新年の挨拶メール、取引先・社外への送信マナーは?文例は?

スポンサーリンク

新しい年を迎え、また新たな1年が始まると同時に、ビジネスでもまずは新年の挨拶から始まります。最近は、日常的にメールでのやりとりをするビジネスマンが多いので、新年の挨拶も年賀状よりもメールで行う人も多くなっています。


社内でも、上司や同僚に「今年もよろしく」という意味で、挨拶メールを送りますが、取引先やお客様など、社外に挨拶メールを送る場合には注意が必要です。


そこで今回は、新年の挨拶メールの作法について調べている人へ、詳しい情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【取引先や外部への新年挨拶、メールは失礼?】

そもそも新年の挨拶をメールで行うことは、NG行為なのでしょうか?


今は日常のやりとりをメールで済ましている人がとても多いですが、ビジネスでは、新年の挨拶は直接会って行うか年賀状を送付するのが基本です。


しかし、日常的にメールでのやりとりをしている人は、新年の挨拶もメールでもらった方が何かと都合が良い場合が多く、送り主も相手をわずらわせることがないというメリットがあります。


また、お互いのスケジュールの都合で会えない、年賀状が間に合わなかったなど、様々なケースがあり、その場合はメールでの挨拶が必要です。


メールを送る場合も、松の内までに新年の挨拶を行うのが基本です。やむを得ない事情で直接挨拶に伺えない、年賀状が出せなかった場合は、「直接(年賀状での)ご挨拶ができずに失礼致しました」など、必ずお詫びを前置きしてから送ります。


また、年賀状を出した相手でも、新年初のメールでは新年の挨拶の言葉を必ず添えるようにします。


年賀状をもらっている人に対しては、ただメールで返信するのは失礼ですので、松の内(1月7日)までに、年賀状で返信するようにしましょう。


しかし、年賀状が松の内が過ぎてしまった場合は、遅れてしまったことへのお詫びを必ず添えて、「寒中見舞い」として返信します。





【新年挨拶のメール、いつまでに送付をするのが正しい?】

年始の挨拶は素早い対応が必要です。また、それだけでも相手の印象は変わります。


新年の挨拶をメールで済ますという行為には、様々な意見がありますが、年賀状よりもメールで新年の挨拶をした方がお互いに良い場合も多々ありますので、ケースバイケースで対応するようにします。


取引先などにメールを送る場合、年末年始の休みに入ってしまうため、メールのタイミングに迷うかもしれませんが、正月休み明けの松の内の前後に送るのが一般的なようです。


今は何かと便利なメールですが、タイミングを間違え、相手に不快感を与え、悪い印象を持たれてしまわないように、相手やその時の状況に合わせて、うまく対応することが必要です。



【取引先や外部への新年挨拶メールの文例は?】

新年挨拶メールの文例を2つご紹介します。参考にしてみて下さい。


<新年の挨拶メール例文①>


===========================
件名:新年のご挨拶【○○株式会社・佐藤】


○○株式会社
営業部 ○○様


新年あけましておめでとうございます。
○○株式会社・営業部の佐藤です。


昨年は、大変お世話になりありがとうございました。


今年も引き続き、○○の件でお世話になるかと思いますが、
さらなる努力と精一杯の対応をさせていただきますので
一層のご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。


尚、弊社は1月○日(○)より、平常通り営業しております。
また、お目にかかれますことを楽しみにいたしております。


新年のご挨拶が遅くなり恐縮ですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
===========================


<新年の挨拶メール例文②>


===========================
件名:年始のごあいさつ


○○株式会社
営業部 ○○様


謹んで初春のお慶びを申し上げます。
株式会社○○・営業部の佐藤です。


旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、
誠にありがとうございました。
本年も一層のサービス向上を目指し、
誠心誠意努める覚悟でございます。
何卒、本年も昨年同様のご支援を
よろしくお願い致します。


尚、弊社は1月○日(○)より通常営業いたしております。
また、お目にかかれますことを楽しみにいたしております。


メールにて恐縮ですが
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
===========================


(参考)メール例文.com【ビジネスメール書き方文例】



【新年挨拶メールが取引先や外部から届いた!返信の内容は?】

新年挨拶メールの[返信文例]を2つご紹介します。参考にしてみて下さい。


<メールで新年の挨拶が届いた場合の返信文例①>


===========================
新年あけましておめでそうございます。


○○さん、お元気そうで何よりです。年賀メールありがとうございます 昨年は色々とお世話になりあました。今年もお世話になりますのでよろしくお願い致します。
○○さんにとって良い一年になりますよう願っております。


それではまたご連絡いたします。
===========================
返信の場合は、年賀メールのお礼と相手の近況を尋ねる文章を加えると良いでしょう。


(参考)Mamajoy! (新年の挨拶メール返信の例文

新年の挨拶 メールの例文!ビジネスで社内、社外、お客様への返信はどうすればいい...
平安時代後期には年賀状で新年の挨拶をしていた記録が残っていますが、現代ではその年賀状が年賀メールに変わりつつあります。ビジネスの相手や社員、お客様に顔を合わせずに新年の挨拶をするからには、相手に失礼のないような文章で出したいですね。 社内や社外での...

<メールで新年の挨拶が届いた場合の返信文例②>


===========================
株式会社▲▲ ○○さま※


■■の××です。あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶を頂戴し、ありがとうございました。


昨年は○の件でお世話になり、本当にありがとうございました。※
本年は■の件で忙しくなると思いますが、お力添えをいただければ幸いです。※


弊社は本日より営業を開始いたしました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
===========================
行末に※の書いてある部分は必ず書き換えます。


OKWAVE(メールで年賀状の返事を書く方法)

メールで年賀状の返事を書く方法
仕事始めの日、出社してメールボックスを開いたらメールで年賀の挨拶がドカドカ届いていた…そんな方のために、返信方法をご紹介します。



【最後に】

「新年の挨拶メールの作法」についてご紹介しました。


今回ご紹介したのは、


①新年の挨拶は直接会って行うのが基本

②お互いのスケジュールの都合などで、会えなかった時は、松の内までにメールで新年の挨拶を行う

③年賀状を出した相手にも、新年初のメールでは新年の挨拶の言葉を必ず添える

④新年の挨拶メールを送るタイミングは、正月休み明けの松の内前後あたりに送るのが一般的

⑤新年挨拶メールの文例と返信の文例の紹介


などをご紹介しました。是非、参考にして新年の挨拶メールにぬかりなく、清々しい新年が迎えられますように!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です