二年参りとは?長野・新潟の方言なの?他の地域ではなんて言うの?

スポンサーリンク


二年参り」と聞いてあなたはピンと来る人ですか?同じ年中行事でも地方によって呼び方、やり方が違うことって結構ありますよね。二年参りは年末年始に行われる行事らしいのですが、一体どんな行事なのか気になりますね。


ここでは、「二年参り」について、どこの地方の方言風習なのか、他の地域での呼び方、二年参りにおすすめの神社仏閣をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

二年参りってなんのこと?意味は?

二年参りとは?

二年参りは、簡単にいうと「初詣」のことです。一般的に初詣は年明け初めての参拝のことをいいます。昔は初詣のために家を出るのは大晦日の夜が一般的でした。そのため参拝先の神社などに着く頃には日をまたいで新年になっていました。


そこから2つの年をまたいでお参りをする「二年参り」と呼ばれていたようです。地域によっては大晦日にお参りした後、一旦家に帰り、年が明けてから再度お参りをするところもあります


また、2年の年をかかってお参りをするので、より多くの功徳が積めるとされているようです。


お参りの作法

二年参りも初詣も参拝の作法は変わりありません。
正しい初詣(神社)の作法をおさらいしておきましょう。


①鳥居の手前で一礼してくぐる。

②参道は左右の端を歩く。真ん中は神様の通り道とされているため。
※ただし、人出が多い時には無理に端に行くと危険なので、人の流れに沿って移動しましょう

③体を清めるため手水をします。

④賽銭箱の前で軽く礼をして、お賽銭を入れる。鈴を鳴らして「二礼二拍手一拝」の順で参拝をする。

⑤なるべく参道の端を通り、鳥居の手前で軽く礼をしてから出る。


正しい参拝をして、しっかり御利益をゲットしましょう!



二年参りはどこの方言?長野・新潟、他の地域は?


二年参りと聞いて、ぱっとイメージできる人とそうでない人に分かれると思います。二年参りは主に新潟や長野、北関東、東北地方の一部で使われている初詣を表す方言です。


この地域出身や住んだことがある人は、二年参りという呼び方を知っていると思いますが、全国的には「初詣」が主流です。地域によっては「初参り」「元朝(がんちょう)参り」と呼ぶところもあるようです。



長野県で二年参りが人気の神社仏閣3選!


さて二年参りがどんなものか分かったところで、長野県のおすすめ参拝スポットをご紹介したいと思います。


善光寺(長野市)

長野県で初詣といったらこのお寺を外して語れません。「一生に一度はお参りしないと極楽へ行けない」という言い伝えがあり、初詣では例年50万人もの人出で賑わいます。源頼朝や武田信玄など有名な武将からも信仰が厚いお寺です。


住所:長野県長野市大字長野元善町491-イ

アクセス:JR長野駅 アルピコ交通バス宇木・若槻西条行き 15分、善光寺大門下車 徒歩5分
     有料駐車場有り(400台)


諏訪大社 上社本宮(諏訪市)


日本各地にある諏訪神社の総本社。諏訪大社は諏訪湖周辺に本宮、前宮、春宮、秋宮と4つの神社からなっています。その中でも上社本宮は近くにお土産屋さんや茶屋などもあり、毎年約20万人もの人が訪れる人気の神社です。


また諏訪大社4社の御朱印を全て集めると記念品がもらえるのも人気の1つです。


住所:長野県諏訪市中洲宮山1

アクセス:JR中央本線茅野駅からタクシーで10分
     中央自動車道諏訪ICから国道20号経由、県道183号神宮寺方面へ車で2km
     無料駐車場有り(200台) 1/1~3は有料駐車場も設置されます。


穂高神社(安曇野市)

北アルプスの総鎮守として高位の神様が祀られています。この神社の祖神がもともと九州の海神様だったことから、内陸にありながら航海安全・交通安全にも御利益があります。また境内全体が穂高の力が流れ出るパワースポット(龍穴)としても有名です。


例年約8万人程の人出があります。
駅が近いので電車での参拝がおすすめです。


住所:長野県安曇野市穂高6079

アクセス:JR大糸線穂高駅 徒歩3分
     無料駐車場有り(250台)


新潟県で二年参りが人気の神社仏閣3選!


次に新潟県での人気スポットもご紹介していきます!


白山神社(新潟市)

千年程の長い歴史を持ち、たくさんの神様が祀られています。特にイザナギノミコト、イザナミノミコトという神様を夫婦でお祀りしているので、縁結びや子宝・安産などに御利益があるとされる神社です。


約18万人の人出があり、年末年始にはたくさんの露店や屋台が立ち並び、家族連れにおすすめの神社です。


住所:新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1

アクセス:JR新潟駅 タクシー10分
     バス 萬代橋ライン(BRT)青山方面「市役所前」下車すぐ
     無料駐車場有り(60台) 近隣に有料駐車場有り


蒼柴神社(長岡市)

悠久山という山に建てられているため長岡市民から「お山さま」の愛称で信仰されています。日光東照宮を模して作られているので、荘厳な見た目は新年の初詣にピッタリの神社です。毎年10万人程の人出で賑わいます。


住所:新潟県長岡市悠久町707

アクセス:JR信越本線 長岡駅 バスで15分 
     関越自動車道 長岡IC 車で30分
    無料駐車場有り(悠久山公園400台)


新潟縣護國神社(新潟市)

戊辰戦争~第二次世界大戦で無くなった人をお祀りしていて、日本海を望む松林の中に建てられた美しい神社です。「茅の輪くぐり」では1年の穢れを落とし、お参りすることで御利益を頂けるとして人気です。毎年15万人程が二年参りに訪れています。


住所:新潟県新潟市中央区西船見町5932-300

アクセス:新潟駅前バスターミナル 西循環線浜浦町行き7番線 15分
     新潟中央ICより車で20分
     無料駐車場有り(200台)


【最後に】

二年参りとは、長野県、新潟県、北関東、東北などで使われる初詣を表す方言
大晦日の内に境内に入り年を越す
大晦日に一度お参りをして帰宅、年が明けてから再度お参りする 2パターンがある
参拝のやり方は他の地域の初詣と同じ


おすすめの寺社仏閣
長野:善光寺、諏訪大社、穂高神社、
新潟:白山神社、青紫神社、新潟縣護國神社


長野や新潟は冬場寒さが厳しいイメージがありますね。そんな極寒の中の二年参りはキリリと身が引き締まって御利益もたくさんもらえそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です