出産後に義母が手伝いにくるといってきかない!どうやって断る?お礼はすべき?

妊娠・出産

赤ちゃんが生まれて嬉しいのは夫婦にとってはもちろんのこと、実の両親や夫の両親にとっても同じですよね。

孫ができたおじいちゃんやおばあちゃんの喜びは見ているだけでも伝わるほどで、それもまた幸せな気持ちになれます。

とはいえ入院中は良かったもののその後義母が手伝いに来ると言われると、幸せだけを感じているわけにはいかず……正直、義母に来られるとストレスになることもありますよね。

今回はそんな手伝いに来てくれる義母の気持ちはありがたいけれどストレスになっているという方に、上手に断って行く方法を考えていきましょう!

出産後に義母が手伝いにくるらしい!正直迷惑・・どうやって断る?

それまでも仲が良かったりお互いの家をこまめに行き来していた場合は気持ち的にもそこまでストレスにはならないかもしれませんが、やっぱりいきなり手伝いたいと言われても困りますよね。

しかしそもそも昔の日本では「女性は夫の家庭に入るもの」として、旦那さんの家族と一緒に暮らすことが多かったんです。

つまり産後身体を休めなければならない時期の赤ちゃんのお世話や家事は義母の役目であり、これを当然と思っている方が多いんですね。

これをありがたいと思っている、迷惑だと思っているなどは人それぞれ、そしてそれまでの付き合いでも変化するので、一概に「ありがた迷惑と思っているママは多い」と言い切ることもできません。

また義母ももちろん嫌がらせで言っているのではなく、「手伝ってあげたい」「孫の顔が見たい」など、サポートを申し出てくれているという前提を忘れてはいけないですよね。

とはいえ産後で精神的にも参りやすい時期に、義母の手伝いでストレスを溜めてしまってももちろん良いことはありません。

断り方として一番てっとり早く分かりやすいのは里帰り出産で、義母の手伝いではなく実家に頼ると最初に宣言してしまうことです。

同じく実母に産後しばらく手伝いに来てもらうことを約束し、それを先に言ってしまえば「自分が嫌がられている」など感じてしまわれることもなく断ることが出来ますね。

またもちろん、実の親・夫の親どちらにも頼らず夫婦2人で協力して産後を乗り切るなど、お互いにそれを希望しているのであればしっかりそれを話したほうが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました