落ち葉で堆肥を作ろう!はじめてガイド!失敗しない方法とは?

落ち葉が舞う季節になると、いつの間にかものすごい数の落ち葉が家の庭に広がっていることも多いですよね。
頑張って集めたあとはやっぱり、そのままゴミとして出すことが多いたくさんの落ち葉ですが……


せっかくたくさんある落ち葉、これを利用して「堆肥」を作ってみてはいかがでしょうか?


ガーデニングが趣味という方は特に落ち葉で堆肥を作るのは楽しみにもなりますし、ただ捨てるだけよりも有効活用出来ますよね。
今回は落ち葉で堆肥を作るための方法や材料、失敗しないポイントなどの情報を、まとめてお話していこうと思います!


スポンサーリンク

【落ち葉で堆肥をつくろう!そもそも堆肥って何?】



堆肥作りとは言いましたがもしかしたら「堆肥ってなに?」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんので、まずは「堆肥とは何か」からお話していきます。


堆肥とは「肥料成分を含んだ土」のことであり、植物由来の成分で栄養分が高いものを「堆肥」、堆肥より低いものを「腐葉土」と言います。


落ち葉などを使って作る堆肥は市販の肥料と比べ効果はゆっくり、そして長く続くのが特徴です。
原料も落ち葉や枝、家畜のフンや野菜の皮などの自然由来のものを使い、じっくり発酵させて作ることになります。


肥料成分を含んだ土であり、効果はゆっくりと長続きするというものが特徴ですから、ご家庭でのガーデニングなどにも幅広く使えます。


堆肥は目に見えない微生物が落ち葉などをエサとし、エサに含まれるチッ素や炭素を吸収して分解熱を発生し、その熱によって更に微生物の活動が活発になることから始まります。
この繰り返しにより高い温度が保たれ、落ち葉などが少しずつ「堆肥」へと姿を変えていきます。


このように堆肥を作るためには微生物が活動しやすい環境を整えることが最も大切ですので、作り方などもこれを踏まえて準備していくことになります。


【堆肥を作るための道具、材料は?】



次に堆肥を作るためにはどんな道具、また材料があれば良いのかについても紹介していきますね!


まず最初に必要なものは、当然ですがエサとなる「落ち葉」となり、また落ち葉の種類にも堆肥に向いているもの、向いていないものがあります。


向いている落ち葉の種類は


・クヌギ
・ナラ
・ケヤキ
・ポプラ


などで、逆に


・イチョウ
・クス
・カキ


などの広葉樹


・スギ
・マツ
・ヒノキ


などの針葉樹は不向きです。


不向きとなっている種類の落ち葉については水分や樹脂分が多く含まれているのでなかなか腐らなかったり、植物の発芽・成長を阻害する物質が含まれていることがあります。
堆肥づくりを失敗しないためにも、落ち葉の種類はじっくり見て選ぶようにしましょう!


また堆肥は家庭菜園などの場合、1平方メートルあたり一回につき3~5kgが目安とされていますので、必要な落ち葉の量や作る堆肥の量の目安にしてくださいね。


その他の準備としては


・堆肥枠(囲い)……木の板やコンパネなどを使った手作りの枠、もしくは専用の容器、大型ポリバケツなども通気性を解決すれば使用可能です。


また次のような専用の堆肥枠も販売されていますので、こういったものを使ったほうが最初は安心かもしれませんね!




・表土……自然の土は微生物が多く生息していますので、これを落ち葉に加えることによって微生物の増殖や水分調整効果が期待できます。


・発酵促進剤……名前の通り発酵を促進させるもので、コーランネオや米ぬか、また油かすなどが使えます。


また次のような堆肥用の発酵促進剤も販売されていますので、こちらも最初はこういったものから試すのも良いと思います!




・雨除けシート……雨が降り注いでしまっては水分調整がうまくいきませんので、ブルーシートなどを使った雨よけシートも用意しておきましょう!


ブルーシートもホームセンターなどで手軽に購入することも出来ますが、楽天などのサイトからでも通販可能です。




その他としてはガーデンフォーククワなどがあれば便利ですが、絶対というほどではありませんので余裕があれば用意しましょう!


【堆肥づくり、失敗しないためのポイントは?】



ではいよいよ堆肥作りにとりかかりますが、失敗をしないためにも動画を見ながら把握していったほうが良いと思います。
次の動画を参考にしつつ、堆肥の作り方や初心者が失敗しないためのポイントなどを把握していきましょう!


園芸便り 堆肥作り 落葉収集から仕上がりまで


まず最初に落ち葉収集ですが、この辺りは先程の「堆肥に向いている落ち葉の種類」を確認し、失敗のないようにしておきましょう。
落ち葉がたくさん集まったら袋などに詰め込み、堆肥を作る場所まで持ち帰ります。
このときに小枝や腐らないもの、向いていない種類などを排除していくと失敗も減らせますね!


次に持ち帰った落ち葉を堆肥枠に詰め込み、均一にならして踏み固めていきます。
このときにもまだ不要なものが見つかれば取り除き、良い環境になるように整えていきましょう。


しっかり踏み固め終わったら発酵促進剤米ぬかなどをしっかり振りかけ、落ち葉と均しておきます。
均し終わったら次に苦土石灰と水を振りかけ、発酵を促進させておきましょう!


基本的にはこの作業を堆肥枠がいっぱいになるまで繰り返し、最後にブルーシートで覆います。
時折水分を補給しつつ来年まで寝かせれば(動画の8分頃です)、半熟した堆肥が完成します。


失敗しないためのポイントとしては発酵中は熱が発生するため乾燥しますので、たまに覗いて水分を補給すること、また「切り返し」という一度中身を取り出して撹拌し、堆肥枠に戻す方法があります。
こうすることによって水分調整、そして酸素の入れ替えも行えますので、大きさや作業スペースなどが可能であればぜひ行っておいてくださいね!


【堆肥を大量に作ったら保管方法はどうする?どれぐらい持つの?】



完成した堆肥は適当な袋に入れ保管することになりますが、密封してしまうのはよくありません。
空気の通り道を作っておいたり、水分調整も兼ねて上部にわらなどを敷いておくのも良いですね。
また紫外線に当たると良くないので、直射日光が差す場所には置かないように注意しましょう。


保存状況が良ければ年に2回作って使い回し、年中堆肥が使える状況にも出来るほど長く持ちます。
出来るだけ計画的に作り、あまったり不要になったりしないようにするべきではありますが、完熟した堆肥は臭いはしませんので、どうしても余った場合は土に返すのもありかもしれませんね。


「作りすぎた堆肥は個人でどこかに売れないの?」と思われる方もいますが、なかなか難しいのが実情のようです。
自治体によっては堆肥を回収してポイントなどがつくところもありますので、一度地元の自治体に確認してみるのも良いかもしれませんね。


【まとめ】

堆肥は作ってみると簡単に見え、切り返しの手間などを考えると「やっぱり難しい!」となることもあります。


しかし自然にあるものを使う、またより良い肥料として次の作物を育てられる肥料を作るための過程、またガーデニングなどの土を自分で作る楽しさというのは、また格別です。
肥料を毎年購入するよりも植物に優しく、お財布にも優しく、ゴミの量も減らせるというメリットの多さもあります。
ぜひ今年は落ち葉で対比を作ってみて、土作りから手をいれる楽しさも味わってみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です