名刺交換のタイミングやマナーは?ライン(Line)交換のタイミング、マナーとは?


社会人になったり、転職して名刺交換が必要になることがあるでしょう。名刺を会社に用意されたら、きちんと名刺交換のマナーを学んでおきましょう。事前にしっかりと学んでおけば、突然やらなくてはならなくなった時でも慌てずに済みます。


仕事をする上で業界によっては、名刺交換は新しい仕事の第一歩になるためとても重要です。自分の印象を良くも悪くできるので、きちんとしたマナーを身に着けておきましょう


スポンサーリンク

名刺交換のベストなタイミングは?マナーは?

名刺交換のベストなタイミングは、先方の会社を訪問した時や自分の会社に来客があった時、紹介を受けた時、初対面の相手に出会った時などです。


すぐに取り出せるように、名刺入れは上着の内側のポケットに入れておくのが鉄則です。女性の場合は上着のポケットや鞄にしまっておいてもいいでしょう。


名刺交換の流れ

名刺交換は相手の会社に訪問した場合は応接間に通されて落ち着いたところで、自分から行いましょう。この時に必ず、立ち上がってテーブルを回って相手の前に立って、名刺入れの上に名刺が来るように両手で持ちましょう


名刺の名前は相手側を向くようにしましょう
また、渡す際には自分の会社名と自分の部署、フルネームも口にしましょう。


複数人入る場合は、役所が上の人から渡していきます。相手からも名刺をもらう同時交換が多いので、相手の名刺を左手で受け取り、名刺入れの上で両手持ちにしましょう


名刺交換後のマナー

名刺交換のマナーとして、頂いた名刺は商談中は名刺入れの上に置いて、テーブルに出しておきます。もちろん、帰る際には忘れないようにしましょう。また、資料などが多くて失くしそうな場合は、一度断ってから名刺入れに入れましょう。


もし名刺を忘れてしまったら?

名刺入れを忘れてしまった場合や名刺を切らしてしまった場合は、「申し訳ございません、あいにく名刺をきらしておりまして」などとお詫びを言って、後日、名刺を郵送しましょう


【ビジネスマナー】今さら聞けない「名刺交換」マナー




立食パーティーやセミナーなど大人数が集まる場所での名刺交換のタイミングは?


服数人いるパーティーやセミナーなどは自分や会社を売り込む良いチャンスです。名刺をたくさん持って行きましょう。名刺交換するだけたくさんのチャンスが自分に舞い込みます。


時間がありそうな方を見つけて、「こんにちは」などと声をかけて、すかさず自分の名刺を差し出せばよいでしょう。


数人で固まっている場合は、連続で渡すことになりますが、相手も名刺を差し出してきた場合は、前の人の名刺は名刺入れに挟んでおきましょう


自分の名刺は名刺入れの下に持っておきます
事前に人数分を名刺入れから出しておきましょう。


【名刺交換】正しい渡し方と同時交換のマナー



ライン(LINE)交換のタイミング、マナーは?


名刺交換ほど堅苦しいものではありませんが、ライン交換も昨今では重要なビジネスツールですよね。そうではなくても、新しい出会いに欠かせないものです。ただ、親密度が重要なので、メールアドレスよりも聞きづらい気がしませんか?


ただ、あんまり親しくない人と交換しても、その後、ほとんど使わないことも多いですよね。使わないのは一番気まずいので、かなり親しくなって遊ぶようになったら、交換するのが一番良いでしょう。


なんとなくで交換するのはマナーが悪いと言えます。速読機能や軽いイメージになるスタンプもあるので、親しくないのに交換すると、自分の首を絞めることになります。


初対面やさほど親しくない人にライン(LINE)交換は失礼?ウザい?


交換する側もあまり親しくないもしくは、初対面の人とはラインの交換はしたくないですよね。メールよりも相手から自分が見えているような気がするツールなので、交換する側も慎重になると思います。


男女間では結構、ラインの交換はシビアなボーダーラインがありますよね。


初対面や親しくない間柄のうちはライン交換は切り出さない方が良いでしょう。頻繁に連絡を取るようになったら、ラインの交換を提案してみると良いでしょう。


【最後に】


ビジネスライフでは、名刺交換は必然的なものです。ただ、最近はIT系の場合、他社やお客との触れ合いがある場合をのぞいて、名刺すら用意しないことも増えています。


だんだんと、名刺がない世界になっていくのかもしれませんが、まだまだそこまでの道のりは長いと思うので、面倒くさがらずにきちんとしたマナーを身に着けておきましょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です