アイススケート場【東京】3選!初心者向け滑り方のコツや服装は?

スポンサーリンク

テレビでアイススケートフィギュアスケートなど華やかで楽しそうなスケートを見ると、「すべってみたいなあ」と思いますよね。
軽やかにスイスイ氷の上をすべっているのは見ているだけでも楽しいですが、実際に自分ですべる楽しさはまた格別です。


とはいえ近頃はあまりスケートの経験がある方も多くなく、そのためすべり方やどういった準備をすれば良いのかがわからないということもありますよね。
スケートを楽しむためにはやっぱりこのような前知識も多少必要となりますので、スケートを楽しむ際の注意などもチェックしていきましょう!


スポンサーリンク

【はじめてのアイススケート!滑り方のコツや服装は?】



せっかくスケート場に行っても氷の上に立つのが怖くてリンクにいけない、なんてことになっては残念ですよね。
ですからまず最初に初心者向けのスケートのコツを、動画を参考にしつつチェックしてみましょう!


スケートをスイスイ~ッとすべるコツ


動画でも言われている通り、まずはかかとを拳1個分開けつつ氷の上に立ってみるところからはじめます。
このときに重心を後ろに向けてしまうと仰向けに倒れて頭を打ち大怪我になる可能性もありますので、後ろに重心を持ってきてしまうよりは前に、前傾姿勢を取ってみましょう。


最初からいきなりすべろうと無理をせず、隅っこの手すりを両手で持ってまずは氷の上を移動するところから慣れていきます。
多少慣れてくると片手を離せるようになるので、焦らずゆっくり氷の上を滑ることに慣れていきましょう!


スケート靴を見るとわかるのですがつま先の部分がギザギザになっていて、「まずは歩くところから」とはじめてしまうと、このギザギザに氷を引っ掛けてこけてしまうことがあります。
ですから普段より足を外側に広げ、ギザギザを引っ掛けないようにゆっくり進んでみましょう。
そのとき膝を軽く曲げるように重心を下げ、ペンギンのような歩き方をイメージして見るとやりやすくなります。


ペンギン歩きに慣れたらいよいよ滑る練習ですが、実は練習といっても氷の上ですので、片足ずつ移動していけば勝手にすべっていってくれるんですね。
ゆっくり無理をせず片足で押しながら進み、止まりたい場合は内股にして重心を内側に向ければ止まりやすくなるので練習してみましょう!


また動画後半では靴の履き方や選び方も紹介されていますので、実際に行く前に一度動画で確認しておくと分かりやすいと思います。


ちなみに服装についてですが……まず最初に、スケートリンクは想像以上に寒いです。
氷が張られていてその氷が溶けないのですから当然といえば当然なのですが、防寒対策はきちんと整えていく必要があります。
そして防寒対策として「コート」を用意する方が多いのですが、転んでビシャビシャになることも考えるとダウンジャケットなど、防水仕様のものをおすすめします!


ボトムも基本的にはジーンズなどのパンツスタイル、出来れば伸縮性のある素材のボトムを選んだほうが安心です。
女性のスカートは基本的にはやめておくことをおすすめしますが、どうしてもスカートや丈の短いボトムなどが良い場合は、厚手のタイツやレギンスを合わせます。
基本的なルールとして「肌は露出しない」、これを守って考えておけば問題ないと思います(怪我防止、冷え防止になります)。
タイツだけの場合はツルツルして靴の中で足が滑る可能性もあるため、上から履ける靴下も合わせて持っておくとより安心ですね。


さらにこけたときに氷のキズに当たることや他の方に踏まれる可能性を考えると、手袋は必須です(つけていないとリンクに入ること自体を禁止にしている場所も多いです)。
帽子も頭を守るためにあったほうが良いですが、こちらは場所によってはヘルメットの貸出が行われていることもあります。


防寒具としてあまりおすすめできないのは「マフラー」で、こけたときに他人を巻き込むこともある(うっかり踏んでしまうなど)ので、やめておきましょう!


全体の服装をまとめると「防水タイプのコート・帽子・手袋着用の上、肌が露出しない格好」となりますね。


アイススケートのマナーとしてはまず服装を守ることも含まれますが、靴紐はしっかり結ぶこと(ズルズル伸ばして他人が踏んでしまう可能性があります)も大切です。
またリンクでは回る方向が決まっていることがほとんどですので逆走はしない、初心者用として区切られているところがある場合は初心者の練習を妨げるような行動はしないようにしましょう。


初心者のうちは何度も転ぶものですが、転ぶときにも自分、そして周囲の安全のため、できるだけしゃがむように努力しましょう。
重心を下げた状態でころんだほうが怪我も少なく、周りへの影響も少なく済みますので、覚えておくと良いと思います!




【初心者でも楽しめる!東京のアイススケート場3選!その1:明治神宮アイススケート場】



場所:東京都新宿区霞ヶ丘町11-1


明治神宮外苑|アイススケート場
アイススケート場。明治神宮外苑は明治神宮の外苑として大正15年に創建され聖徳記念絵画館を中心に神宮球場をはじめ各種スポーツ施設と四季折々の自然を満喫することができる。特にいちょう並木はよく知られている。


明治神宮のアイススケート場は世界大会も開催されている広いスペース、そして良質なリンクと最高の環境が整っており、一年中アイススケートを楽しむことが出来る場所です。
各種教室や体験教室も揃っていますので、まず最初に何度か通って慣れたらそのような教室を考えてみるのも良いですね!


営業時間は平日が13時から18時、土日祝日が10時から18時となっています。
休館日はありませんが、競技会などの都合によって変更になる場合もありますのでご注意ください。
料金は平日の場合大人(高校生以上)の15時まで入場が1,340円、子ども(中学生以下)が930円、それ以降の場合は1,030円と720円になります。
土日祝日の場合は時間制限がなくなり、一日大人1,340円、子ども930円となりますのでご注意ください。


また貸靴料金は510円、付添の見学料が310円となっています(付き添いは小学生以上が対象となります)。
駐車場についても30分ごとに260円(スケート場利用で2時間まで210円になります)となりますので、サービス券を必ず受け取るようにしておきましょう!


注意事項としては酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。
場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。


リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。
詳しくは公式サイトにも説明書きがありますので、初めて行く方は必ず事前に一度目を通しておくと安心ですね。


明治神宮アイススケート場は有名な場所であるゆえに人気も高く、特にシーズン中となると非常に混雑する可能性もあります。


【初心者でも楽しめる!東京のアイススケート場3選!その2:シチズンプラザ】



場所:東京都新宿区高田馬場4-29-27


シチズンプラザ
高田馬場駅から徒歩7分!シチズンプラザにはボウリング、アイススケート、テニス、カルチャースクール、貸スタジオ、レストラン等の施設があります


シチズンプラザはテニスやボーリングなど様々な施設が揃っている場所で、アイススケート場はアイスホッケー国際規格の本格的なリンクです。
こちらもレッスンや短期レッスン、また個人レッスンも行われておりますので、じっくりゆっくり練習したい方は個人レッスンもおすすめです。
とはいえ個人レッスンは人気が高く予約がどんどん埋まっている状況ですので、個人レッスンを希望する場合はできるだけ早めに予約するようにしておきましょう!


営業は年中無休の月曜から土曜日までが12時から19時45分、日曜祝日が12時から18時までとなっています。
料金は大人が1,340円、中学生以下が820円となっていますが、会員の方は多少安くなりますので繰り返し遊びに行きたい場合は会員も考えてみて良いかもしれませんね!


こちらも基本的なルールは同じで、酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。
場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。


リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。
詳しくは公式サイトにも説明書きがありますので、初めて行く方は必ず事前に一度目を通しておくと安心ですね。


シチズンプラザのスケート場は広いので、入場規制が行われるほど混雑する場合はあるものの滑ることすらままならないというレベルの混雑はあまりありません。
平日は特に空いているのでおすすめですが、教室の練習などもありますのでそういった場合は動きにくくなる可能性もあると思っておいたほうが良いかもしれません。


【初心者でも楽しめる!東京のアイススケート場3選!その3:東大和スケートセンター】



場所:東京都東大和市桜ヶ丘1-1330-19


スケート | BIGBOX東大和
BIGBOX東大和の「スケート」についてのご案内。「BIGBOX東大和」は東大和市駅目の前。和食ななかまど、カラオケ・宴会パーティ、テニス、ボウリング、スケート、ゲームセンター、月極駐車場などの複合アミューズメント施設です。


東大和スケートセンターも一年中スケートを楽しめるスケートリンクで、アイスホッケーの試合も開催される規模の広さでのびのびとすべることが出来ます。
こちらも各種教室はもちろん、校外学習のスケート教室なども行われている安心できるスケート場ですのでおすすめですよ!


年中無休で営業されていますが各種教室が競技会、また時期によって営業時間なども変動しますので、必ず事前にサイトをチェックしておきましょう。


料金は大人が1,300円の子ども(中学生以下)が700円、貸靴代はそれぞれ500円と300円になっています。
また「SEIBU PRINCE CLUB」の会員料金として入場料が200円ずつ割引されますので、会員の方はお忘れない用にご注意くださいね!


こちらもスケート場の基本として、酒気を帯びた方やペットを連れた方の入場は不可、また他人に不快感を与える方、営業を目的とした方は入場することが出来ません。
場内に危険物やビン・カン・ペットボトル、そしてアルコール類を持ち込むことも出来ませんので、覚えておきましょう。


リンクの横切りや逆回りといった危険・迷惑行為、リンク内の雪で遊ぶことやリンクに穴を開けることなど、非常識な行動も全て禁止です。


東大和スケートセンターでは大きな混雑があったという情報もあまりなく、比較的ゆっくり練習出来るかと思います!


【まとめ】

東京でおすすめのスケートリンク、そして初心者向けのすべり方などをお話してきましたが、スケートは悩んでいるよりも実際にリンクの上に立って覚えていく方法が一番早く覚えられると思います。
事前準備として服装や手袋・帽子などはしっかり用意し、あとは基本的な部分を動画で確認して実際にすべってみましょう!


慣れてくるとただぐるぐる回っているだけでもとても楽しく、充実した時間を過ごすことが出来ます。
今までスケートをしたことがなかった方も、ぜひこの機会にスケートに親しんでみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です