お彼岸2018!中日の読み方は「なかび」?「ちゅうにち」?どっち??

スポンサーリンク

1

毎年変わるお彼岸の日にち。


なんとなくお墓参りをする日だと分かっていても、その由来や意味について、ハッキリ分かっている方も多くないのではないでしょうか。


実は、仏教徒の国が数ある中でも、お彼岸の風習は日本だけのもの


一体どうして日本だけの風習がうまれたのでしょうか。


今回は、2018年のお彼岸日程や、お彼岸の意味・由来、気になる「中日」の読み方についてご説明していきます。


スポンサーリンク

2016年のお彼岸はいつ?そもそも何をする日?

2

知ると興味深いお彼岸の風習


まずは2018年の春のお彼岸、秋のお彼岸の日程をみていきましょう。


春のお彼岸

彼岸入り:3月18日(日)


中日:3月21日(水)


彼岸明け:3月24日(土)


秋のお彼岸

彼岸入り:9月20日(木)


中日:9月23日(日)


彼岸明け:9月26日(水)


お彼岸の日程は1週間。


字の如く「中日」を真ん中の日(「春分の日」「秋分の日」)として、その前後3日間を加えた1週間を指します。


中日を目安に、毎年お彼岸の日程が決められているんですね。


では、この中日という日は、一体どういう読み方で、どんな意味があるのでしょうか。





お彼岸の「中日」、正しい読み方は?意味・由来は?


中日」と聞くと、何の日だろうと思いがちです。


「中日」の読み方は「ちゅうにち」と読みます。


「お中日」なんて言い方もしますよね。


この意味や由来はなんなのでしょうか。


中日の意味

春のお彼岸の中日春分の日


秋のお彼岸の中日秋分の日


中日の由来

太陽が春分点・秋分点に達する日のこと。


太陽が真東から昇り、真西に沈む日。


カレンダー上で決める祝日ではなく、太陽の動きに沿って毎年決められます。


中日以外で知っておくべきお彼岸用語とは?


中日の読み方や意味は理解できましたが、「お彼岸」の1週間をひっくるめると、彼岸入りや彼岸明けの意味や由来も知っておきたいところです。


2018年の彼岸入り・彼岸明けは…


春のお彼岸の彼岸入りは、3月18日(日)。


彼岸明けは、3月24日(土)でしたね。


それに対し、秋のお彼岸の彼岸入りは、9月20日(木)。


彼岸明けは9月26日(水)です。


彼岸の意味・由来

彼岸とは、煩悩の世界である現世、此岸(しがん/現世のこと)を離れ、修行を積み、煩悩を脱することで、悟りの境地である彼の岸(かのきし)に到達すること


彼岸入り・彼岸明けの意味・由来

春分の日・秋分の日である「中日」に先祖へ感謝を捧げ、ほかの6日間は、6つの徳目「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を1日1つ修め、悟りの境地に達すること


春分の日・秋分の日の由来や意味は?

5

お彼岸のことをよく知ると、古来から続く仏教思想が今も続いていることがわかりますね。


さて、最後には春分の日・秋分の日の由来や意味、またお彼岸に何をするのか解説します。


春分の日・秋分の日の意味

春分の日=自然を称え、生き物を慈しむ日


秋分の日=先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日


お彼岸にすること

・善行、功徳を積む


・お墓参り、墓の手入れ


・仏壇、仏具の手入れ


・お寺の彼岸会への参加など


【結論!】


1.2018春のお彼岸は、3月18日(日)~3月24日(土)!

中日は3月21日(水)。

2018秋のお彼岸は、9月20日(木)~9月26日(水)!

中日は9月23日(日)。


2.「中日」の読み方は「ちゅうにち」!

太陽が真西に沈む、春分の日・秋分の日を指します。


3.お彼岸は、先祖へ感謝を捧げ、善行を行い、功徳を積むこと!



ただお墓参りをするだけではなく、お彼岸の本当の意味を知って過ごしたいですね。


お寺で行われる「彼岸会」などに参加すると、6つの徳目「六波羅蜜(ろくはらみつ)」について解説があったりするそうですよ。


興味があったら参加してみるのはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です