ゴミ屋敷と化してしまった親の部屋・・これって心理的な病気なの?片づけ費用の相場は?

生活の知恵・裏ワザ

以前はそんなことなかったのに、高齢化した親の住む実家がゴミ屋敷と化してしまい、困っている人が意外と多いんです。

なぜそうなってしまうのか、どうしたら改善されるのか、また具体的に片づけを行う場合の費用相場など、ゴミ屋敷に関する情報をいろんな観点からご紹介しましょう。

高齢の親の部屋がゴミ屋敷と化してしまった・・・ゴミ屋敷に住む人の心理とは?

まず、そもそもなぜゴミ屋敷が出来上がってしまうのでしょうか?

もちろん、高齢化した親に限らず、若い人でもだれでも陥る可能性がある問題なんです。

また、ゴミ屋敷になってしまう経緯には、様々な要因が考えられます

当事者になってしまった時には、なにが要因なのか深く分析するようにしましょう。

まず、「もったいない」と考えすぎて、どんなものも捨てられなくなってしまうタイプです。

日本人特有のもったいない精神はとても良いことですが、度が過ぎると壊れたものでも、いずれ修理すれば使えるようになるから、と取っておいてしまい、やがて部屋を占拠してしまいます。

他にも、潔癖症すぎて、ごみや汚れに触れないがために、むしろ掃除ができない場合もあります。

どんな要因であれ、その部屋で暮らしている人は毎日その部屋を眺めているので、物が積み上がっていようが、ぐちゃぐちゃに散らかっていようが気にならなくなります。

見慣れているので、おかしいと感じない場合も多いのです。

また、高齢化してからゴミ屋敷にしてしまう人の場合は、気力や体力の低下が原因である場合も多いです。

また、高齢がゆえに、しょっちゅう買い物に行けないから、ため込んでしまう場合もあります。

さらに、孤独な生活を送っている人も、自分の部屋が散らかっていることに気づきにくく、掃除をしてきれいに保つ必要性がないので掃除も怠るので、ゴミ屋敷にしてしまう可能性があります。

武田邦彦 ゴミ屋敷当事者の心理から考えてみよう

ゴミ屋敷と化してしまう人は病気?治療法はあるの?

ゴミ屋敷にしてしまう人の中には、ただ掃除や片づけが苦手でほったらかしているうちに汚くしてしまう人もいますが、そうではなくて精神的な病気が関係している場合もあります。

例えば、掃除や片づけをしたいと思っても、どうしても集中できない人どこに片づければいいのか分からない人もいます。

こういった問題がある場合は、ADHD(注意欠陥多動性障害)やADD(注意欠陥障害)の可能性があります。

他にも、セルフネグレクトやうつ病、総合失調症、認知症などに陥っており、部屋を清潔に保とうという気力が湧かないでいる可能性もあります。

生活環境が低下しているのに、自分で改善できないことでさらに自分を責める悪循環に陥る可能性もあります。

また、そこまで重い状態になっていなくても、忙しすぎて心に余裕が持てず、散らかったままにしてしまう場合もあります。

多忙すぎて、帰って来てからは疲れて眠るだけ、休みの日も寝不足で、掃除をする気力が湧かないのです。

物が捨てられない人の心理と対象法<ゴミ屋敷に住む人たちの心理とは>

ゴミ屋敷に住み続けるとこんなに危険!

ゴミ屋敷に住み続けると、埃が至る所に溜まってしまいます。

それらの埃はコンセントの間にも入り込みます。

この埃が原因で火災が発生することもあります

物が多いので、火の回りも早く、家が全焼してしまうケースもあります。

さらに、ダニや虫が多く発生します。放っておくと、アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

アレルギーだけじゃなく、気管支炎に陥る人もおり、重症化して喘息になることもあります。

上記でも出てきましたが、忙しさから掃除ができないことに自己嫌悪を抱き、やがて自己評価が下がることで、うつ状態に陥ってしまう人もいます。

また、ゴミ屋敷の度合いにもよりますが、あんまりひどいとご近所や保健所から異臭によるクレームが来るようになって、ご近所トラブルを巻き起こしてしまうこともあります。

ゴミ屋敷と化してしまった親の家を片付けたい!片付け費用の相場は?

ゴミ屋敷の片づけをする場合、ひどい状態や量が多い場合は業者を呼んで、徹底的に片づけた方がいいでしょう。

ただ、その費用は安くはありません。

片付けには、部屋の数とごみの量で左右されますが、数万円から最大で60万円程度と言われています。

費用が大きくなりがちですので、業者と事前にきちんと打ち合わせを行うようにしましょう。

大体、ワンルームマンション程度で5万円から10万円以内、2部屋で10万円から12万円程度、6部屋の場合で25万円以上と言われています。

もちろん、ごみ量も関係しており、1トントラック1台分で10万円から15万円、2トントラック1台分で20万円から30万円程度です。

また、リサイクル品を捨てる場合は、別途料金が発生します

例えば、170リットル以下の冷蔵庫(3672円)やブラウン管テレビ(1836円)などがあります。

片づけをする際は、親や家族の立ち合いが絶対です。

不要品と必要品の仕分けに立合わなくてなりません

業者も後々のトラブルを回避するため、大きなものを扱う場合は特に注意を払います。

また、壁や柱が傷つかないように気を付けてくれますし、大事なものを捨ててしまった時の損害賠償保証を設定している業者もあります。

どのくらいの時間がかかるのかも気になりますよね。

大抵は半日から1日で片づけが完了します

テンポよく片づけてくれるので、業者に頼む方が確実でしょう。

捨てられないを克服するコツ 「物がなかなか捨てられません」 【精神科医・樺沢紫苑】

まとめ

親の家を片付ける場合、親は非協力的で、どれも必要なものと頑なに言い張るかもしれません。

なので、いきなり、全てを片付けずに段階を踏んで、廊下や玄関から始めるのも効果的です。

また、時間をかけて話し合って、親が納得してから片づけるようにしましょう。

どうしても話が進まない場合は、捨てずに別の部屋に移動させることから始めるのもいいでしょう。

一つ一つ、要るか要らないか尋ねて、親の気持ちを尊重して片づけをしましょう。

また、再犯防止のために、原因もきちんと突き止めて解決するように努めましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました