筑前煮の賞味期限・保存方法まとめ!ひじきの煮物や魚の煮付けの賞味期限は?


筑前煮と言えば、根菜が豊富に入っており、とってもヘルシーな煮物であり、男性受けのいい料理としても知られていますよね。おせちにも欠かせない料理であり、年中食べられる定番料理です。

そんな筑前煮はどのくらい日持ちするものなのでしょう?

スポンサーリンク

お正月に作った「筑前煮」の賞味期限は?

お正月に作る筑前煮も普段の物と変わらないですが、家族が多いと筑前煮の量もかなりのものですよね。大鍋に一杯作る家庭も多いんじゃないでしょうか?

そんな筑前煮は、鍋に入れたまま保存する人もいるでしょう。室温が10℃以下であれば、それでも問題ありません。朝と夕方に2回火を入れれば、3~5日は持つと思います。

一番良いのは、タッパーなどにいれて冷蔵庫で保存する方法です。
これなら、6日間くらいは大丈夫でしょう。

冷凍保存もできますが、こんにゃくや人参などが冷凍すると食感が悪くなるので、あまりおすすめできません。どうしても冷凍保存したい場合は、こんにゃくは取り除くようにしましょう。

美味しい「筑前煮」の作り方 | 私の好きな根菜料理




そもそもなぜ、お正月(おせち)に筑前煮を食べる?

筑前煮なのですが、お正月に食べる際は、七宝煮という名前で呼ばれることも多々あります。野菜の切り方に特徴があります。

人参やレンコンを花の形に切るのが最大の特徴です。人参やレンコン、しいたけ、タケノコ、こんにゃく、鶏肉、里芋、ごぼうが入っています。

さて、筑前煮に入っているそれぞれの具材には、いろんな縁担ぎがなされています。



おせち重箱の詰め方のコツ!二段重箱の詰め方はじめてガイド!



レンコンは穴があるので、将来が見通せるようにとの意味が、里芋にはたくさんの芋ができるので、子孫繁栄を願っており、ごぼうは根を張ることから、家が長く続くようにとの願掛けがなされています。

しいたけ神様へのお供えものの定番ですし、こんにゃくは、手縄の形に作ります。これが己を厳しく戒め、心を鍛えるという想いが詰まっています。タケノコは成長が早いことから、子供の順調な成長を願って、筑前煮に入れられています。

あえて手間かけてうまい筑前煮を作ろう!


煮物といえば「ひじきの煮物」 賞味期限は?

ひじきの煮物は最近は、冷凍食品がありますよね。自然解凍できるので、小さなカップに入ったものをお弁当に詰めるだけなので、とっても簡単です。

そこから分かるように、ひじきは常温で置いておくよりも冷凍保存した方が長く持ちますし、小分けにしていれば食べやすいです。

冷凍保存する場合は、こんにゃくはなしで作り、水分がなるだけないようにしましょう。小分けにして、タッパーなどにいれて保存すれば、一か月は持つでしょう。

冷蔵保存にしたい場合は、タッパーなどに入れて保存しましょう。この場合はこんにゃくが入っていても問題ありませんね。濃いめに味付けしたならば、5日間くらいは持つでしょう。塩分控えめで作った場合は3日間ほどです。

ひじきの煮物の作り方


金目鯛やカレイ、お魚の煮付けの賞味期限は?

お正月には、金目鯛やカレイなど、お魚を煮付けにすることも多いでしょう。数が多くて食べきれない場合に、余った魚の賞味期限が気になりますよね。

手作りしたものであれば、冷蔵庫で保存していても、3日間以内には食べた方がいいでしょう。濃い味付けなのであれば、4日間くらいは持つかもしれません。

お魚の煮付けは、冷凍保存もすることができます。冷凍保存の場合は、煮汁も一緒に冷凍すると、食感を損なわずに保存できますよ。冷凍保存であれば、1か月くらいは大丈夫ですが、味が劣化するので、なるだけ2週間以内には食べきってしまいましょう。

また、解凍する時には、低温で解凍させた方が傷まずに安全に解凍できるので、冷蔵庫に入れて自然解凍させましょう。

「金目煮付け」作り方


【最後に】



筑前煮はたくさんの野菜が入っており、渋い料理ではありますが、栄養価が高い料理でもありますよね。ヘルシーでいろんな味や食感が楽しめるので、日ごろから食べることをおすすめします。

また、おせちに入れる際には、いつもの筑前煮をちょっとアレンジして華やかな料理にしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です