知念分屯基地創設45周年記念行事みどころまとめ!

スポンサーリンク
10月のお祭り
スポンサーリンク

沖縄にある知念分屯基地は航空自衛隊那覇基地の分屯基地で、今年2018年に「知念分屯基地創設45周年記念行事」が開催予定となっています。

知念分屯基地の行事といえば毎年開催されている「基地納涼祭」が広く知られていますが、基地創設45周年記念行事ということで、こちらもどのような行事になるのか気になりますね。

具体的にどのような行事になるのかはまだ不明なところも多いものの、今分かる範囲で知念分屯基地創設45周年記念行事について、詳しくチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

【知念分屯基地創設45周年記念行事とは?】

知念分屯基地創設45周年記念行事とは、名称の通り知念分屯基地創設45週年を祝う記念行事です。

そもそも航空自衛隊の分屯基地とはどのような雰囲気なのか知らない方もいらっしゃるかもしれないので、その雰囲気を一度動画でチェックしてみましょう。

A171126B 航空自衛隊串本分屯基地 創立記念行事 飛行展示

A171126B 航空自衛隊串本分屯基地 創立記念行事 飛行展示

航空自衛隊の記念行事ということで期待するのはやっぱり様々な飛行展示やその他展示で、貴重な自衛隊基地を知ることが出来るチャンスですね!

ちなみに知念分屯基地創設45周年記念行事の開催日は現在のところ「10月予定」となっていて、それ以上の詳細はまだ分かりません。

これからの情報をこまめにチェックし、見どころなども見逃さないように準備しておきたいところですね。

知念分屯基地は沖縄県南城市にあり、最寄りはバス停の「つきしろの街」となります。

ちなみに自衛隊の「基地」「分屯基地」、そして「駐屯地」はそれぞれどういう違いがあるのかご存知でしょうか。

駐屯地は「部隊が駐屯している」という意味で使われ、陸上自衛隊が装備品や施設の機能を持ち運んで動くことが出来る編成や能力を持っているからなんです。

陸上自衛隊は野外で装備品を整えて任務が出来る、こういった意味で「駐屯地」なんですね。

一方「基地」は言葉の通り装備品や指揮機能が基地に根付いている場所のことを指し、基地を主体に部隊が行動できる状態の場所を言います。

「分屯基地」は分かりやすく言えば「出張所」のことで、基地よりも簡易的な拠点、目的に応じて派遣された拠点という意味になります。

【自衛隊イベント 初心者向けのみどころ3選!】

「そもそも自衛隊基地のイベントに行ったことがないからどんな見どころがあるのか分からない」という方もいらっしゃると思います。

これから自衛隊基地が主催するイベントの見どころを幅広くお伝えしますので、ぜひこの機会に自衛隊基地のイベントを知っておきましょう!

◎見どころ1:展示公開

自衛隊基地の一般公開、自衛隊主催のイベントでは展示公開が行われていることが多く、日頃間近でみることのない自衛隊の雰囲気を味わうことができます。

自衛隊展示車両

自衛隊展示車両

ここまで近くで様々な展示を見られる機会は展示公開以外ではなかなかなく、機会を逃さないようにしておきたいですね!

◎見どころ2:訓練公開

日頃あまり見られない自衛隊、その訓練も公開展示されることがあり、自衛隊の日頃の訓練を間近で見られます。

大津駐屯地 訓練展示 2017 陸上自衛隊

大津駐屯地 訓練展示 2017 陸上自衛隊

人の訓練はもちろん装備を使った訓練、また犬の訓練などが見られることもあり、訓練展示も貴重なチャンスですね!

◎見どころ3:飛行展示

自衛隊基地のイベントといえばこれを楽しみにしている方も多い、航空機の飛行展示はやはりどこでも人気です!

陸上自衛隊 明野駐屯地航空祭2017 空自飛行展示

陸上自衛隊 明野駐屯地航空祭2017 空自飛行展示

日頃見られない航空機の展示が間近で見られる機会、またあの有名なブルーインパルスの飛行展示が見られる場合もあり、自衛隊主催のイベントではぜひチェックしておきましょう!

【基地入場の疑問、身分証明書は必要?】

一般的な基地公開の場合や航空祭の場合も含め、自衛隊基地に入る場合は手荷物検査を受けないといけません。

身分証明書の提示が求められることももちろんあるので、知念分屯基地だけではなく他の航空祭などの自衛隊イベントに行く場合も必ず持ち歩くようにしておきましょう。

持ち物についてもいくつか注意事項があり、基本的にどの自衛隊基地もドローン、ペット、アルコール類は持ち込む事ができません。

他の来場者の迷惑になると判断された物もNGになりますので、注意されたり持ち込みを禁止されたら必ず指示に従うようにしてくださいね。

写真撮影に関してはそれぞれの基地や分屯基地によってルールが定められている場合も多いので、必ずルールを守って安全に撮影するように注意しましょう。

更にもちろんのことですが、基地周辺への迷惑駐車やごみのポイ捨てにも気をつけましょう。

基地の外からドローンでの撮影したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、基地周辺でのドローン飛行が確認された場合は即座に警察に通報されてしまいます。

安全その他必要あってドローンは禁止されているのであり、基地の外からのドローンの使用にも注意してください。

いずれにしても安全確保のためにも絶対に必要なことなので、「自分だけは」など思うのではなく、きちんと従うようにしてくださいね。

【基地までのアクセスは?駐車場はあるの?送迎バスはある?】

知念分屯基地の住所やアクセス方法についても以下にまとめておきますので、お出かけ前に一度確認しておきましょう。

住所:沖縄県南城市佐敷字佐敷1641

電話:098-948-2813(207)

◎アクセス方法

バス停「つきしろの街」徒歩5分

駐車場や送迎バスについてはそもそも開催日など詳細は未定ということもあり、詳しい情報はまだ分かりません。

しかし知念分屯基地で開催される納涼祭などでは駐車場に案内されたという方もたくさんいらっしゃるので、駐車場がまったくないということはないと思います。

【まとめ】

知念分屯基地創設45周年記念行事については開催日も「10月予定」となっていてまだ詳細が発表されていませんので、今後細かな情報は変わるかもしれません。

しかし航空自衛隊の分屯基地の記念行事ということで基本的なスタイルはほぼ変わらないと思うので、詳細を待ちながら10月をゆっくり待ちましょう。

今年の秋の沖縄でのお出かけ先のひとつとして、ぜひ知念分屯基地創設45周年記念行事も検討してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました