うざい同僚看護師がめんどくさい!うざい同僚との関わり方3選!

スポンサーリンク


職場に一人はいる「うざい人」。
その「うざい人」との付き合いにストレスを感じて憂鬱になっていませんか?
私も新人看護師時代の同僚がうざくて、とても嫌な思いをしました。


うざい人って自分がうざいということを自覚していないために、周りが迷惑していることにも気が付かないんですよね。ほんとうにうんざりしますよね!


でも、そんな「うざい人」と、うまく付き合う方法があることをご存じですか?
正確に言えば「うまく関わらない方法」ですね!


それを実行すれば、あなたも「うざい人」と関わらずにすみます
今回はその方法について、元看護師ライターかなさが伝授したいと思います!


スポンサーリンク

この春から同僚になった新人看護師がうざい!


うざい人ってどのような特徴があるのでしょうか?
私の経験を元にお話します。


私が新人看護師として入職したとき、A子という同期の看護師がいました。
最初は同期ということもあり、お互いに励まし合って頑張っていた私たち。
師長や先輩から課題を出されたときは、お互いのアパートで勉強会をすることもありました。


でも、A子はおしゃべりばかりで、ほとんどの場合私の課題を真似して書いていただけなんですけど。その頃から何となく「A子って自己中?」と思うことはあったのですが、それでも同期の仲間として仲良く付き合っていました。


しかし、次第にA子は病棟でも自己中ぶりを発揮するようになりました。「○○さん(寝たきりの患者)の入浴介助、お願いね。」とか、「手術室へ申し送りしてもらっていい?」などと、自分が嫌な仕事は全て私に押しつける。


そのくせ、医師の前では超ぶりっ子
「○○さんの処置、やっておきました~。」とアピール。
それ、私がやった処置なんですけど…。とムカつくことも多々ありました。


他にも、病棟の飲み会では常にイケメン看護師や若い男性医師の隣をキープし、隙だらけで酔っぱらう。そしてその後、「○○先生に食事に誘われちゃって~」と自慢話。(間違いなく社交辞令)


そんなA子の行動にうんざりしていた頃、A子がある医師と付き合い始めたんです。
その医師は院内でもチャラ男で有名な医師
各病棟に彼女がいると噂もあったため、さすがに私も心配になり「A子、あの先生と付き合ってて大丈夫?」と声をかけました


するとA子は、「大丈夫って何が?ねえ、もしかしてかなさも先生のことが好きなんでしょう?」と言ってきたのです!この医師に全く興味がなかった私は「そんなわけないじゃん!」とすぐに否定しましたが…。


数日後、先輩看護師から「私が彼を奪おうとしていると言ってA子が泣いていた」と聞いて愕然。そのことをきっかけに、私はA子と距離を置くようになりました。


このように、うざい人の特徴として、

・自己中心的

・自己アピールがすごい

・人によって態度を変える

・思い込みが激しい

などがあり、その行動によって周りは振り回されてしまいます。


そしてうざい人は、自分がうざい行動をとっていることを自覚していません
自己中心的な考え方は、幼少期の生活環境や教育によって大きく左右されます。
他人の立場に立って物事を考える想像力が養われないまま成長してしまっているのです。


だから本人は、周りが迷惑していることも気付かず、
自分の考え方や行動はいつも「正しい」と思い込んでいるのです。



うざい人が同僚・同期にいる場合の正しい関わり方 その1:深入りする前に相手をよく観察する


自己中心的な考え方を持っているうざい人には、深いりしないことが一番です。


しかし「深く付き合っていくうちに、うざい面が見えてきた」ということもありますよね?(私もそのパターンでした)そうすると、なかなか関係を絶つことが出来ずに苦しむことになってしまいます。


そうならないためにも初対面の人に対しては、まず、一歩引いたところで相手を観察し、どのような人物かを見極めることが大切です。たとえそれが、同期のように同じ境遇にある人でも、すごくいい人そうに見える人だとしても、です。

関係が浅ければ、いくらでも「うざい人」を避けることが出来ます。
私のように、深いりしてしまってから後悔しないように気を付けましょう!


うざい人が同僚・同期にいる場合の正しい関わり方 その2:同じレベルに立たない


人によって態度を変えるようなうざい人には、
その人よりも一段上の立場から物事を考えるようにしましょう


相手と同じ立場に立ってしまうと、
「なんで私だけが」と思って腹が立つし、ストレスも溜まります。


でも、一段上の立場から冷静に相手を見ることが出来れば、「自分が経験を積めずに損するだけなのにね。」とか、「A子の行動なんて、みんなお見通しなのにね。」と相手が哀れに見えてきます


私は、A子が嫌な仕事を人に押しつけて自分がやったように振る舞っていても
完全に周りにはバレていたので「自分だけ何も知らずに、可哀そうだな」と思っていました。


そんなふうにA子のことを思えるようになってからは、
逆にA子の行動を楽しむ余裕さえ出てきていました


みんなにバレているとは知らずに、自分の手柄だと上司に話すA子は、それはもう滑稽で仕方がなかったですよ。(苦笑)


うざい人が同僚・同期にいる場合の正しい関わり方 その3:ハッキリと言う


思い込みが激しく、勝手に言いがかりをつけてくるようなうざい人には、
時にはハッキリと怒りをぶつけてもいいでしょう。


あなたが何もしないのをいいことに言いがかりをつけているため、
黙っているとエスカレートしてしまう可能性があります。


私も、「彼氏を奪おうとしている」と勝手な言いがかりをつけてくるA子に対して、「あなたの彼になんて全く興味ないから。迷惑!」と言ってやりました。しかも、先輩看護師の前で。


うざい人にハッキリと怒りをぶつける時は、二人っきりの状況で言うと「文句を言われた」とか「いじめられている」などと、さらに言いがかりをつけてくる可能性があります。


ですから、第三者がいる場所で怒りをぶつけたほうが効果的です。


その日以降、A子が私の前で彼氏の話をすることは無くなり、
私に嫌われていると思ったのか、近寄らなくなりました。(笑)


【まとめ】


このように、うざい人の特徴として共通するのは、「自己中心的な性格」であるということです。


他人の気持ちを考えることが出来ない、
自己中心的な「うざい人」とのかかわり方で大切なことは、


1. 仲良くなる前に相手をよく観察する
⇒早い段階でどのような人物かを見極める。仲良くなりすぎると、関係を絶つのに苦労する。

2. 相手と同じレベルに立たない
⇒上から目線で相手を客観的に見ると、「可哀そうな人」に見えてくる。

3. 時にはハッキリと怒りをぶつける
⇒必ず第三者の前で行うこと。怒りをぶつけられて行動を改めることもある。

これらを実行してみてください!


自分にプラスにならない人間関係なんて必要ありません。
あなたも、あなたの周りにいる「うざい人」と関わらないように、うまく対処していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です