1月なのに花粉症発症!?症状の特徴は?原因のハンノキって何?

スポンサーリンク


1月という冬真っただ中なのに、花粉症のような症状に苦しむ人がいますよね。異常気象で、すでに春のスギ花粉が空気中に飛んでいるのかな?なんて話したりしますが、実はそんなことではないんです。


知らないと、適切な対処ができないので、
ぜひ冬の花粉症に悩んでいる方は、この記事を読んでしっかりと学んでくださいね。


スポンサーリンク

1月でも花粉症って発症するの?そもそも花粉症とは?

まず、花粉症と言うと、3月の終わりくらいから発症するものと言う認識が一般的ですよね。春になると、花粉症に苦しめられる人が多い印象です。


ですが、最近は1月頃からでも、花粉症らしく症状に苦しんでいる人がいますね。
そもそも、花粉症ってどんなもので、どのように発症するんでしょうか?


花粉症のメカニズムとは?

まず、花粉症になってしまう過程として、スギやヒノキなどの花粉が私たちの体内に入ってきた際に排除しようと「IgE抗体」を作り出します。この抗体は鼻や目の粘膜にある肥満細胞とくっつきやすい性質を持っており、花粉が体内に入ってくるたびに、どんどん抗体は肥満細胞と結合して増えていきます。


ある一定の量を超えてしまった時、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌されて、花粉を体外に出そうと言う動きが発生しますこれが花粉症の症状です


くしゃみで吹き飛ばしたり、鼻水や涙で洗い流そうとしたり、
鼻づまりでブロックしたりする動きが出てくるんです。


先ほど言った「ある一定の量を超える」という表現ですが、個人差があり、許容量が大きい人と小さい人がいます。遺伝的なものもありますが、近年では大気汚染や食生活の欧米化、自律神経を乱す気密性住宅などの環境的要因が原因であると言われています。


花粉症の症状と体質を改善!漢方で花粉症予防!




1月の花粉症の原因は「ハンノキ」!?ハンノキとは?


1月という冬の花粉症の原因と言われているのは、「ハンノキ」という花粉なんです。寒い時期である1月から6月までという長い期間にかけて花粉を飛来させています。


北海道に多く分布しており、水田や湿地帯を好みます。
また、細くて背丈があるのが特徴です。


でも、なぜハンノキで花粉症になるのでしょうか?


ハンノキは、ブナ目、カバノキ科の植物です。同じ種類として、ヤシャブシ、シラカンバ、クマシデ、ブナ、コナラ、クヌギなどがあり、様々な地域に分布されており、平井の時期も異なります。


そのため、ハンノキの花粉がない時期でもなにかしらの花粉が体内に蓄積されている可能性があるんです。


1月のハンノキ花粉症の特徴は?注意点は?


そんなハンノキの花粉症になった場合は注意点があります。
口腔アレルギー症候群になりやすいことです。


ハンノキの場合は、リンゴ、モモ、ナシ、サクランボなどが口腔アレルギー症候群を起こしやすい食べ物で、発症すると果物、ナッツ、野菜などを食べた際に、のどや口の中、唇にかゆみを感じるようになります。


また、重度になると気管支喘息アナフィラキシーショックを引き起こしてしまいます。
ハンノキ花粉で、口腔アレルギー症候群を引き起こすのは、15人1人だそうです。


冬の時期に花粉症の症状が出始めたら、一度病院で検査をしてもらいましょう
早めに、花粉症と知っておけば、対処できますからね。


ハンノキ花粉の有効な予防策は?


花粉を体内に入れないようにしよう

まず、花粉が体内に入らないようにするのが一番ですから、マスクや帽子、表面がナイロンの服、ゴーグルなどで防御するようにしましょう。また、風が強い日には外出を控えた方がいいです。


外から帰ってきた時は、家の外で花粉をはたき落とすようにしましょう。
家に帰っても、手洗いとうがいは徹底しましょう。
すぐにシャワーを浴びて洗い流して、服を着替えるのも有効です。


室内では窓はなるべく開けず、洗濯物も外に干さないようにしましょう。
空気清浄機と加湿器をフル稼働させて、掃除機を念入りにかけて、床も水拭きしましょう。


免疫力を高めるのも効果あり

また、免疫を高めることも大切です。
ヨーグルトや納豆、バナナ、ハーブティーや緑茶などがおすすめです。


お年寄りには花粉症が少ないことをご存知ですか?
若い世代よりも長年、花粉を体内に取り込んでいるはずなのに発症者が少ないんです。


これは現代人のようにスナック菓子やインスタント食品を食べる習慣がないためと言われています。さらに、田舎の方に住んでいる人が多く、アスファルトではなく、土の道に囲まれています。


健康のためにも、コンビニ食品やスーパーのお弁当も避けるようにしましょう。アスファルトの場合は花粉が吸収されることなく、何度も空気中を飛来するのに対して、土の道は花粉が落ちても吸収するので空気中を飛びにくいと言われています。


【最後に】


花粉症はある一定量を超えてしまうと、誰にだって起こりうるものです。自分は大丈夫と思わずに、日ごろから食生活を中心に気を付けてみるのが一番の予防策になると思います。


1月なのに花粉症の症状が出たと思ったら、早めに病院に行くようにしましょう。現在では症状を緩和する薬などもありますし、花粉症に対して正しい知識も教われるので後回しにしない方が良いですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です