看護師の人間関係は大変!いじめを受けたらどうする?正しい行動とは?


看護師は病院や施設、クリニック等で患者さんや入所者さんの為に一生懸命に働いており、尊敬される職業で人気もあります。「白衣の天使」と言われるだけあって優しいイメージがあるでしょうか?


しかし、看護師の職場は女性社会である為、人間関係は難しく気を使います。特にまだ看護師になりたての新人さんは仕事に慣れるのもやっと、人間関係までどう対応していいか分からないと思います。


できれば穏やかに日々の業務を全うしたいというのは新人看護師だけでなく、全ての看護師が思うことです。でも、看護師が働く現場で「いじめ」が横行しているのをご存じですか?


看護師は9割が女性という特殊な職場環境で働いています。
女性が多い環境の中で起こるいじめは陰湿なケースが多いのも特徴
本当に些細なことでいやがらせされたり、無視されたり陰口を言われたりということもあります。
中には実際にいやな思いをしている人もいるでしょう。


そこで今回は看護師の人間関係について、実際にいじめられた経験のある元看護師の私がいじめを受け学んだこといじめを受けたらどう対応するべきか実体験から導きだした方法を伝授します


スポンサーリンク

看護師の世界の実態・・いじめが多いって噂は本当?


本当に悲しいことですが看護師の世界は女性が多いため、男性の目を気にすることなくいじめに発展しやすいのも事実です。実際に私も体験しましたし、この記事を見ている人の多くも同様の体験をしている人が多いのではないかと思います。


実際、5人に1人の看護師が人間関係を理由に退職するほど。その実態としては、先輩看護師が新人看護師を「指導」と称していじめを行うことが多いと言われています。


いじめている側の先輩看護師にも初々しい新人の時代はあったはず。
なのになぜ、このようないじめは無くならないのでしょうか?


看護学校時代の友人と集まるとどの職場でも派閥やいじめ等が蔓延しているようで、同期が集まると、いじめや人間関係の話題はつきませんでした。


私が勤務していた病棟では意地悪なボス看護師が一人居て、そのとりまきがグループを作っていました。グループ内で仕事を助けあったり、盛り上がって話をしていたりするまではいいんですが、一人ターゲット(特に新人さん)を見つけると徹底的にいじめぬいて辞めさせていました


私がいじめを受けていた病棟では、ボス看護師とその周りのとりまきも本当に性格の悪い人達が集まっていました。



どんないじめが多いの?いじめのきっかけは?


きっかけは本当に些細なことです。たとえば、仕事が遅いから、質問してくるから等の新人いびりもあれば、きれいだから、結婚したから、妊娠したからといった妬むものもあります。
看護師は陰湿ないじめをします。


私が体験したいじめや、知っているひどいいじめの実態をいくつか紹介します。


・質問しても無視する。聞こえないふりをして他の人を談笑。
・協力を要請しても来ない。エンゼルケアを一人でさせされる。
・ナースシューズを捨てられたり隠される。探すと見つかるようにごみ箱から発見。
・みんなで注文した昼食が自分の分だけキャンセルされている。
・夜勤の際に自分だけ仮眠取れない。ナースコール対応は一人。
・挨拶をしても無視される。
・業務を指導、フォローしてもらえない。
・患者や他のスタッフがいる前で、ミスを罵倒される。
・処置の多い患者、手のかかる患者ばかりを担当させられる。
・誰もいないところで言葉の暴力を浴びる。
・他のスタッフに陰口や根も葉もない噂を流される。
・私物を隠されたり捨てられたりする。

などで、全て陰湿ないじめですよね!


では反対に、いじめる側の心理としてはどのようなものがあるのでしょうか?


・新人指導をしていても、反応が薄い。(理解しているのかどうかわからない)
・何度指導しても同じミスを繰り返す。
・礼儀がない。あいさつができない。
・医師や男性スタッフと仲が良い、ちやほやされている。

などがあります。


どんなきっかけがあるにせよ、いじめをすることはいけないことです。
しかし指導からエスカレートしていじめになるケースが多いために、相手が傷ついていることに気が付かないこともあるのです。


いじめを受けてうつ病になってしまった、退職をしてしまった、という人は多いの?


はい!私です。いじめを機に仕事を辞めてしまいました。
ストレスのあまりに食事は摂れなくなり、10㎏以上体重が落ち、生理も止まってしまいました。また不眠状態となり、安定剤がないと入眠出来ない状態に・・・。


心療内科に行きましたが、ストレス障害と言われ、私の場合はうつ病とは診断はされませんでした。
しかし、心療内科にはうつ病の看護師で受診している人が数人いると主治医より聞きました。

いじめをうけやめた後どうなった?

私の同期も半分以上はいじめを理由に退職してしまいました。
中にはうつ病になり、入院する子もいました。


一番仲の良かった私の友人も人間関係が原因でうつ病になってしまい、長期休暇をもらっていました。しかし長期休暇を取ったことでさらに復職しづらくなり、そのまま退職してしまいました


その友人は現在転職し、病棟勤務ではなく保健師として働いています。新しい環境の中でいじめなどの問題もなく、仕事にやりがいを感じながら生き生きと仕事をしています


仕事を辞めた後はみんな気が晴れたように元気になり幸せな生活を送っています。私も、そんなひどい職場を辞めたことで、次にいい職場やいい出会いに恵まれ、悔いのない看護師生活を送ることができましたよ!!


いじめを受けた!いじめを受けている同僚を見かけた場合の正しい行動とは?


いじめを受けると精神的においつめられ、余計に仕事の効率が悪くなります。
決して泣き寝入りしてはだめです。


もしあなたが、いじめを受けてしまったら…。
その時は自分だけで解決しようとせず、誰かに相談することが大切です。

1. 上司に相談する。

まず、いじめを受けていることを上司である病棟の師長に相談しましょう。病棟師長の仕事のひとつとして、病棟スタッフの業務が円滑に行われるように職場環境を整えるということがあります。


しかし、時に師長としての技量がなくその問題を取りあってくれない場合もあります。そんなときは、すぐに看護部長に相談しましょう。病棟師長への指導を行うと共に、病棟異動を考慮してくれるかもしれません。


きちんと誰からどのようないじめをされ、いつから悩んでいるのかを伝える必要があります。
分かってもらうだけでも気持ちは救われます。


でも出来れば本人にそれとなく注意してくれると嬉しいですよね。
他の被害者を増やすことを防ぐことにもなります。
いじめられていることを相談し、その人の評価が下がることが仕返しになるのだと思います。

2. リエゾンナースに相談する。

あなたの病院には「リエゾンナース」と呼ばれる方はいますか?
もしいるのなら、その方に相談するのも良い方法のひとつです。


リエゾンナースは精神看護の専門家であり、重要な役割のひとつに『看護師の相談にのること』があります。問題に対して客観的な立場からメンタルサポートをしてくれます。


直接病棟師長や看護部長に相談しにくいときは、
リエゾンナースに相談して、悩みを伝えてもらいましょう

3. 看護師転職サイトに相談する。

職場内で誰に相談しても改善されない場合や、相談できる環境にない場合は、看護師転職サイトに登録して相談するのも良いでしょう。


多くの看護師が人間関係を理由に退職・転職しています。
転職サイトのコーディネーターはこのような相談に対応するプロです
相談にのるだけではなく、人間関係が良好な職場を紹介してくれるので、ぜひ活用してみましょう。

4. 退職をして自分を癒やしてあげる。

いじめに立ち向かうこともいいと思いますが、違う道もオススメします。
それは退職することです。


逃げてもいいではないでしょうか。
つらい場所からは少し離れて自分を見つめ直したり、自分を癒やし、労わってあげてほしいです。


無理をしていじめに耐えることよりも大事なのはあなたが幸せでいること
家族や友達はいつもあなたを心から心配し、幸せと健康を願っていますよ!


[star5][star5][star5]

もし、いじめられているのがあなたではなく同僚であった場合も、まず相談にのりこれまでに述べたようなアドバイスをすると良いでしょう。


いじめをしている人たちは、いじめという行為でストレスを発散しています。しかし、いじめられている側が行動を起こすことで、「自分の評判が悪くなるのではないか?」「何か処分が下るのではないか?」とビクビクしているはず。


泣き寝入りをせずに、ぜひ行動しましょう!


【まとめ】


看護師が働く現場は少しのミスが患者さんの命に関わることもあり、非常にストレスの多い環境となっています。そのため人間関係もギスギスしやすく、時にいじめに発展してしまうのです。


もしもあなたが、意地悪をされているように感じたなら…。いじめられている同僚を見かけたなら…。その時は一人で悩まずに相談する相談を受けることです。


人は誰かに悩みを打ち明けることで、自分の置かれている状況を客観的に見ることができ、解決の糸口を探し出します


そして、思い切って転職することも視野に入れて行動することも大切です。転職は逃げることではありません。いじめを受けている状況下では、あなたの良さを最大限に発揮することは出来ません。


今の職場にこだわらなくても、あなたが活躍できる場はたくさんありますよ!
勇気を出して、一歩踏み出しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です