出産後に義母が手伝いにくるといってきかない!どうやって断る?お礼はすべき?

スポンサーリンク
赤ちゃん・こども・育児・学校
スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれて嬉しいのは夫婦にとってはもちろんのこと、実の両親や夫の両親にとっても同じですよね。

孫ができたおじいちゃんやおばあちゃんの喜びは見ているだけでも伝わるほどで、それもまた幸せな気持ちになれます。

とはいえ入院中は良かったもののその後義母が手伝いに来ると言われると、幸せだけを感じているわけにはいかず……正直、義母に来られるとストレスになることもありますよね。

今回はそんな手伝いに来てくれる義母の気持ちはありがたいけれどストレスになっているという方に、上手に断って行く方法を考えていきましょう!

スポンサーリンク

【出産後に義母が手伝いにくるらしい!正直迷惑・・・・どうやって断る?】

それまでも仲が良かったりお互いの家をこまめに行き来していた場合は気持ち的にもそこまでストレスにはならないかもしれませんが、やっぱりいきなり手伝いたいと言われても困りますよね。

しかしそもそも昔の日本では「女性は夫の家庭に入るもの」として、旦那さんの家族と一緒に暮らすことが多かったんです。

つまり産後身体を休めなければならない時期の赤ちゃんのお世話や家事は義母の役目であり、これを当然と思っている方が多いんですね。

これをありがたいと思っている、迷惑だと思っているなどは人それぞれ、そしてそれまでの付き合いでも変化するので、一概に「ありがた迷惑と思っているママは多い」と言い切ることもできません。

また義母ももちろん嫌がらせで言っているのではなく、「手伝ってあげたい」「孫の顔が見たい」など、サポートを申し出てくれているという前提を忘れてはいけないですよね。

とはいえ産後で精神的にも参りやすい時期に、義母の手伝いでストレスを溜めてしまってももちろん良いことはありません。

断り方として一番てっとり早く分かりやすいのは里帰り出産で、義母の手伝いではなく実家に頼ると最初に宣言してしまうことです。

同じく実母に産後しばらく手伝いに来てもらうことを約束し、それを先に言ってしまえば「自分が嫌がられている」など感じてしまわれることもなく断ることが出来ますね。

またもちろん、実の親・夫の親どちらにも頼らず夫婦2人で協力して産後を乗り切るなど、お互いにそれを希望しているのであればしっかりそれを話したほうが良いと思います。

【断りきれず義母が手伝いにくる・・・・ どうやって対処をする?】

里帰り出産などは事前に計画が必要なので、やっぱりどうしても断りきれず義母が手伝いに来ることが決まってしまったということももちろんありえますよね。

実際ははじめてみないと分からないことも多く最初から気にしすぎるのも良くないのですが、確かに義母に手伝ってもらうことによるストレスの可能性ももちろんあります。

しかし最初にお話した通り、義母も嫌がらせやストレスを溜めさせたいから手伝いに来るのではもちろんなく、サポートしたい、手助けしたいという気持ちからなんです。

来てもらうからにはこちらも気持ちを切り替え、その上でまずは感謝の気持ちを持ちましょう。

またどうしても育児方針などが噛み合わない場合は育児の主導権は自分たちであること、最近の育児情報はこうなっているなどと話して理解をしてもらうことも大切です。

更に義母はサポートのつもりで色々アドバイスをしてくれている「先輩」であることも忘れず、頭ごなしに否定するのではなく義母の意見もしっかり受け入れ考えてみましょう。

また手伝いに来てもらったからといって家の全てや育児を任せきりにしてしまうとそれもストレスになってしまう可能性があるので、適度な距離感はやっぱり大切です。

手伝ってもらう範囲は決めておく、手伝いに来てもらう時間をしっかり区切っておくなど事前に相談し、お互いにストレスが無いようにしておきたいですね。

赤ちゃんを預けることに関しては義母と自分自身お互いが納得しているのであれば問題ないと思いますが、こちらもしっかり事前に相談しておくことが大事だと思います!

【義母がいることでストレスがたまる!どうやって対処する?】

義母は同じ家で生活をしていたわけではないので、いきなり一緒に過ごす時間が長くなるとどうしてもストレスが溜まってしまうこともあります。

例えば育児方法の違いや家事を手伝ってもらったことによる家事への干渉(このやり方は違う、など言われる)、また「赤ちゃんの体重が増えないわね」など本人には悪気がない一言で傷ついてしまうことも……。

もちろん他人が家にいることによってリラックスしきれず、身体を休ませることがなかなか出来ないなんて可能性もあります。

 

正月に義実家(旦那実家)に行きたくない!行かないのは非常識?うまい断り方は?

 

同じ家にいる時間が長い以上、こういったストレスは黙っていても解決はせず、また「気づいてもらえる」という過度な期待もしているだけでは何も変わりません。

どうしても無理なことについては話してみる、干渉されない場所(一人部屋など)でちょっとでもリラックスするなど、ストレスを軽減させるというよりは溜めない方法がおすすめです。

【義母に手伝ってもらったらお礼はする?お礼の品は何がいい?】

義母にしばらく手伝ってもらったら、やっぱり気になるのは「どんなお礼を渡したら良いのか」というところですよね。

遠方から来てもらった場合は移動の交通費もかかりますし、もちろん長く来てもらえるだけの準備を整えてもらったというのは大きいです。

実際のところはお礼をしようとしても「いらない」と言われてしまうことも多く、現金で渡す場合も交通費、生活費まではともかく、それ以上は受け取らない方も多いです。

また受け取ったとしても孫名義で貯金している、違うところで返してくる……なんてこともあり、あまり気にせずとも大丈夫です。

感謝の気持ちを伝える方法としてはもちろんお金だけではなく品物もあると受け取ってもらえやすいので、ぜひ以下のおすすめ商品もチェックしてみてくださいね。

◎入浴剤ギフト

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/spalabo/gift_kumanoxyuagari/

たくさん手伝ってもらった義母へ、家に帰ったらゆっくりお風呂で疲れを癒やしてもらえる入浴剤のギフトなどもおすすめです。

お風呂によっては入浴剤を使えない、また入浴剤を使いたくないという方もいらっしゃるので、事前にさりげなく確認しておけると良いですね!

◎コーヒーギフト

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/chashoan/4-801/

こちらもたくさん手伝ってもらったお礼として、ゆっくりコーヒータイムなどを楽しんでくださいという意味もあり、コーヒーギフト、紅茶ギフトなどもおすすめです。

コーヒーや紅茶、その他日本茶など、こちらも事前に義母の好みを把握しておくと、より好みに合わせた嬉しいお礼になると思います!

◎ありがとうフィナンシェ

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/usagido-sweets/arigatofinancier10/

フィナンシェに「ありがとう」とプリントがされたものとなっていて、お菓子なので受け取る側も気軽に、そして気持ちを同時に伝えられる品物です。

お世話になった義母への感謝の気持ちを込めて、ぜひ言葉と一緒にこのフィナンシェも贈ってみましょう!

【まとめ】

義母の手伝いがストレスになるという方は実際に多く、しかしそれまで同じ生活を送っていない人と生活するとなれば産後でなくともこういたストレスは起こり得るんですね。

まずは手伝ってくれるという義母への感謝の気持ちを持ち、その上で今まで違う生活を送っていたのだから生活習慣などに違いがあることを事前に話しておく方法がおすすめです。

黙っていてはやっぱり察してもらうなんてことはなかなかないもの、しっかり相談しあってお互いにできるだけストレスがない、ストレスを解消していけるようにしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました