ボロ市in世田谷2019-2020!見どころ3選!代官餅って何?

スポンサーリンク
12月のお祭り
スポンサーリンク

東京都の世田谷では、毎年年末年始にボロ市というたくさんの露店が出店する市が立ちます。

このボロ市、地元だけでなく、全国各地からも観光客が訪れる人気のあるお祭りなんだとか。

古着~骨董品、食べ物、神棚まで幅広く取り扱うボロ市は、男女、世代を問わず楽しむことができます。

そんな世田谷ボロ市を余すこと無く楽しむために、ボロ市の歴史、2019-2020の開催概要、みどころなどについて紹介して行きます。

スポンサーリンク

世田谷ボロ市2019-2020!開催概要は?

ボロ市って何?

世田谷ボロ市の起源は古く、1578年に当時の小田原城主であった北条氏が楽市を開いたことがはじまりです。

楽市とは、当時の経済政策で城下町などの特定の地域で税金を払わなくても出店できる市場のこと。

この楽市では、古着や古道具などを出していた店が多かったため、ボロ市と呼ばれるようになりました。

現在でも、古着や日用雑貨、使用済みのゲーム、骨董品なども売られています。

現代風にいうところのフリーマーケットですね。

毎年1月と12月の合計4日間だけ開かれ約20万人もの人出があり、市が立つ4日間だけ東急世田谷線は臨時ダイヤで運行するほど、世田谷に住む人にとって今でもボロ市は特別な日なのです。

ドキュメント移動

2019-2020の開催概要

世田谷ボロ市は毎年1月と12月の15~16日に行われており、2019-2020年も下記の日程で開催予定です。

2019年12月15日(日)・12月16日(月)

2020年1月15日(水)・1月16日(木)

時間:9:00~20:00

会場:通称ボロ市通り(世田谷中央病院~世田谷一郵便局の約500m)

アクセス方法

東京都世田谷区世田谷1丁目にある「ボロ市通り」とその周辺

公共交通機関:世田谷線「世田谷駅」・「上町駅」徒歩3分

臨時駐車場はありませんし、当日は周辺に交通規制が敷かれますので、公共交通機関を利用しましょう。

世田谷ボロ市のみどころ

それでは、世田谷ぼろ市のみどころを紹介します。

その1:露店でお宝探し

02

ボロ市の一番のみどころは、やっぱり約700店の露店でのお買い物です。

イメージとしては、巨大フリーマーケットです。

古着や小道具などを売ることが多かったボロ市ですが、お店によっては新品や手作りのものも売っています。

ボロ市でおなじみなのが神棚屋さん。

骨董店では歴史のある(かもしれない)皿や掛け軸などの品、植木など他のお祭りでは見られないようなお店がたくさんあり、見ているだけでも楽しいです。

でも、こういうところって、掘り出し物を見つけたり、良く分からない雑貨を衝動買いするのが楽しいですよね!

新春散策 世田谷ボロ市(東京都世田谷区)代官餅 東急世田谷線

その2:代官餅

世田谷ボロ市といえば名物 代官餅です。

1年でボロ市の行われる4日しか食べることができないお餅です。

あんこ、きなこ、からみ(おろし醤油や海苔など)の3種類があり、会場でつきたてのお餅が販売されています。

つきたての温かく柔らかいお餅は、ボロ市散策で冷えた体をホット温めてくれますよ。

お昼時になると30分以上も並ぶことがありますし、16:00以降は売り切れることもあるそうです。

11:00~11:3013:30~14:00の少しお昼時からずらした時間が穴場であまり並ばなくてもゲットできますよ。

お餅以外にもボロ市では、お祭りっぽくたこ焼きやフランクフルト、冬ならではの甘酒、お汁粉、変わり種だと中華総菜、揚げたてさつまあげなどのグルメ系の露店もたくさんあります。

竹内由恵~世田谷ボロ市を取材!!~美味しそう

その3:代官屋敷

ボロ市の会場のちょうど真ん中にある「代官屋敷」は江戸時代に建てられ、実際に世田谷を治めていた大場家の邸宅と代官所を兼ねた建物です。

都内で代官屋敷が当時のまま残っているのはココだけで、国の重要文化財にも指定されています。

入場無料なので、ボロ市の合間にちょっと散歩がてら寄ってみてはいかがでしょう。

ちなみに今回はありませんが、5年に1回この代官屋敷にちなんで、「代官行列」のパレードが行われます。

2018年に開催されたので、今回は代官行列はありません。

世田谷代官屋敷パンフレット | 世田谷区ホームページ
世田谷代官屋敷は、江戸時代中期以来、彦根藩世田谷領20カ村の代官を世襲した大場家の役宅で、大場代官屋敷とも呼ばれています。

まとめ

世田谷ボロ市は、北条氏ははじめた楽市が起源の400年以上も歴史のある日本版フリーマーケット。

毎年1月と12月の4日間だけ開催
2019年は、
12/15と16
2020年は、1/15と16 の9~20時の開催

みどころは、様々な種類の露店での掘り出し物探し、つきたての代官餅、近くにある代官屋敷(無料)

フリマって外国から取り入れた文化かと思いきや、日本でも昔からあったんですね。

フリマや骨董市は、雰囲気を楽しんだり値切ったりするのも楽しいですが、安いからついつい買っちゃいますよね~。

ボロ市では、全国各地のご当地グルメを売るお店も出店していますから、東京にいながら色々な土地の美味しい食べ物もゲットできるとってもお得なお祭りですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました