二分の一成人式の歌に感動する親が続出!?歌詞は?どんなメロディ?


二分の一成人式はここ最近広まってきた成人の半分、10歳の節目をお祝いする日なのですが、それに合わせた歌などもたくさん増えてきました。
そしてそれを聞いた親が「感動した」「泣いた」という感想が続出していて……と聞くと、どんな歌詞なのか、どんな歌なのか気になりますよね。


もうすぐ二分の一成人式を迎えるお子さんがいらっしゃる方はもちろん、まだ先だという方も思い出したい方も、二分の一成人式とはどんなことをするのかも踏まえて把握していきましょう!


スポンサーリンク

【もはや常識?二分の一成人式とは?】


二分の一成人式とは最初にお話した通り、成人の半分である10歳を迎えたことを祝う行事や儀式で、ここ最近一気に広まった印象を持っている方も多いと思います。
学校行事として文部科学省の学習指導要領に記載されているわけではないのですが、学校行事のひとつとして行われていることが多いですね。
現在では多くの学校が二分の一成人式を4年生の課外活動として取り入れ、全国に広まっています。


元々は兵庫県の当時4年生の担任をしていた先生が考慮したものと言われていまして、それはなんと1980年頃だそうです。
そう見ると歴史も随分長く感じられますがやはり全国的に広まったのは最近で、東京では2006年の段階で公立小学校の半数以上、愛知県では1割程度が行われていました。




【二分の一成人式の歌に感動する人が続出!?歌詞は?】



まず最初に二分の一成人式の歌とはどんな歌なのかという参考のためにも、動画をチェックしてみましょう!


「10才のありがとう」~CD『2分の1成人式』より~


二分の一成人式の歌としてとても広まり、「感動した」と言う親が続出している歌がこちらの「10才のありがとう」です。


歌詞としては最初に「生まれて10年たちました」からはじまり、10歳ならではの過去への振り返り、そして小学校や友達、そしてこれからのことが歌われています。
たくさんの「ありがとう」という言葉、10歳ならではの言葉、そしてゆっくり染み入る音楽に、聞いているだけでも目の周りが熱くなってしまう歌なんです!


「子どもの階段かけ上がる」「急がなくていいから!」とクスっときたり、「子どもの終わりが来る日まで」という言葉に「成人したからって終わりじゃないよ」と思わずツッコんでしまったりというタイミングがあるのも、逆に抑えようとしていた感動が表に出てきてしまうんですよね。


「聞いてるとどんどん心に来て泣いてしまった」「もう10歳なんだなあとしみじみしてしまった」「ただただ感動した」など、実際にお子さんが歌う「10才のありがとう」を聞いた方の感想を探すと、思わず頷いてしまう内容で溢れています。


【二分の一成人式、家庭でお祝いはするの?】



学校行事としてのイメージが強い二分の一成人式ですが、家庭でお祝いをするかどうかとなると「それぞれの家庭次第」というのが一番正解のようです。
例えば成人式のときのようにお祝い金を送ったりするような大仰なことは必要ないと思いますが、「10歳の節目を祝う日」と考えれば、何もしないというのもちょっと寂しいかもしれませんね。


家でお祝いする場合はケーキなどを買ってきたり、この機会に生まれた頃から今までの録画などを家族で見る、という方が多いです。


また10歳という大人の半分になったお祝いや記念のプレゼントなどは、考えるほうも楽しくなりますね。
ちょっと大人な印象もある腕時計や電子手帳、また毎日の生活に合わせたパスケーススマホケースなども喜んでもらえると思います!


【二分の一成人式といえば親からの手紙!何を書く?】



二分の一成人式では様々な取り組みも行われるのですが、その中でも大きなイベントとして「親から子どもへの手紙」があります。
改めて手紙と言われると緊張してしまうかもしれませんが、そんなに慌てる必要もなく、おそらく書き出したら一気に埋めてしまうと思います。


とはいえ書き出しや内容などはやっぱり気になる方も多いと思いますが、チェックポイントとしては「10歳の子どもが読める内容、漢字の使い方を考える」が大事ですよね。
せっかく渡した手紙が難しくて分からない、読めない漢字がある……では、もらった子どもも喜ぶことが出来ませんので、書く際はこのポイントに注意しておきましょう!


また盛り込む内容も悩むかもしれませんので、まずお子さんが生まれてから今までを振り返って、特に印象に残っているイベントなどを書き出してみましょう。
例えば「妊娠中思ったこと」「名前の由来」「成長を感じたこと」などなど、生まれる前から今までを振り返ると、手紙を書きたくなる記憶がいっぱい引っ張り出されると思いますよ!


子どもへ向けた手紙ですので堅苦しく考えることはなく、会話と同じ口調で伝わりやすく、分かりやすく書けば何も問題ありません。


例えば


「○○、二分の一成人式おめでとう!
○○が生まれたときは小さくて色々と心配もしたけれど、いつのまにかこんなに大きくなって、いよいよ二分の一成人式になったね。


○○が幼稚園に入ったときはなかなか友達も出来なくて毎日「帰りたい」と言って泣いていると聞いて、大丈夫かなって心配だったんだよ。
ちょっとずつそういう話を聞かなくなって、○○から毎日幼稚園での楽しいお話ばかりを聞くようになったときは本当に嬉しかったなあ。


いつの間にか随分と大きくなって、いよいよ今日は二分の一成人式の日になったね。
これからも毎日頑張って、ママはいつでも○○の味方だからね!」



のように、いつもの会話口調を意識しつつ堅苦しくない、子どもに伝わりやすい内容でまとめていきましょう!


【まとめ】

二分の一成人式は今回紹介した「10才のありがとう」はもちろん、他にもたくさん感動できる歌がありますので、もしお子さんの式予定になくても全然大丈夫です。
どのような行事として行うかは学校次第ではありますが、二分の一成人式を経験した方は「10歳の節目、本当に感動した」と、喜んでいらっしゃいます。


また二分の一成人式は子どもが10歳になった節目を祝うものですので、家庭でのお祝いなども無理のない、自分たちが楽しめる内容を考えていけると良いですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です