春から子供が幼稚園に!保護者会の内容は?服装やマナーは?

いよいよ春から子どもが幼稚園に入ることになり、準備も進めている……楽しみでもありつつ、これから忙しい時期になりますよね。


もちろん幼稚園に入ってからのこともいろいろと考えるのですが……気がかりなものとして「保護者会」があるという方も多いと思います。


保護者会もしくは父母会など園によって呼び方は違う場合もあるものの、そもそもどんな仕事があるのか、役員に当たったらどうすればいいのかなど、どうしても心配ですよね。


はじめて子どもが幼稚園に行くことになって保護者会が心配な方に、具体的な内容などをまとめてお伝えしていきたいと思います!


スポンサーリンク

【春から子供が幼稚園!保護者会は何をする目的の集まり?】



保護者会とは名前の通り幼稚園に預けている両親、保護者が集まって活動する集団で、基本的には幼稚園の先生は関与しません。


ですから幼稚園の先生は参加しないことがほとんどですし、幼稚園も会議の場などを提供することはあってもそれ以上の関わりは基本的にありません。

保護者会費なども書類を配るために園を通すことはありますが主催は保護者であり、活動内容は幼稚園や規模によってもかなり違うものになります。


もちろん幼稚園と保護者会が連携しておこなう合同レクリエーションなどもありますので、そういった場合は幼稚園の先生も関わります。


保護者会の目的としては幼稚園の子どもたちが過ごしやすい環境を作るための幼稚園との協力・連携、そして保護者同士の懇親を深めるというものです。

同じ幼稚園に通っているだけでは「保護者についてほとんど分からない」ということもありますので、保護者同士も懇親を深め連携を取りやすくする……こう聞くと、保護者会も大切だと思えますね!


保護者会の活動は園や保護者会によってかなり違い、頻度は「このくらい」と言い切ることは出来ません。

幼稚園の規模や方針によっては保護者会の活動が活発で、ほぼ毎週何かしらの活動があるという園もあるそうです。


近頃は「役員をしたくないから保護者会に入らない」と言う保護者も見かけるのですが、基本的に保護者会には参加しておくことをおすすめします。


目的である保護者と幼稚園の連携、保護者同士の連携は子どもの生活のためにもあったほうが良いのは間違いなく、また保護者会主催のイベントなどに子どもが参加できないなどの不利益も考えられます。


子どもからしてみれば「みんなが楽しんでいるイベントに自分だけ参加できない」「みんながもらっているものを自分だけもらえない」なんて思いをさせることになり、これは親としても嫌ですよね。




【幼稚園保護者会役員の仕事は結構大変!役員の仕事内容は?】



幼稚園の保護者会はやはり集団ですから役員、つまりリーダー的な存在を決める必要があり、会長1名、副会長が2~5名(園の規模によります)、会計と書記が1名ずつ決められることが多いです。


これに事務員などが加わることもありますが、役員の規模も園や園の規模によってかなり違いますので詳細は問い合わせてみたほうが良いですね。


役員は立候補で決まることもありますが基本的にはくじ引きや推薦などで決める事が多く、私が関わった保護者会も一覧から推薦者を決める方法で役員を決めていました。


役員になると特に会長は「保護者会代表」としてイベント時に挨拶することなどがあり、仕事量もかなり多くなります。

また副会長以下の役員も行事になるとやっぱりお手伝い、場合によっては挨拶などもする必要があります。


特に会計となると保護者会費の管理がありますので責任は重く、しっかりこなしていく必要が出てきますね。


これだけ聞くと本当に大変な役員ですが基本的に報酬などはなく、それでいて土日の行事への出動や平日の会議など、生活面でもかなり関わってくることになります。


これだけの仕事がある役員ですからどうしてもやりたくない、断りたい、またシングルマザーで大変だからやれないなどの問題も出てきます。

しかし誰かがやらないと保護者会が立ち行かなくなり、またそれぞれ小さい子どもを抱えて大変な事情は同じですので、基本的に断ることは出来ないと思っておいたほうが良いですね。


どうしても無理な理由がある、仕事の都合上絶対に仕事がこなせないなどがある場合は役員の話しが来た段階でしっかり相談し、その上で考慮してもらう、変わってもらうなどを考えましょう。

「めんどくさいからしたくない」はほぼ通りませんが、どうしても無理な場合は役割と多少変更してもらうなど対応も出来ますので、黙っているのではなく相談してくださいね。


【幼稚園の保護者会会長に選ばれた!挨拶のポイントは?】



出来れば当たりたくないと思っていた保護者会の役員、更には会長に選ばれたとなるとこれから挨拶も増え、本当に頭を抱えることになってしまいますよね。


とはいえ最初の挨拶の場合は堅苦しく考えず、自己紹介も兼ねてきちんと話せれば問題ないと思います。


例えば


「○○組で子どもがお世話になっております、○○と申します。
会長ははじめての経験でありご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、皆さんと協力しあい、また相談させていただきながら楽しく進められればと思っております。
一年間精一杯会長を務めさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します」


これだけでも十分です。

また昨年からの引き継ぎで過去の挨拶などが残っている場合もありますので、もしあれば今後の乾杯挨拶なども積極的に使わせてもらいましょう!


一年が終わり最後の挨拶となった場合も堅苦しく考えず、次の例文などを参考に自分らしく話せば問題ないと思います。


「○○と申します。
一年間会長としてお仕事をさせていただき、分からないことばかりで助けていただきながら、何とか進められてきました。
この一年間会長としての仕事はとても良い勉強になり、また楽しい日々を過ごすことが出来ました。
会長としての役目は終わりましたが、今後も皆さんと協力しあい、一保護者として園の行事などにも参加していければと思います。
一年間ありがとうございました」


このような挨拶で問題ありません。


「保護者会会長挨拶」と聞くとどうしても堅苦しい印象を受けてしまいますが、同じ年代を持つ親という共通点は何も変わりません。

生真面目な堅苦しい挨拶よりも親しみのある挨拶のほうがお互いにとっても無理がなく、安心出来ると思いますよ!


【幼稚園保護者会の服装・髪型のマナーは?】



はじめての保護者会となると、どうしても気になるのが服装や髪型のマナーですよね。

明らかに浮いた格好はしていきたくありませんが、事前にどんな服装で行けば良いのかなんて情報はほとんどありません。


はじめての保護者会の場合、おすすめは「ラフすぎない、それでいてカジュアルなコーデ」になります。


パンツスタイルもきれいなシャツやニットと合わせれば上品な印象を作ることが出来ますし、ベーシックな色を選べば目立つことも避けられます。



また働いている場合はそのままのオフィススタイルが園で浮くことはまずありませんので、そのまま安心して向かっても大丈夫です。


服装はもちろん髪型、化粧、ネイル全てに言えることですが、基本的には「清潔感のある、派手すぎない格好」がおすすめです。

子どもが主体の園で親のほうが目立つ、親らしくない派手な髪型や化粧をしている、ネイルが目立つというのはどうしても目に付きますし、印象も悪くなりがちです。


逆に言うとこの基本をしっかり押さえておく、保育参観中などは帽子をかぶらないなど常識の範囲を守っていれば、特に問題はないと思います!


【まとめ】

今回おおまかな保護者会についてお話してきましたが、やっぱり最終的には幼稚園次第になりますし、服装の常識もあるいは違うところもあるかもしれません。


出来れば近くのママ友に聞く、どうしても分からない場合は事前に先生に相談するなど、分からないことは素直に聞いておいたほうが大きな失敗もなく過ごせます。

最終的に大切なのは率直に聞く気持ちや相談することだと思いますので、分からないことがあれば周りにまず相談し、出来るだけ情報を集めておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です