小学生【低学年】の友達同士のトラブル事例4選!親としての対処法は?

スポンサーリンク


子どもが小学校にあがると、
普段の学校生活の状況を知る機会が極端に少なくなりますね。


毎日、学校ではどんなことが起き、どのように過ごしているのか?
トラブルがあったときは、先生が介在して解決してくれているのか?
友達同士で解決できているのか?


低学年のうちは「今日はねぇ~。……があったんだよ!」と、
教えてくれる子も多いでしょう。
でも、お母さんに聞かせたくない様なことも起こっているかも知れませんよ!?


小学校生活において、発生しやすいトラブルを紹介しながら、
親として、大人としてどう関わっていくことが良いのか考えていきましょう!!


スポンサーリンク

小学生低学年の友達同士のトラブル事例 その1:下校時の仲間はずれ?


授業時間が短く帰宅時間の早い低学年の下校途中に起こりやすいトラブルです。


友達と数人で帰ってくる時に、本人も判らないような些細なきっかけで、
“○○ちゃんと一緒に帰りたくない”
などとひとりが言い出して、仲間はずれにされるケースがあるようです。


自分の考えをうまく主張することが苦手な低学年のうちは、
自己主張の強い子に引っ張られやすい時期でもあるので、
一緒にいるほかの子たちも同じように思っているわけではありません!


それでも、仲間はずれはどんな場合であれ、辛く嫌なことですよね。
「仲間はずれは、良くないね!」
と言ってくれる友達がいてくれたらいいのですが…。



子どもが辛く悲しい思いをしているなら、
先生にも相談して“悪質なイジメ”に繋がらないように、
配慮してもらう
ことも大切です!


ちなみに、私のムスメも低学年で仲間はずれトラブルがあったのですが、
ムスメ自身が「○○ちゃんと一緒じゃない方が楽しい!」と言って、
多少遠回りでも別の友達と楽しく帰ってきていましたね。
ある意味、うちの子自身も自己主張が強かったんだと思いますね。www



小学生低学年の友達同士のトラブル事例 その2:モノの貸し借り・交換


本やゲームソフトの貸し借りで、“借りた子がなかなか返してくれない。”
“借りたモノを無くしちゃった”
などがトラブルの原因になっているのですが、
こういった事は、年齢に関係なくありがちなことです。


これは、借りたモノは必ず返す!当たり前のことを理解させれば済むこと!


特に、女の子によくある光景として、
お気に入りの小物などを友達と見せ合うことがありますよね。
その中で、「どれか一つ交換しよう!」ということになります。
子どもにとっては“楽しい交換会”でも、みんなが楽しいとは限りません!


欲しくもないものを押しつけられて、自分のお気に入りを持って行かれたら…。
「○○ちゃんに取られた!」と感じないとも言えませんよね。
また、子ども同士が良くても、交換したモノに価格差があったりすれば…ねぇ。
親のほうが、
「なんでこんなモノと? (#`皿´)」な~んてことも起きちゃいますね。


自分のモノはもちろん、人のモノも大切に扱うことをキチンと教え、
簡単にあげたり貰ったりもしないように言って聞かせてあげてくださいね。


小学生低学年の友達同士のトラブル事例 その3:意見の食い違い?


それまで育ってきた環境が違うわけですから、
物事に対する意見の持ちようも子どもなりの理屈があるのです。


大人なら、子どもの意見が“ちょっと間違っているな?”と感じていても、
“そうなの?”とまずは子どもの言い分を聞く耳を持ってあげられますが、
子ども同士だと、まだ相手の気持ちを慮る力を持ち合わせてはいません!


時には、友達からド直球で「○○ちゃんは間違ってる!」と否定されることも…。
子どもは言われた言葉を額面とおりに受け取りますから、
“嫌なことを言われた!“とショックを受けてしまいますね。


お互いの意見に折り合いをつけられるほどには、
まだまだ成長していないのですから、いきさつや内容をよく聞いてあげましょう。


「○○ちゃんは、こう言いたかったんじゃないかな?」
フォローしてあげてください

これは成長過程ではよくあることなのです。


小学生低学年の友達同士のトラブル事例 その4:悪ふざけがエスカレート!


男の子に多いトラブルは、
悪ふざけがエスカレートしてしまって本気のケンカに発展しちゃたりする事ですね。


最初から悪意のないものでも、
うっかり当たってしまったパンチやキックで痛い目にあったり、
怪我しちゃったり…。


こうなると納め時が難しいですが、すぐ叱るようなことはしないでください
子どもなりの言い分があるものです。


故意によるものだったのか?” “うっかりだったのか?
当事者の子どもからも、周囲で見ていた子どもからも、
よく話を聞いてみなければいけませんね。


程度の具合など、理屈で教えても判らないルールやマナーと言ったことは、
子どもは遊びを通して学んでいくものです。
直面した場面ごとに、状況を判断して根気よく説明してあげましょう


【最後に/まとめ】


いかがでしたか?
学校生活という集団生活において、
些細なことがきっかけで起こるトラブルというのは尽きることがありません!


トラブルの解決を子ども任せにするのか?
親が積極的に関わって解決するべきなのか?
学校の先生に相談して解決してもらうべきものなのか?
その場面ごとに、見極めることがとても大切だと考えます。


ただ、低学年のうちに、
“互いの考え方や自分と違う点”を理解できる力を養うことができれば、
“イジメ問題”を引き起こすような子にならないと思いたいですし、
こういったトラブルに巻き込まれることのないようにと願いたいですね。 (^_^)V

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です