新入社員スーツの常識!色は?人気ブランドや価格帯は?

スポンサーリンク
仕事・就職・転職
スポンサーリンク

内定をもらい、晴れて新入社員になる人は悩みが尽きないことでしょう。

どんな色のどんなデザインのビジネススーツが良いのか、よく分からないですよね。

揃えるものはたくさんありますし、デザイン次第では会社で怒られるかもしれません。

スーツが必要な会社に入社した場合は、入社一年目は冒険せずに無難な格好を心がけると良いでしょう

スポンサーリンク

新入社員ならスーツの色は何色が無難?人気ブランドは?

shinsyakaijin_man2

まず、新入社員におすすめのスーツの色は、グレー、黒、ネイビーです。

それも濃い色の方が良いでしょう。

よくビジネススーツにはストライプが入っていますが、できれば無地のものが良いです。

ストライプしかない場合は、目立たないものを選びましょう。

最初はリクルートスーツで大丈夫!

でも、実際の所は、半数の新入社員がリクルートスーツで入社していますよ。

特に4月から5月の初めての大型連休まではリクルートスーツが一般的です。

5月になって給料が入ってから、それまでに社内で自分でリサーチしたその会社にあったビジネススーツを買いに行く人が多いです。

一般論はありますが、会社に入ると世界はその会社のカラー1色ですから、失敗しないためにも最初は黒または紺のリクルートスーツに、無地で白のワイシャツが良いでしょう。

人気のブランドは?

スーツのブランドですが、定番なのが、洋服の青山、AOKI、紳士服のはるやま、AEONでしょう。

他にも、いろんなブランドが店頭でスーツを扱っていますが、他のファッションブランド品は、ちょっと派手なデザインが多いので、新入社員時代には不向きです。

環境が大きく変化して体型も変わってくるし、スーツが必須の職場なら何着もスーツが必要です。

外観では全く区別でず生地の丈夫さなどは違いがないため、高価な物は避けて1万円から3万円程度の安価なものにしましょう。

新入社員の出勤初日!スーツ・ワイシャツ・ネクタイ・靴・靴下の色は?

きちんとビジネススーツを揃えたいという方におすすめのデザインは、スーツのカラーが無地の黒または紺、白無地のワイシャツ、落ち着いた色のストライプ柄のネクタイ、黒の靴下、ひも付きの黒革靴がベストだと思います。

入社初日にはおすすめしませんが、ちょっとおしゃれに着こなしたい場合は、ワイシャツに目立たないストライプ柄をチョイスして、無地のネクタイを合わせたりダークグレーのスーツに淡い色のワイシャツを合わせるのも良いでしょう。

靴を濃い色の茶色にするのもおしゃれですよ。

また、寒い季節は、きちんとコートもビジネス用のものを揃えておきましょうね。

いずれにしても、上司や先輩からこいつは派手なやつだという印象は持たれないようにしましょう。

どれぐらいの数を揃えてる?着数は?クリーニングのタイミングは?

ironing-403074_1280

まず入社前に用意したいのが、スーツ2着、ワイシャツ6着、ネクタイ4~5本、靴2足、靴下7足でしょう。

スーツに関しては、一着はリクルートスーツで構いません。

ワイシャツや靴下は一番洗濯するものなので、初めからちょっと多めに用意しておくと、一人暮らしの場合はとっても楽です。

ワイシャツは白無地で、靴下は黒で揃えてしまって問題ありません。

ネクタイは放っておいても、なぜか増えていくものですから、最初の内は会社の許容範囲が難しいので、無難な落ち着いた色のストライプ柄で揃えましょう。

スーツが毎日必須な職場では、最終的には、夏2着(濃いグレーや淡い紺)、冬2着(黒や紺)、春秋用2着の計6着は欲しいところです。

スーツのクリーニングの頻度とお手入れの基本

さて、スーツの手入れですが、クリーニングの頻度はシーズンに1回程度で構いません。

あまり頻繁に洗うと、スーツが傷みやすくなって長持ちしません。

においが付いた場合は、生地を傷めやすいシリコン系の消臭スプレーではなく、スチームを使用しましょう。

しわが付いた時は、霧吹きで水を十分に振りかけて、一晩陰干しすればOKですよ。

普段は、スーツにブラッシングして、一晩陰干ししておくだけでOKです。

スーツ以外の小物の選び方 ―男性編―

スーツ以外の小物の選び方 ―男性編―

新入社員に人気の靴・鞄・名刺入れ3選!

briefcase-161032_1280

本革ビジネスシューズ

革靴は、やはり本革製でフォーマルのスタンダードタイプが必需品です。

なるべく日本製のものを選びましょう。品質も安心です。

本革製なので、6,000円を超えますが、手入れを怠らなければそれだけ長く履けるので悪い買い物ではないでしょう。

2WAY ビジネスバッグ

鞄の場合は、とにかく大きめでなんでも入るものがおすすめです。

資料をたくさん入れて持ち運ぶことが多いでしょうから、耐水加工であるのも大きなポイントです。

パッドやスマホ、ノートパソコンを持ち運ぶビジネスマンも多いので、横幅も広めのものがおすすめですよ。

デザインはどこでも持って行けるように、シックで落ち着いた雰囲気の黒がおすすめです。

値段は6,000円程度です。

名刺入れ

男性向けの名刺入れと言えば、アルミ製か革製のどちらかが一般的です。

木製の両面カバーにステンレスのサイドが特徴的の名刺入れもあります。木目の美しいデザインと色味に温かみがあっていいですよね。

名刺が取り出しやすいように大きく開くものがおすすめです。

また、コンパクトで胸ポケットにもすっぽりと収納できるものを選びましょう。

本革のものでも、2,000円ぐらいから購入できますよ。

まとめ

think-about-1184858_1280

ビジネススーツは、リクルートスーツと違って1着1万円~3万円するものがほとんどです。

それだけ品質が良くて長持ちするため、学生時代に購入したリクルートスーツと同じ感覚で購入しない方が良いでしょう。

長く着れるように無難なカラーをチョイスすることをおすすめします

また、せっかく買った高価なスーツですから、日々のケアもきちんと勉強して常に清潔を保つようにしましょうね。

社会人になると、清潔さが一番のファッションポイントとなります、常に会う人に好印象を与えられるような服装を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました