お風呂のお湯・水出しっぱなしだとガスは止まる?料金は?防止策は?

スポンサーリンク


洗顔、歯磨き、トイレ……洗濯、調理に食器洗い、それからお風呂やシャワー。朝起きてから就寝するまでの生活時間内で、最後まで使っているのは水道ですよね!


うっかり水道を出しっぱなしで歯磨きしちゃってて、叱られたことありませんか?シャワーも身体を洗っているあいだ中、出しっぱなしにしている人も案外多いです!


また、お風呂のお湯張りしてて止め忘れて、溢れさせてしまって……(゚Д゚)
“あぁ~ もったいない!!”という人もいらっしゃいますよね!?


でも、この水、お湯の出しっぱなしに気をつけるだけでも、結構な節約ができちゃうこと知っていましたか?


光熱水費のなかでも、水道料金はちょっとの気づきで効果的に節約できます!
お湯の出しっぱなしでガス料金がぁ~ という人にも、知っておいて損はなし!!


スポンサーリンク

お風呂のお湯(水)が出しっぱなしだった!料金はいくら請求される?


自治体によって水圧の関係等により多少の違いはありますが、
1分間水道を出しっぱなしにしていると使用水量はおおよそ10L
水道料金に換算すると約2円ほどになります。


また、ガスの使用料金は、契約業者によって若干の違いはあっても、
平均で1分間6.8円くらいです。


とすると、単純計算してみると次のとおり!?


時間 水道料金 ガス料金
1時間 120円 408円 528円
6時間 720円 2,454円 3,174円
24時間 2,880円 9,816円 12,696円

たとえ、24時間チョロチョロ(1分で100ml程度)の状態でのお湯の出しっぱなしですと、貯まる量がバスタブの70%程と換算しても、


水道料金160L×0.2円=32円にガス料金9,816円が加わって1日で12,696円掛かっちゃう計算になってしまいます。(゚Д゚)!!



お風呂のお湯が出しっぱなしだったらガスが止まるって本当?


水道料金の減免措置が適用されるのは、
地下埋設部分での水道管破損等による漏水”に限られます。


ですから、お風呂のお湯の出しっぱなしは、
100%使用者責任になるので水道料金の減免は一切受けられません


自己管理による事故として諦めるしかないでしょう…(>_<)


先ほど、単純計算した水道料金とガス料金ですが、じつはガスにはガスメーター(マイコンメーター)というものが設置されています。


このガスメーター(マイコンメーター)とは、
ガス使用量の計測だけではなく、震度5程度の地震の発生時、多量のガス漏れ、ガス機器の長時間使用等に自動的にガスの供給を止める安全装置が内蔵されています。


ですから、ガスを24時間使用続けてしまうということはないのです!!(´▽`) ホッ


ガスメーター(マイコンメーター)によって、
自動的に止められたガスの復帰作業は難しいモノではありませんので安心してください。


マイコンメーターの復帰方法



お湯を出しっぱなしにすることが多い。防止グッズは?


ここでご紹介するのは、お風呂のお湯張りで使える自動止水器具です。
お湯の入れ過ぎ防止に! 止め忘れに! とても便利ですよ。


バスぴたり2


ダイヤルの目盛りを合わすだけで設定量給水すると自動的に止水します。
蛇口先端に取り付けるタイプで、設定水量は10L~450Lまで


バスピタII


蛇口の外径14mm~23mmの丸・角に適合し、家庭用ホース(内径15mm)が使えます。また、設定水量10L~450Lまで対応。

ただし、水圧が低く流量が5.0L/分以下の場合には正常作動しないので注意が必要です。


タカギ(takagi) バスピッター L


こちらの商品は蛇口に付けるタイプです。ダイヤル式ではありません。

浮き玉とチェーンが付いていて、浮き球浮くと自動で止めてくれます。チェーンによって浮き玉の高さは細かく調整できるので、お好みの水位で入ることができます

自分のお風呂が何リットルがよくわからない方には良いかもしれません。


お湯を自動で止める!?バスピッターL



いずれもAmazonで購入可能です!


お湯があふれて水浸しになってしまったらどうする?


「お風呂の水をとめ忘れて水があふれてしまった!!」などで部屋が水浸しになってしまったとき、戸建てならば自己責任で回復せざるを得ないでしょうね。(_ _,)/~~


でも、賃貸物件を借りている中でのこのような水のトラブルの時は、
長い時間、気が付かず部屋が水浸しになってしまったり、
2階以上に住んでいる方は下階の方にも水漏れ被害が拡大してしまう可能性もあります。


水漏れを原因とする原状回復義務は“借主負担”が原則です
うっかりで済まされない事態もあるかも知れません!!



「水が家電にかかって壊れてしまった!弁償しろ!!」
「水が洋服にかかって汚れてしまった!クリーニング代支払え!!」等、
貸主以外の第三者に対しても損害を賠償する必要がでてくる可能性があります!!


ただし、賃貸住宅にお住まいの方は、賃貸借契約締結時に“借家人賠償保険”への加入をされておられるはずですので、ほとんどの方はこの保険に加入しているはずですよ。


借家人賠償保険というのは、水漏れや火災等を起こしてしまった場合に、貸主・第三者に対する賠償をカバーする保険です。(火災保証のみと思われている方も多いはず…。)


保険に加入した際に保険証書が交付されてますので、「どういった事故(水漏れや火災)に、どれくらいの金額が保証されるのか」等を事前に一度確認しておきましょう


【最後に/まとめ】 

光熱水費のなかでは、効果的に節約しやすいのが水道料金なので、
水やお湯の出しっぱなしがどれだけ無駄になっているか!?
家族で共有する事が大切です!


いくら注意していても、想定外のことは起こりえます!
人の意識だけに頼らず、自動水栓や自動止水のお役立ちグッズにも目を向けてみませんか? 少しはイライラも解消するかもしれませんよ(^_^)V

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です