはさほど非常識でもありません。年賀状一枚出していれば良いですし、電話で挨拶をしていればそれで十分でしょう。

しかし、逆である妻が夫の実家に顔出さないのは、かなり非常識と言えます。なぜかと言うと、妻は夫の家に嫁いだ状態であるからです。昔ならば、一緒に暮らすのが当然の状態なのです。

ですが、現在は核家族化が一般的なので、一緒に暮らさなくても良いだけです。自分の家族は結婚した時点で、女性の場合は旦那の家族が優先となります。

なので、たとえ仲が悪かろうが、正月の数日、もしくは正月の数時間程度は我慢してでも、旦那の実家に行くべきなのです。



義実家への手土産おすすめ3選!手作りでもいいの?渡し方は?



さらに言えば、正月をどちらで過ごすかとなった場合も、元旦は旦那の実家で過ごすのがベストです。もしくはあいさつ回りも旦那の実家に先に行くべきです。

ちなみに、旦那が妻の姓を名乗っているのであれば、妻の実家が優先となります。

義実家に行きたくない場合のスマートな断り方は?


どうしても行きたくないもしくは経済的な理由などで行けない場合は、子供がいる場合は、妻と子供だけ、もしくは旦那と子供だけでも行かせるべきです。孫がいれば大抵の場合は片親での訪問も霞ます。

しっかりと断る場合は、男性なら仕事を理由にするのが一番ですね。女性であっても仕事がある場合はそれを理由にすればいいですし、そうではない場合も新年早々であれば何かしら片づける事柄があるでしょう。

なくても適当に用事を作って断るのが一番トラブルもなくスマートだと思います。

家族は義理であっても一生付き合うものですから、正直に伝えればよいというものでもありません。将来、自分が相手の家族の介護に関わる可能性も高いのですから、普段から関係は良好でいるように努めましょう

義実家に行きたくない理由を旦那にはどうやって伝える?旦那に理解してもらうには?



ただ、それでも、旦那や妻には正直に伝えるのも良いでしょう。伝える場合は、具体的にどこが嫌なのかはっきりと伝えて、理解してもらうようにしましょう。

実の親なのですから、伝えられた方はうまく取り計らおう事もできるかもしれません。より良い関係を築けるように努力するべきだと思うので、頑なに行かないと言い張るのは止めましょう。義理の実家も夫婦もお互いで相手を思いやれる関係を時間をかけて作るのが一番だと思います。

ただ、それでも正直に伝えたことで夫婦喧嘩になって夫婦仲に亀裂が入るので困ります。なので、相談を持ち掛ける形で話を切り出すのが良いでしょう。

自分の気持ちを正直に伝えることもできますし、相手も自分の親を否定されているわけじゃなく、どう接していいか悩んでいると伝えれば、冷静にいっしょに考えることができると思います。

どんな人でも良い面と悪い面があります。全てを好きになることは不可能ですが、良い面を知れば、全てを嫌いになることもできないはずですよ。

【最後に】


中には、夫と結婚したのであって、夫の家族と結婚したわけじゃないと開き直って実家に全く顔出さない人もいるようですが、それはとても幼稚です。

結婚するということは、相手の家に嫁ぐことです。結納をした時点でそれは明らかです、なので今更、駄々をこねるのは止めにしましょう。大人らしく表面上で仲良く付き合う術を身に着けるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です