今年の夏こそは挑戦したい!竹でつくった流しそうめん!作り方のコツは?

スポンサーリンク
夏休み
スポンサーリンク

夏になると食べたくなるのが、そうめんですよね?
そして、夏にしか楽しめないレジャーなのが、流しそうめんだと思います。

流しそうめんと聞くと、最近はお店に体験しにくいパターンも多いでしょう。でも、本来は自分たちで作って楽しむものです。竹が手に入るのであれば、ぜひ一度は手作りの流しそうめんを体験してみてください!

スポンサーリンク

今年こそはチャレンジしたい竹を使った流しそうめん!用意するものは?

まず、材料がないと作れません。
流しそうめんをする際に必要な材料と道具をご紹介します。

一番大切なのが、ですね。しかし、竹が手に入らない場合は、雨どいなどに使われるプラスチックの半径の筒などを用意するといいでしょう。大体、直径15センチ程度のものを4~5m用意しましょう。

さらに、太い竹を支えるために直径70センチくらいの細い竹を9~12本ほど用意します。それらを固定するために丈夫な麻ヒモも必要です。

さらに、竹を割るためのナタ金槌、削るためのノミや小刀、竹をきれいに磨く紙やすりが必要です。水を流すために、タンクやホースもないといけませんね。

必須材料「竹」はここで入手できる!

さて、竹ですが、ホームセンターで販売している場合があります。特に夏は、流しそうめんの季節なので、置いている店が多いです。4mくらいの長さで販売しているので、十分だと思います。

お店によっては、流しそうめんセットとして販売していることもありますよ!ホームセンターだと、無料でトラックを貸し出ししてくれることが多いので、運搬も問題ないと思います。

もちろん、竹藪を所有している知人がいる場合は、その人に譲ってもらうのが一番いいでしょう。ただ、その際は運搬が難しいかもしれませんね。

【DIY】本格流しそうめんの作り方

【DIY】本格流しそうめんの作り方

竹の流しそうめんセットの作り方のコツは?何人がかり?

次は作り方です。まずは、竹を割る作業が必要です。ホームセンターで購入した場合は、すでに割った状態のものもあるかと思いますが、天然の物をゲットした場合は、自分たちで割らないといけません。

割る時は、竹の中心か6対4の辺りにナタを当てて、金槌で打ち込みます。最初はちょっとずつ叩いて割るようにしましょう。危険なので、軍手をはめて作業してください。ある程度割ったら、竹を縦に手で割ることができると思います。

半分に割れたら、次は節の部分をきれいにします。金槌で叩くと、簡単に割れます。端の方に残る節はノミなどできれいにけずりましょう。最後にさらに滑らかになるように、割った断面や節をやすりがけします。

そして、食器洗剤できれいに竹を洗って、天日で半日ほど乾燥させます
竹にある水分を乾燥させないと、カビが生えたりします。

細い竹を3本ずつひもで束ねて、三脚のように広げて、メインの竹をのせます。傾斜ができるように高さを調節したら、完成です。

【DIY】流しそうめん台の作り方

【DIY】流しそうめん台の作り方

実際に流してみよう!そうめんはどれぐらい用意をする?参加者全員が美味しく食べるには?

流しそうめんは、参加人数より、一人分か二人分少ない程度が良いでしょう。
なるだけ、そうめん自体が長いものを選びましょう。

食べやすいように茹でた後はあらかじめ、一口大に束ねておきましょう。
カラーのそうめんを用意すると、より楽しめますよ。

流しそうめんの出口には、バケツとザルを置きましょう。これでそうめんが食べられなくなるのを防げます。さらに、流した水を垂れ流すことなく処理できるので、近所迷惑にもなりません。

参加者全員が楽しめるように、流す人と食べる人はきちんと交代で行います。流す際には、一声かけてから流すようにしましょう。

楽しかった流しそうめん!竹のセットはどうやって保存をする?来年も使える?

竹は基本、青竹を使うことになると思います。
この竹は大体、2週間くらいで枯れて黄色くなってしまいます
なので、来年に使うには見栄えがよくありませんし、衛生的にも向いていないでしょう。

変色しても良いと思う場合は、きちんと天日干しして、乾燥させて、カビが生えないように保存しましょう。

準備する際も、前日か当日から数えて5日前まで良いでしょう。
前日や前々日に竹を用意した際は、伐採してすぐに加工しておきましょう。

洗剤で洗うだけでもいいのですが、無水アルコールが薬局などで販売されているので、それを使用してきちんと消毒しておくとさらに安全です。

【最後に】

流しそうめんをする際には、たくさん参加者を集めた方が楽しいと思います。家族や親せきとやってもいいですし、近所同士で楽しんでもいいでしょう。

竹を用意しないといけないので、少なくとも2日間かけて準備してください。竹を割る際は、怪我がないように十分に注意して行ってくださいね。

よく読まれている記事
夏休み
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました