魚の干物の賞味期限は?賞味期限切れでも食べれる?冷凍保存は可能?


魚の干物は保存食だと思っている方が多いことでしょう。


カチカチになった状態であれば、長期保存ができると昔から言われているものだと思いますが、最近販売されているものは、おいしい状態を保つために一夜干し軽く水分を抜いただけのものが多いんです。


なので、干物だと思って適当な保存を行ったり、食べずに長期間放っておくのは危険なんですよ?


スポンサーリンク

保存食の干物、、どうやって作られている?

干物にはさまざまな作り方があります。塩漬けにしたり、調味液に漬けたり、水洗いして乾燥する場合もあります。焼いてから乾燥させるものもあり、煮た後に干すこともあります。


また、干し方にも、一夜干しにしたり、天日干し、日陰干しなど様々です。大半の干物は、自然乾燥であり、程度な湿度や温度の中で、一時間ほど天日干してから日陰で長時間かけて乾燥させるのが一般的です。


ただ、最近人気があるのは、生干しや一夜干しなどの軽く水分を抜いただけのものです。これらは保存がきかないので、冷蔵庫でも1~2日以内に食べきることを推奨しています


干物の代表的なものとして、アジの開き、しらす干し、ほっけ、くさや、サバ、カマス、めざし、キンキなどがありますね。


家庭でも簡単にできる鯵の一夜干しの作り方 How To Make Dried Fish




干物の賞味期限は1年以上?いつまで美味しく食べれるの?


干物と聞くと、水分がないもので保存食なのだから、1年くらいはもつんじゃない?と思う方も多いかと思いますが、実はそうでもないんです。きちんと乾燥されたものであっても、1週間程度だと言われています。


多くの干物は3~5日以内に食すように記載があると思います。最近の物は、見た目のために添加物が使われているものもあるので、物によってはもう少し長く保存ができますが、それでも冷蔵庫で1週間です。


冷凍庫で冷蔵保存すれば、1か月は大丈夫だと言われています。商品によっては2週間と記載されているものも多いので、冷蔵保存する場合も早めに食べた方がいいでしょう。


アジ・さば・ほっけ、、魚の種類によって賞味期限は違う?


魚の種類によって異なるということはあまりなく、どの魚の干物であっても冷蔵なら4~5日以内に、冷凍なら2週間~1か月程度で食べきることが推奨されています。


ただ、最近は真空パックやすでに冷蔵での販売がなされているものもあるので、それぞれのメーカーの推奨する賞味期限を守るのが確実だと思います。


中には、保存料が使われているものもあるので、そういったものを選べば長く保存することもできると思いますが、添加物が多くなるので健康的とはいえないでしょうね。


干物をたくさん買ってしまった!冷凍保存は可能?


干物はたくさん入ったセットで販売されていることもありますよね。そんな時に便利なのが、冷凍保存だと思います。冷蔵保存する場合は、方法に気を付けることで、長期保存しても鮮度を保つことができます。


冷蔵保存する場合は、袋から取り出して一枚ずつラップに包んで、さらにアルミホイルで包んでから、金属トレイなどに入れて急速冷凍できるようにすると鮮度が保たれます。食べる時には、解凍せずに凍ったまま調理するとおいしく仕上がりますよ。


自然解凍する場合は、冷蔵庫に入れて解凍する方が好ましいです。外に出しておくと、べちゃっとした状態になってしまい、せっかくおいしい干物が台無しになります。


【最後に】


干物が長期保存できないというのはちょっと意外だったんじゃないでしょうか?水分を抜いた状態であっても、完全な乾燥状態にしないので、生魚と同じだという認識を持って扱った方が良いと思います。


干物は味付きで焼くだけでおいしいですし、安価なものも多くてとても便利なものですよね。きちんとした扱いを知って、ぜひおいしい干物を楽しんでくださいね

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です