元ヤンキーだったことを隠しているけどバレてしまった行動4選!

スポンサーリンク
仕事の人間関係・近所の人間関係
スポンサーリンク

彼氏に元ヤンだったとバレて、フラれてしまった…。

職場では真面目に頑張っているのに、元ヤンであることがバレてしまい、「どうせ元ヤンだから…」とレッテルを貼られてしまった…。

などと、元ヤンキーであったことがバレて嫌な思いをした経験はありませんか?

私は元ヤンキーではありませんが、元ヤンキーの友人がいます。

その友人は、元ヤンキーだったが故にこれまでに色々な苦労があったとか。

今回、出来る限り元ヤンキ―であることをバレたくないあなたに、上手く切り抜ける方法を元看護師ライターかなさと元ヤンの友人が伝授します!

スポンサーリンク

隠せてない!元ヤンキーだったでしょ?と言われてしまう行動 その1:目つきが鋭い

たくさんの悪友と共にしていたヤンキー時代。

もちろんケンカの場にいることもあっただろうし、自身がケンカをしたこともあるでしょう。

その時にいわゆる「ガンつける」ことをしていたおかげで、自然に仲間以外のものを睨みつける癖がついてしまい、目つきが鋭くなってしまうのです。

目つきは無意識に表れる仕草なので隠すのが難しく、「もしかして元ヤン?」と思われるダントツの仕草なのだとか。

その目つきの鋭さを隠す方法としては、

1.化粧

アイメイクで印象を変える。マスカラやつけまつげ、柔らかめの色のアイシャドウなどが効果的

2.メガネ

丸みを帯びたフレームを選ぶようにし、フレームの色も優しい色が良いでしょう。

3.カラーコンタクト

黒目の輪郭を大きくするだけで優しい印象になります。

4.目だけで視線を変えない

視線を変える時は、顔を動かしましょう。

という方法があり、これらを実行してみてください。

私の元ヤンキーの友人、丸いフレームのメガネなのですが実は伊達メガネ。

最初は元ヤンキーとは知らなかったのですが、理不尽なことが起こると目つきが鋭くなるので周りは「あれ?」と思っちゃったんですね。(隠せてない…)

う~~ん…。残念…。

隠せてない!元ヤンキーだったでしょ?と言われてしまう行動 その2:ヤンキー語が出てしまう

言葉の癖ってなかなか抜けないですよね。

例えば、普段おしとやかにしているママ友が、子供が騒いで言うことを聞かない時に、「テメェ!こらっ!うるせぇ~んだよっ!」と、大声を出したら…。

周りはフリーズしますよね。

そう、この「テメェ!」「オメェ!」というフレーズ。

間違いなく周りは元ヤンキーだと疑います。

それは、普通に生活している人は使わない言葉だから。

それを隠すには、ヤンキー語を使わないようにすること。(←当たり前)

元ヤンキーの友人曰く、

1.イライラを我慢しない

イライラを我慢して最終的に爆発させるから、つい自制出来なくなり昔使っていたヤンキー語が出るのです。爆発してしまう前に、冷静に対応しましょう。

2.一旦その場を離れる

爆発しそうなときは、一旦その場を離れて缶コーヒーを飲んだり、外の空気を吸うと落ち着きます。

3.イライラしそうな場所へ行かない

子供がまだ小さいうちに他人とお出かけをしたり、気の合わない人と会うのは気も使うしストレスも溜まります。

出来る限り、自分がイライラしそうな原因は作らないようにしましょう。

上記のことに気を付けて、冷静な対応を心がけましょう。

隠せてない!元ヤンキーだったでしょ?と言われてしまう行動 その3:煙草が似合う

元ヤンキーは喫煙歴が長いので、とにかく煙草が似合う!

まだ友人が元ヤンキーだと知らなかった頃、友人はコンビニで買い物を済ませ、「外で待ってるね!」と先にお店を出ました。

会計を待っている間、ふと外の友人をガラス越しに見ると…。サングラスをかけ、煙草を吸う姿が超かっこいい!

これまでの容疑もあり、絶対元ヤンだと確信した私は、「ねえ!やけに煙草が似合っててかっこいいんだけど。」と声をかけてしまいました。

その時一緒にいた他の友人が、「元ヤンだからね~。」と。(やっぱり…)

その元ヤンキーの友人も、「バラさないで~~。」と恥ずかしそうにしていました。

やはり、長年にわたって煙草を吸っているせいか、様になっているんです。

友人によると、煙草を吸う姿を見られると、ほとんどの場合元ヤンキーがバレてしまうとのことで、基本的に人前では煙草は吸わないそうです。

どうやら、私たちには心を許していたので、バレてもいいかなと思ったようで。

吸わないようにすることで、禁煙が出来たらなおいいですね!

隠せてない!元ヤンキーだったでしょ?と言われてしまう行動 その4:根性がある

ヤンキーは若い頃から色々な困難に直面しています。

一見楽しんでいるだけに見えますが、理不尽な扱いをうけたり、意外に上下関係が厳しかったりなど、ヤンキーになったからこそ直面する試練があります。

そのような試練に立ち向かってきたヤンキーには根性があります。

実際私の友人も、変なママ友に目を付けられてしまい、いじめを受けてしまったことがありました。

その時の友人は、とても悩み憔悴していたのですが、「娘を第一に考えて応援する。」ことだけを信念に持ち、いじめに立ち向かっていったのです。

すると、周りも誰が正しいのかが分かり、結果、友人をいじめていたママ友が誰にも見向きされなくなりました。

もしも私が、そのママ友に目を付けられてしまったら、こんなにも強く対応することが出来たでしょうか?きっと出来なかっただろうと思います。

友人は、「元ヤンはね、メンタルだけは最強だから。」と笑って話していました。

「その気の強さで元ヤンキーがバレちゃうんだけどね。」とも。

それを隠すには、友人曰く、キッパリと否定したらいいそうです。

気の強い女性なんてたくさんいます。

だから、その気の強さで元ヤンキーを疑われても、「違う」と言い切ってもいいそうですよ。

まとめ

世の中には、今は真面目にしていても「元ヤンキー」と言うだけで嫌がる人がいます

元ヤンキーというだけで変な目で見られたり、身に覚えのないことでトラブルに巻き込まれたりする可能性もあるために、出来るなら隠したいのが本音ですよね。

元ヤンキーと見抜かれてしまう行動として、
1.目つきが鋭い
2.ヤンキー語が出てしまう
3.煙草が似合う
4.根性がある

などがあり、それらを隠すためには
1.化粧やメガネ、カラーコンタクトで目つきを隠す
2.イライラする原因を作らない
3.人前では煙草を吸わない
4.キッパリ(元ヤンを)と否定する。

などの行動をとりましょう。

過去のことは消すことは出来ません。

でも、今の行動が正しければ、きっと周りは認めてくれますよ。

実際私は、元ヤンキーの友人が大好きですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました