日本一の芋煮会フェスティバル2019!はじめての楽しみ方ガイドまとめ!

スポンサーリンク
9月のお祭り
スポンサーリンク

山形県での秋のお楽しみとして「日本一の芋煮会フェスティバル」が毎年開催され、芋煮を大勢の方で味わっていることをご存知でしょうか。

芋煮会とは主に東北地方で多く行われている季節の行事で、河川敷などで芋を使った鍋料理を楽しむものとなっています。

そんな芋煮会のなかでも「日本一の芋煮会フェスティバル」と名付けられている山形県の芋煮会フェスティバル、どのような内容となっているのか気になりますよね。

ぜひ今年の日本一の芋煮会フェスティバル2019についてもチェックし、秋の食の楽しみを堪能してみませんか!

スポンサーリンク

日本一の芋煮会フェスティバル2019!どんなイベントなの?

芋煮会とは最初にお伝えしたとおり河川敷などで芋を使った鍋料理を楽しむ東北地方のイベントですが、日本一の芋煮会フェスティバルはその規模が大きいんです。

なんと直径6.5mもの大鍋を使って芋煮を作るイベントです。

直径6.5mの大鍋には里芋3トン、牛肉1.2トン、こんにゃく3,500枚、ねぎ3,500本、味付け醤油700リットル、隠し味に日本酒50升、砂糖200kg、山形の水6トンを入れ、6トンの薪(ナラ材)で煮炊きします。

まさに美味しさもスケールも日本一です!

まずはその雰囲気を動画でぜひご確認ください。

大鍋で3万食振る舞う 山形恒例、日本一の芋煮会

動画を見るだけでもその大きさに驚きますが、この大鍋で作られる芋煮を見学したあと食べられるとなると……考えただけでわくわくしてきますよね!

テレビなどでも日本一の芋煮会フェスティバルは放送されていることもあるので、「ああこのイベントか!」となられた方も多いと思います。

そんな日本一の芋煮会フェスティバル、2019年度の日程は以下のようになっているので今のうちにチェックしておきましょう。

開催概要

日程:2019年9月15日(日)雨天決行

会場:山形市馬見ケ崎川河川敷

公式サイト:

HOME|日本一の芋煮会フェスティバル 公式サイト
山形,芋煮,日本一,大鍋,芋煮茶屋,地産地消

雨天の場合も基本的には決行となっていますが、お天気が荒れている場合は中止の可能性もあるのでご了承くださいね。

日本一の芋煮会フェスティバルは毎年の来場者が20万人と言われている人気のイベントで、この大鍋では一度で3万食もの芋煮を作ることが出来ます。

このような大鍋を使う大規模な芋煮会は他にはなく、山形県の芋煮会が「日本一」と言われるのも納得ですね。

日本一の芋煮会フェスティバルでは地元の食材がふんだんに使われ、来場者に秋の味覚を届けています。

地元の方にとっても毎年秋に開催される美味しい芋煮が食べられるイベントとして有名で、楽しみにしている方も多いですね!

山形県はなぜ芋煮が名物?そもそも芋煮とはどんな食べ物?

そもそもなぜ山形で日本一の芋煮会フェスティバルが開催されているのかが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、芋煮は山形の名物であり、郷土料理なんです。

しかし芋煮の材料や味付けも地域によって違い、それぞれの地域の特産物を上手に使った芋煮が食べられています。

よく見かける「山形の郷土料理としての芋煮」の作り方についてをこれから紹介しますので、ぜひ動画も合わせてご確認ください!

山形の郷土料理!芋煮の作り方!

芋煮とは里芋や牛肉、こんにゃく、ネギを醤油ベースで煮込むものが一般的ですが、これもまた地域によって細かく違っています。

芋煮の材料

・水
・里芋(1kg)
・牛肉(500g)
・白こんにゃく
・ごぼう(さきがけにする)
・しめじ(お好みのきのこ類)

作り方については動画でも確認できますが大きなお鍋を用意して里芋を入れ、一度沸騰したお湯を捨ててからささがきにしたごぼうをいれます。

煮えてきたらアク抜きをしてこんにゃくを入れ、しめじ、牛肉と続けて入れて煮込み、里芋にはしが通るようになるまで煮込みます。

そこから砂糖やお酒、醤油で味付けをし、最後にネギを入れてお好みの煮え具合になったら完成です!

日本一の芋煮 会フェスティバル「芋煮」の食べ方は?

日本一の芋煮会フェスティバルは毎年人気の行事でたくさんの方が訪れるので、フェスティバルで芋煮を食べようとする場合にもルールがあります。

まず最初に列の緩和のために整理券が販売されていますので、整理券発券所で300円以上の協賛につき1杯分の券を入手しましょう。

あとはその整理券の案内があったら大鍋の列に並び、配膳場所で芋煮と整理券を引き換えればOKです。

案内は会場放送で流れるので放送には常に注意をしておくこと、この整理券がないと芋煮を食べることができないことに注意してくださいね。

芋煮は上流のAゲート・下流のBゲートに分かれて配膳が行われる予定です

日本一の芋煮会の楽しみ方3選!

日本一の芋煮会フェスティバルは毎年山形で開催されているイベントで、ぜひ楽しみ方についても事前にチェックしておきましょう!

芋煮茶屋

日本一の芋煮会フェスティバルでは「芋煮茶屋」と呼ばれる有料席があります。

大型テントの特設会場で、席に座ってゆっくり食べられるスペシャルコーナーです。
山形名物の芋煮(牛肉しょうゆ味・特別芋煮一杯)、おにぎり、ドリンクのセットをご提供。
(牛肉しょうゆ味芋煮のみおかわり自由)
さらに芋煮茶屋でご利用いただけるクーポン券(大人500円/小学生以下200円)がつきます。
山形のおいしい玉こん、お肉、お酒類、お土産品などの特別販売コーナーもございます。
東北四大まつりの山形花笠踊りを鑑賞できます。

場所芋煮フェスティバル会場内 大鍋対岸上流「芋煮茶屋ゾーン」

日時:2019年9月15日(日)|雨天決行(荒天中止)
午前の部:10:00〜11:30 / 午後の部:13:00〜14:30

テーブル席
大人(中学生以上):[前売券]2,600円 / [当日券]3,000円
小学生:[前売券]1,300円 / [当日券]1,500円
※小学生未満の方も席をお使いいただく場合、料金が発生いたします。金額は小学生と同様となります。
ゆったり桟敷席:午前/午後の部:150席限定!
大人(中学生以上):[前売券]3,000円
小学生:[前売券]1,500円

下記のサイトからご購入が可能です。

chayaorder
日本一の芋煮会フェスティバルの芋煮茶屋オンラインストアです。

日本一の芋煮会フェスティバル Yamagata Dish simmered in potato Festival

昨年の場合は大鍋の上流側に作られる特設テントが芋煮茶屋であり、芋煮とおにぎりがセットで食べられるんです。

さらに牛肉しょうゆ味の芋煮はおかわり自由だったので、今年も芋煮を味わいながらゆっくり過ごしたい方はぜひこちらをご利用ください。

ステージイベント

日本一の芋煮会フェスティバルでは芋煮を味わうのはもちろんですがステージイベントも充実していて、地元の花笠音頭などを楽しむことが出来ます。

他にも様々なステージが企画されているので、味わうだけではなく目と耳で楽しむことも出来るのが日本一の芋煮会フェスティバルなんですね!

2015山形名物日本一の芋煮会フェスティバル 花笠音頭

屋台

日本一の芋煮会フェスティバルで山形の芋煮を味わうのはもちろん、会場では各地のB級グルメもそろっていて他の食べ物も楽しめます。

たこ焼きや唐揚げと言った屋台の定番はもちろん、山形のご当地おやつである「どんどん焼き」や芋煮カレーうどんなど、様々な美味しい食べ物が販売されていますよ!

まとめ

日本一の芋煮会フェスティバルでは山形の郷土料理である芋煮を味わうのはもちろん、ステージイベントなどで山形を様々な形から楽しむことが出来ます。

屋台もそろっているのでお祭りという意味でも楽しく、ステージイベントを眺めながらゆっくり好きなものを食べられる日なんですね。

ぜひ今年の秋は山形での人気イベント、日本一の芋煮会フェスティバル2019へぜひ参加してみてくださいね!

よく読まれている記事
9月のお祭り
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました