恐怖が倍増する!?肝試しアイディア・脅かし方3選!肝試しはどこでやる?

スポンサーリンク


肝試しを企画して、イベントとして行う場合は、有名どころの心霊スポットではなくても全く問題ありませんよね。廃墟となっている場所や墓地、山道なんかでも十分に盛り上がることができます。なぜなら、脅かす役を用意するからです。


今回は、肝試しをイベントとして行う場合のアイディアをご紹介しようと思います。


スポンサーリンク

肝試しを企画したい!開催場所は?墓地で開催は可能なの?

まず、肝試しに大切なのは場所ですよね。でも、この開催場所はどこでも大丈夫です。夜に数人で歩くだけで怖いものがありますから、どんな場所でも暗い場所であれば雰囲気を出せます


ただ、おすすめなのは学校や廃墟、墓地、霊園、お寺などです。でも、こういった場所は、大勢が集まって騒ぐのを良しとしないことが多いので、私有地となっている山とか雑木林、自然公園などを選んで、所有者に許可を取るのが良いでしょう。


山道で行う場合は、足場が悪く場所をなるだけ避けて、しっかりとロープを張ったりして、参加者が道に迷わないように配慮しましょう。場所によっては許可を取らなくても、行える場合があり、暗くて雰囲気もいいのでおすすめです。


お寺や神社、墓地は最も雰囲気が良い場所ですが、狭い通路が多く、コースを設定しても死角が少ない場合もあり、驚かすことを念頭に置くと、不向きです。


廃墟は死角が多くてベストですが、危険性から許可を取るのが最も難しいので、おすすめできません。また、普通の建物内で行う場合も、階段や段差で転倒や転落する可能性があるので、脅かす場合は十分に注意してください。


「お寺で夜市と肝だめし 2013」 紹介ムービー




怖さ倍増!肝試しのアイディア・脅かし方3選!その1:大きな入れ物を置く


脅かす人や物を用意する場合、もっとも効果的に働く仕掛けです。人が入れそうな大きな物をわざと、ルートの端に置いておくだけです。人が入っていなくても、参加者は誰かが飛び出してくるかもしれないと思い、勝手に怖がってくれます。


置きやすいものは、数個を積み上げた段ボール箱や大型のゴミバケツ、可能ならば、大きめの看板なども良いでしょう。実際に隠れておいて脅かすパターンも織り交ぜれば、ただのオブジェもとても怖く見えます。


ただ、中に入って隠れる場合は、夏場なので、熱中症にならないように十分に注意してください。風通しが良い屏風や看板の裏などに隠れる程度でも良いと思います。また、脅かし役は虫よけグッズを忘れないようにしましょう。


脅かす場合は、一人や二人で隠れてもいてもいいのですが、最初に一人が出て行って、その後に大勢で現れるパターンも怖いですし、面白いと思います。特殊メイクを施せば、よりクオリティが上がりますよ。


怖さ倍増!肝試しのアイディア・脅かし方3選!その2:センサーライト

最近は便利グッズが安価で手に入りますよね。それを利用します。例えば、暗闇で人が通れば、それを感知してセンサーライトが作動し、ライトが点灯するようなものを設置しておき、その真下にオブジェや脅かし役の人を配置するといいでしょう。


暗闇の中で急にライトが点いただけで人は驚くものです。ましてや、そこに怖いものが置いてあればそれだけでみんなびっくりします。ライトに色付きのセロハン紙をかぶせておけば、赤や緑などの雰囲気のある色に光を調節することもできますよ。



他にも、人や音を感知して音が鳴るものを設置するのも良いでしょう。光や音で自動的に参加者を脅かせば、脅かし役が少なくても、十分に多くの仕掛けを設置できます。


玄関,廊下に最適!人感センサー付きLED電球を試す!



怖さ倍増!肝試しのアイディア・脅かし方3選!その3:ルートの細工で驚かす


ルートの作り方でも、肝試しの良し悪しが変わります。まず、ロープやカラーコーンを使うとしても、ルートを作る際には、なるだけ狭い道にすることがポイントです。


複数のポイントで、一人ずつしか通れないような狭い道を作ると効果的です。さらに、雰囲気を作るために、「振り返るな」 とか「助けて」、「危険」、「コロス」などの怖い言葉をペイントしておきましょう。


ルート設定には、死角になるような曲がり角を用意しましょう。
先が見えないだけ、何かが出てきそうだと怖くなるものです。


また、肝試しの目的として、複数のポイントで何か取ってくるようにするのも良いですね。物を取ろうとした際に数回脅かせば効果倍増です。他にも、チェックポイントで参加者で記念写真を撮るのも良いでしょう。終わった後にも心霊写真がないかと考えられるので楽しいと思います。


【最後に】


最近は、肝試しとして、市が企画するイベントやお寺が企画するイベントなどがあります。そういった大きなイベントに参加して、アイディアを参考にするのも良いと思います。


また、無理に人が出て行って脅かさなくても、工夫次第でとっても怖い演出ができるものです。人が脅かして失敗してしらけるよりも、自然物の音や光で脅かす方が怖いものなので、怖い話をした後に肝試しをして、さりげなく話に出て来たアイテムや言葉をルートに散りばめてみてください。きっと十分、怖い肝試しができると思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です