新人看護師時代にしておけばよかった!後悔したこと4選!


4月になり、いよいよ看護師として歩み出した皆さん。
期待や不安を抱きながら毎日を過ごしていることと思います。


でも、一人前の看護師として認められたいけれど、何をどう頑張ればいいのか分からない…。と悩んではいませんか?私も新人時代はそうでした。


今思うと、頑張りたい気持ちだけが空回りして、効率の悪い毎日を過ごしていたなと反省するばかりです。そして長年看護師として勤めてきて、新人時代だからこそ許されることが多かったということを、今さらながら痛感しています。


そこで今回、私自身の経験や多くの新人を見てきた中で学んだ、
『新人看護師時代にやっておくべきこと』について、元看護師かなさが厳選してお伝えします!


スポンサーリンク

新人看護師時代にやっておけばよかった後悔!その1:病院の内部を把握する


まず、1年間で『どれだけ動ける看護師になれるか』が重要です。
そのためにも、病院や病棟のことを把握するように努力しましょう。


その内容として、

・患者さんのケアに必要な物品はどこにあるか
・病棟の見取り図と特徴
・病棟の一日のタイムスケジュール
・優先される処置はなにか
・救急カートの物品の把握
・検査室や手術室など、関係する他部門の場所
・病棟に関わる医師の一週間のタイムスケジュール
(外来日、手術日、カンファレンスの時間など)

このような物理的なことを把握することにより、仕事での動き方が格段によくなります


大きめの総合病院に入職すると、建物全体が迷路のようで覚えるのも大変ですよね。
私も新人時代に病理検査室に行くつもりがなかなか辿りつけず、病院内を迷子になりかけた経験があります。


自分自身が働きやすい環境を整えるための行動ですので、
メモを取りながら確実に覚えていきましょう



新人看護師時代にやっておけばよかった後悔!その2:学べるケアは積極的に!


その病棟で学べることは、積極的に学びましょう


例えば、

・人工呼吸器(レスピレーター)の仕組みや患者のケア
・輸液ポンプの操作法
・12誘導心電図のとり方
・採血、点滴ルート確保
・急変対応
・入浴介助
・エンゼルケア

などになります。


難しく緊張する処置も多くありますが、経験しなければ上達しません


ひとつひとつ経験を重ねておかないと、2年目になったとき、「まだ経験していなかったの?」と言われてしまいます。


そして、一度だけではなく何度も繰り返し経験し、習得していくようにしましょう

新人看護師時代にやっておけばよかった後悔!その3:疑問を素直に聞くこと


わからないことを素直に「教えてください」と言えるのは新人時代の特権です。


2年目、3年目になって「今さら聞けない…。」と、疑問を解決できずにいるのにわかったふりをして業務をしている看護師を時々見かけます。


その「わかったふり」は、時間が経てばたつほど自分自身を苦しめ、最終的に患者さんに迷惑をかけてしまいます。あなたの「わかったふり」を先輩看護師は見抜いていますよ。


教科書にもSNSにものっていない、その現場でしか解決できない疑問というものはたくさんあるのです。
聞くことは恥ずかしいことではありません


逆に素直に質問してくれる新人に対して、先輩は気持ちよく教えてあげようと思うものです。
新人の特権を活かして、その都度疑問は解決していきましょう

新人看護師時代にやっておけばよかった後悔!その4:病棟の飲み会に参加


なぜ飲み会?って思いますよね?


私も当時は、覚えることも勉強することも多くて時間ないし、仕事でもプライベートでも一緒だなんて考えられない…。と思っており、病棟の飲み会に誘われてもほとんど参加しませんでした。


そんな私とは逆に、一緒に入職した同期は毎回のように参加していました。
毎日勉強していた成果もあって、看護技術や知識の面では同期と比べて私のほうがリードしていました。


でも気が付くと、いつも同期の子は周りにフォローしてもらっているんですね。
逆に私の周りにはフォローしてくれる人がいない。


そう、飲み会を通してコミュニケーションを図っていた同期は、先輩看護師や医師とも仲良くなり、
協力者が多い環境を自然に作っていたんです


私もそれに気が付いてからは、今までの自分を反省し、事あるごとに病棟の飲み会に参加するようになりました。



最初の頃は「あら、かなささんも参加?珍しいわね。」と言われていましたが、そのうち「かなささん、もちろん行くわよね?」と誘われるように。


そうしているうちに先輩との仲も深まり、仕事でも「手伝うことある?」と声をかけられるようになり、かなり職場環境も良くなりました


飲み会で、自分の『味方になる人』をたくさん作ることも大切ですよ


【まとめ】


とにかく覚えることが多くて忙しい新人看護師時代


出来なくて当然なのに先輩看護師に認められたくて、「何か質問は?」と聞かれても「大丈夫です!」と答えていた私。


そのため、2年目になり後輩ができた時に、疑問をぶつけられても答えられないことも多々ありました。(できる後輩だったんです…。)


そのときに、新人と言われるうちに素直にいろんなことを聞けばよかったな…。と反省しました。
皆さんはどうですか?素直に行動できていますか?


これまでに述べたことは、2年目、3年目でも決して遅くはありません
自分にも周りにも素直になり、楽しく仕事ができるように環境を整えていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です