京都「お茶と酒 たすき」かき氷が食べたい!待ち時間は?その他京都で人気のかき氷は?

スポンサーリンク
お店
スポンサーリンク

京都のかき氷と言えば、おいしい宇治抹茶をベースとした和テイストなものが多いのですが、そんな中でユニークな味と年中提供でお客を魅了する人気のお店があるんです。

それが「お茶と酒 たすき」です。

毎月変わるメニューはどれも気になること間違いなしですよ!

スポンサーリンク

京都「お茶と酒 たすき」かき氷が食べたい!

祇園四条にある「お茶と酒 たすき」は、喫茶であり、バーでもあるお店です。

年中通してかき氷が楽しめるお店です。

セレクトリサイクルショップ「パス・ザ・バトン」の初の飲食店として、2015年の8月にオープンしました。

お店では和菓子や月替わりのかき氷が楽しめます

かき氷は年中やっているので、昨今のかき氷ブームで注目されています。

セレクトリサイクルショップであることから、かき氷に使用される食器も気に入れば、購入することができます

パス・ザ・バトンで扱っている物のほとんどにその品物にまつわる思い出や前の持ち主のプロフィールが添えられているので、大事な思い出ごとその品物を購入できます。

併設されている「お茶と酒 たすき」では、お茶をベースとしたオリジナルのカクテル富士山の天然水を使用したかき氷が楽しめるのですが、月替わりのユニークなかき氷が人気です。時期によっては早々に売り切れとなる日があるほどです。

営業時間

Monday – Saturday 11:00 – 20:00 (L.O. 19:00)
Sunday・Holiday 11:00 – 19:00 (L.O. 18:30)
※混雑状況により、閉店時間より早く入店受付を終了させていただくこともございます。予めご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。

お茶と酒 たすき (祇園四条/喫茶店)
★★★☆☆3.62 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

京都「お茶と酒 たすき」かき氷はなぜ人気?かき氷の特長や人気メニューは?

「お茶と酒 たすき」のかき氷が人気の理由はなんといっても、月替わりで楽しめる限定メニューです。

毎月変わるメニューが2つ用意されています

2月限定の生クリームとココアたっぷりの「ショコラオランジェ」、4月限定で販売される求肥のアイスが入った「桜餅」や、6月限定のカスタードやレモンシロップがさわやかな「レモンパイ」、7月限定の生姜が効いた「マサラチャイ」などがあります。

どれもユニークなフレイバーですよね。

毎月2種類のメニューが変わるので、年中通って全ての味を食べてみたくなりますね。

定番メニューのかき氷も2種類用意されています

1188円の練乳付きの「抹茶みつ」と1188円のきなこ練乳付きの「ほうじ茶みつ」です。

どちらもお茶の味を楽しめる京都ならではのメニューですよ。
氷もふわふわで程よい甘さです。

どのかき氷もけっこう大きい目なのですが、軽いので一人で食べられちゃいますよ。

お茶と酒 たすき 公式ホームページ

PASS THE BATON
パスザバトン京都祇園店内に併設されている飲食スペースです。日本人なら誰もが持っているはずの「おもてなし」の心。PASS THE BATONは、「もてなす」「もてなされる」その両方の心を忘れず、この国にある美意識を-お茶-を通して伝えたいと考えています。伝統的な技法やこころを大切にしつつ新しい-お茶-のあり方を提案するス...

京都「お茶と酒 たすき」の待ち時間は?穴場の時間は?

夏場のピーク時は行列ができる人気店ですが、メニューの半分が月替わりなので、メニューによっては夏に限らず、待ち時間が発生することがあります。

また、ミニかき氷を食事プラスすることができるので、売り切れになってしまう場合もあるようです。

夏場は、整理券も配布されるほどの混雑となります。

最長で5時間待ちになるそうです。

パネル式のボードが用意されているので、そちらでQRコードで登録すると、
待ち時間はもちろん発生しますが、楽に待つことができます。

一番良いのは、開店前に並んでおくことですね。

もしくは夏場を避けて、9月になってから行くのが良いようです。

「お茶と酒 たすき」以外にも!京都で人気のかき氷とは?

京都のかき氷屋さんは、抹茶やきなこを使った和風なテイストの物が多いです。その中でも有名なお店をいくつかご紹介します。

文の助茶屋 本店

わらび餅で有名なお店の和風なかき氷は、わらび餅ときなこがトッピングされた「田舎氷」です。

ボリュームありますが、甘すぎない上品な味でヘルシーですよ。

水曜日が定休日になっており、10:30~17:30の営業時間です。

文の助茶屋 本店 (祇園四条/甘味処)
★★★☆☆3.28 ■予算(昼):~¥999

文の助茶屋 公式ホームページ

京甘味 文の助茶屋│粋様参る無粋な店

文の助茶屋

赤門茶屋

平等院表門の前にあるお店で、宇治茶の販売をしているお店がやっている喫茶です。

そのため、夏限定で販売されるかき氷も宇治抹茶と純糖蜜がふんだんに使われています。

上品な抹茶の味を楽しめるのでおすすめです。

10:00~18:00の営業ですが、不定休で木曜日が記載されているので、注意してくださいね。

赤門茶屋 (宇治(京阪)/日本茶専門店)
★★★☆☆3.23 ■予算(昼):~¥999

まとめ

「お茶と酒 たすき」の2017年の月替わりのメニューは、7月が「マサラチャイ」と「グレープフルーツヨーグルト」で、8月が「アップルマンゴー」と「なま大福」でした。

人気があるものは毎年登場するようですが、一度限りで終わるものもあるようなので、何がメニューとして並ぶかは来店した時のお楽しみだと思います。

気になった方はぜひ一度訪れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました