善通寺駐屯地開設68周年記念行事の見どころは?最寄り駅・駐車場はあるの?


香川県の善通寺駐屯地は、四国を担当する第14旅団の主力部隊がいる、伝統ある駐屯地です。


開設68周年を迎える今年、4月に記念行事が行われます。
今回は、その概要やみどころをくわしくご紹介したいと思います!


スポンサーリンク

善通寺駐屯地開設68周年記念行事とは?


まずは、行事の具体的な日程や場所などをチェックしてみましょう!


■概要

2018年4月22日(

午前9時~午後3時

開催場所善通寺駐屯地


■アクセス例

善通寺駅ほか多数から無料シャトルバス運行

高松自動車道 善通寺ICから約10分

高松空港からJR琴平駅からリムジンバスで約45分


駐車場は、7ヶ所の無料駐車場と、3箇所の有料駐車場が用意されています
誘導員の指示に従いましょう。


もっと詳しい情報は、リンクのHPで確認してくださいね。
第14旅団創隊12周年 善通寺駐屯地開設68周年記念行事 公式HP



■来場者はどれくらい?

去年の67周年記念行事では、市中パレードで15,000人もの人が見学したとのこと。
かなりの混雑が予想されますので、小さい子どもを連れて行く場合は、迷子にも注意が必要ですね。


善通寺駐屯地の歴史は?どんな駐屯地?

松山駐屯地の歴史は、明治31年にまでさかのぼります。あの乃木将軍もいた、旧陸軍第11師団が起源なんですね!ただし、昭和25年に善通寺訓練所ができたので、そこから数えての68周年ですね。


第13師団から第2混成団として引き継ぎ、その後第14旅団になったのは、平成18年です。だから、今回のイベント名は正式には、「第14旅団創隊12周年 善通寺駐屯地開設68周年記念行事」となっていますね。



善通寺駐屯地開設68周年記念行事のみどころ3選:その1 新装備16式機動戦闘車(MCV)


今回は、新装備の16式機動戦闘車の姿を見ることができます。
まだ見たことがないという人は、ぜひチェックしたいですね!


その他にも、もう役目を終えた退役機を数多く保存しているので、合わせて見学したいですね。航空自衛隊の退役機、F-86Dもありますよ。


陸自16式機動戦闘車を公開 陸自 日本原駐屯地



善通寺駐屯地開設68周年記念行事のみどころ3選:その2 新しいレンジャー体験


善通寺駐屯地でしか体験できない、レンジャーのような体験ができるコーナーがあります。
これはぜひ挑戦してみたいですね。


セーラー訓練体験…レンジャーが谷を通るときのために行う訓練。

座席けん垂訓練体験…人命救助にも使われる、ロープで高い場所から降りる訓練。

ボルタリング訓練体験…最近ますますブームになっていますね。壁を登る訓練。

ロープワーク訓練体験…私たちには一番実用的な気もする、ロープの結び方の訓練。


動画は、過去にあったレンジャーの訓練展示の様子です。
想像を絶する訓練を受けているレンジャーへの、尊敬と憧れがますます強まりますね!



2014 第14旅団8周年・善通寺駐屯地開設64周年記念行事 レンジャー人命救助訓練展示(香川県)



善通寺駐屯地開設68周年記念行事のみどころ3選:その3 市中を観閲行進!


2017年は、熊本地震の影響で2年ぶりの開放行事だったことに加え、半世紀ぶりの市中パレードとあって、かなりの大盛況だったようです。


なぜ半世紀も市中パレードをやっていなかったかというと、戦車が道路を傷つけるから、というのが一つらしいです。100台以上の車両と450人もの隊員が、市中をパレードする様子は、きっと圧巻でしょうね。


陸上自衛隊 第14旅団創隊11周年 善通寺駐屯地開設67周年記念行事 観閲行進(市中パレード)



【最後に/まとめ】

善通寺駐屯地のイベントは、四国の中では規模が大きく、満足度の高い一日となりそうです。去年の盛り上がりを見ても、今年も楽しみにしている人が多いかもしれません。


ご紹介した3つのみどころを踏まえて、おもいきり楽しんできてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です