高岡御車山祭2019みどころ完全ガイド!交通規制は?御車山の時間は?

5月のお祭り

たくさんのイベントが各地で行われるゴールデンウィーク、そんなゴールデンウィークの行事の一つに高山で開催される「高岡御車山祭」があります。

高岡御車山祭は高岡市にある「高岡関野神社」の春季例祭であり、富山県で最も古く歴史のある曳山祭りでもあるんです。

御車山はみくるまやまと呼び7基の山車が高岡の旧市街を巡行する伝統あるお祭りで、毎年5月に開催されています。

そんな高岡御車山祭とはどんなお祭りなのか、どのようなスケジュールで予定されているのかを、ぜひ今のうちにチェックしておきましょう!

富山県の5月といえば「高岡御車山祭」!どんなお祭り?

高岡御車山祭は富山県の5月のお祭りとして有名ですが、まずはどのような雰囲気のお祭りなのかを動画でチェックしてみましょう。

高岡御車山祭

高岡御車山祭

高岡御車山祭は毎年富山県で5月1日に行われる伝統行事で、お祭りの名前にもなっている「高岡御車山」には由来があります。

1588年に豊臣秀吉が後陽成天皇を迎え入れる際に使用した御所車を前田利家公が拝領し、高岡城を築くために町民に与えられたのが始まりなんですね。

御車山は御所車に鉾を立てて作られたもので、高岡の金工や漆工、染織などの工業技術が凝縮された華やかな山車となっています。

地元の方にとっても高岡町民の心意気と財力によって支えられ作られた御車山への思いは強く、高岡御車山祭はとても大切な行事なんですね。

高岡御車山祭は5月1日が本番ですが、前日4月30日の夕方18時半よりライトアップ展示がはじまります。

5月1日は11時から18時まで市内曳き廻しが行われますので、どちらもしっかりチェックしておきましょう!

市内の曳き廻しが長時間ありますのでもちろんですが交通規制が市内に敷かれ、車での移動にはかなりの注意が必要となります。

市内もかなりの混雑が予想されますので、高岡御車山祭へ行く際はできるだけ公共交通機関を利用し、余裕を持ったスケジュールを考えておきましょう!

国の重要有形民俗文化財の御車山とは?

高岡御車山祭の御車山行事は全国的に有名な京都の祇園祭の山鉾行事などと同じ、国の重要有形民俗文化財・無形民俗文化財の両方に指定されています。

高岡「御車山祭」(富山県高岡市)H29.5.1

高岡「御車山祭」(富山県高岡市)H29.5.1

こちらの動画がかなり近くで見ることが出来るのですが、細やかで華やかな装飾が施された山車、本当にすごいですよね。

高岡御車山は高さが8.4メートルから9メートル、長さが2.29メートルから2.85メートルという大きなもので、御所車に心柱を立てて竹籠をつけ、三色の和紙で作られた菊の花を5つつけた割竹を放射状に広げた花傘が特徴です。

この特徴から別名を「花山車」とも呼ばれていて、京都の祇園祭の山鉾が由来と言われていますが、正確なルーツは分かりません。

高岡御車山のように重要有形民俗文化財・無形民俗文化財どちらも指定されているものは全国でも5件しかなく、高岡御車山祭が長い歴史と文化を守り続けていることも分かりますね!

事故に合わずに安全に御車山を観覧するには?マナーは?

高岡御車山祭へ行くなら絶対に御車山は見たいところですが、同時に安全に注意を払う必要もありますよね。

今年のルートについては変更の可能性もあるかもしれませんが、基本的なルート、そして交通規制については高岡御車山保存会のサイトで確認することが出来ます。

高岡御車山保存会サイト:

高岡御車山保存会
重要有形・無形民俗文化財

何よりもまず最初にこの順路とおおよその時間を把握し、その上で自分のスケジュールに合わせた安全に見ることが出来る場所を探しましょう。

下のリンクより確認できますので、当日確認しながらチェックするのもありだと思います!

→ リンク:高岡御車山祭に伴う奉曳順路・交通規制図(平成30年度)

有料観覧席などについては情報がありませんでしたが、同じくサイトをこまめにチェックし、あった場合はぜひ考えてみてくださいね。

また当然ですが、曳き廻しを見る際には警備をしている方の言うことを守ること、迂闊に近づきすぎないことなどのマナーを守る必要もあります。

もうちょっとくらい、自分くらいという油断がそれこそお祭りの存亡に関わってしまいかねませんので、マナーは必ず守り、安全なところから見るようにしておきましょう!

高岡御車山祭り その他みどころ3選!

高岡御車山祭はやっぱり御車山に目が行ってしまいますが、その他もたくさん見どころがあります。

高岡御車山祭の見どころについてもいくつか紹介していきますので、ぜひお見逃しがないようチェックしておいてくださいね。

見どころ1:からくり人形

高岡御車山にはもちろんからくり人形もあり、このような細かい演出も見どころです!

高岡御車山祭 通町のからくり人形(その1)

高岡御車山祭 通町のからくり人形(その1)

天気が悪いと少し見えにくいこともありますが、ぜひ良い場所を見つけてからくり人形もチェックしてみてくださいね!

見どころ2:ライトアップ

最初に少しお伝えしましたが、高岡御車山祭は前日に「宵祭」が開催され、ライトアップされた山車の一部を見ることが出来ます。

高岡御車山祭り 宵祭 ライトアップ 2016 4.30

高岡御車山祭り 宵祭 ライトアップ 2016 4.30

動いているわけではありませんがライトアップされた山車はまた違った魅力があり、高岡の街もお祭りに向けて雰囲気が盛り上がっていきます。

前日から高岡へ行ける方はぜひ宵祭から、ライトアップの幻想的な雰囲気も楽しみましょう!

見どころ3:お囃子

御車山の華やかさ、豪華さはもちろん魅力ですが、同時に堪能できるお囃子もぜひじっくり聞いていただきたい魅力があります!

高岡御車山祭(みくるまやままつり)2016

高岡御車山祭(みくるまやままつり)2016

山車の進行とともに優雅に鳴り響くお囃子は山車の到来を告げ、また聞いているだけでもお祭りの雰囲気を盛り上げてくれるものです。

目から得る情報はもちろんですが、お祭りならではの聞く楽しさも、ぜひじっくり堪能してみてはいかがでしょうか。

まとめ

高岡御車山祭は全国でも有数の伝統あるお祭りで、最初から最後までじっくり見ていたい魅力に満ちています。

華やかで豪華な山車、お祭りを盛り上げるお囃子など、高岡の春のお祭りとして毎年の人気もうなずけますね。

ぜひ今年のゴールデンウィークの行き先のひとつとして、高岡御車山祭を考えてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました