今や常識?離婚式とは?離婚式プランナーや離婚式検定とは?

スポンサーリンク

まだ耳慣れない言葉ではありますが、今や常識となっているかもしれない儀式として「離婚式」というものがあります。
知恵蔵2013に掲載された新しい言葉であり、離婚式自体は1990年代以降より少しずつ広まっているそうです。


名前の通り「離婚」のための儀式で、離婚を決めた夫婦が友人や親族を招き、人生の区切りをつけるために行われるものです。
とは言ってもどういったものかピンと来ない方も多いと思いますし、またもし離婚式に招待されたらしっかり調べておかないと怖いですよね。


今回はそんな離婚式についての常識や結婚式との違いなど、離婚式のあれこれをまとめましたので、是非チェックしてくださいね!


スポンサーリンク

【今や常識?離婚をしたら離婚式をあげるの?】



離婚式とは最初にお話した通り、離婚を決めた夫婦が友人や親族の前で人生の区切りをつけるために行われる儀式です。
始まりは1990年代、そして広まってきたのはごく最近……ではありますが、これはどちらかというと近年の離婚率の高さのほうが原因かもしれませんね。


これまでに400組以上の夫婦が離婚式を経験しているのはもちろん、逆に離婚式を皆の前でとり行うことによって離婚を思いとどまり、やり直してみようと思われた方も15組いるそうです。
自分たちだけではなく友人や親族の目の前で宣言すること、また参列された方の励ましの言葉を貰えるなどによって、改めて自分たちを見つめ直す機会となるのかもしれませんね。


またもちろん離婚式を実行することによって人生の区切りをつけ、むしろ晴れ晴れとした表情となる夫婦もたくさんいるそうです。
離婚は後ろめたいものではなく、このように皆の前で広めることによって気持ちの切り替えができる……こう考えると、離婚式も良いものだなあと思いますね。



【離婚式と結婚式、何が違うの?誰を呼ぶの?】



まず離婚式と結婚式の違いを知るためにも、離婚式はどのような雰囲気でどのようなことをするのかを、動画でチェックしてみましょう!


ハッピー離婚式 【PV】


こうしてみると「離婚式」という名称から想像するような深刻な雰囲気ではなく、むしろ晴れ晴れとした、次への人生へ歩みを向けるための明るい式ですよね。


基本的には友人や親族を呼ぶ形になりますので、そこは結婚式とあまり変わりません。
場所についてはプランなどにもよりますが離婚式場やお寺、レストランなど、こちらも結婚式とあまり変わらない雰囲気があります。


当日の流れも様々ですが、全体的な流れとしては司会者が「夫婦が離婚に至った経緯」を説明し、夫婦から一言挨拶があります。
その後出来れば離婚経験者の友人による友人代表挨拶があり、「最後の共同作業」として離婚式で最も注目するイベント、「結婚指輪をハンマーで叩き割る」というものがあります。
この最後の共同作業が終わったタイミングで夫婦が晴れ晴れとした表情になることが多く、自然と拍手が出るのもここなんだそうです。


あとは会食などになりますので、晴れて離婚した元夫婦を励ましたり今後について話したりと、「これから」に向けて歩み出すことになります。


ちなみに結婚式のように当事者や参列者の服装のルールが多いわけではなく、「特に決まっていない」というのが正解です。
当事者達も自前の服装になることが多いですので、あまりしっかり考えなくとも構いません。
とはいえ華やかな白や当事者よりも目立つ格好は違和感がありますので、そういったポイントだけ注意しておけば大丈夫だと思います。


最後に当事者……つまり別れる夫婦のことですが、当然ですが「新郎新婦」ではなく、呼び方としては「旧郎旧婦」になります。
もし招待されて行かれる場合は呼び方もやっぱり気をつけたほうが良いですので、今のうちに覚えておきましょう!


離婚式については離婚式の公式サイトをご確認いただくとより分かりやすくなりますので、ぜひ公式サイトもチェックしておいてくださいね。


離婚式オフィシャルサイト|寺井広樹プロデュース
離婚式プランナー 寺井広樹が手がける離婚式のオフィシャルサイトです。


【離婚式の費用相場は?支払いはやっぱり折半?】



気になる離婚式の費用ですがプランによって様々なことも結婚式と同様であり、例えばですが離婚式の公式サイトを参考にすると


松:200,000円
竹:100,000円
梅:55,000円


会食日:3,000~5,000円


となっています。
松コースの場合は離婚式場やお寺で、最も安い梅の場合は離婚屋敷での式となります。
こうしてみると費用としては結婚式と比べて圧倒的に安く、人生の再スタートを決めるために行うというのはありですよね。


費用の分担については最終的に旧郎旧婦次第ではあると思いますが、これからは別々の道を歩むのですから、後々トラブルがないようにしっかり話し合っておくことが一番大切だと思います。


また参加する場合の「ご祝儀」は必要かどうかですが、離婚式の場合は「ご終儀」として3,000円から5,000円ほどを用意しておくと安心です。
「親族も呼ぶ」と最初から言っていますが、離婚式の形式上家族は出席しないことが多いことも覚えておきましょう。


【離婚式をあげるなら離婚プランナーに相談!離婚式プランナー検定とは?】



ここまで離婚式についてお話してきましたが、実際に離婚式をやろうと思った場合におすすめなのは「離婚式プランナー」に相談することです。
離婚式プランナーとは名前の通り離婚式のプランを相談できるプランナーのことで、日本初の離婚式プランナー、寺井広樹さんなどが有名です。


また離婚式プランナーになるためには「離婚式プランナー検定」を受けることが一番で、こちらも寺井さんが創設した検定になります。
とはいえ次回の検定が3月にあるのですがそれも定員(20名)となって締め切られているところからも、まだまだ離婚式プランナーはそう多くはいないですね……。


こちらの検定は合格すると有料ですが「合格認定証」が送られ、また合格者には各種コラボ企画なども優先的に検討してもらえるというメリットがあります。
離婚式プランナーを目指したい場合は受けて損は絶対にないと思いますので、もしお考えの方はぜひこまめに公式サイトをチェックし、次回の検定に備えておきましょう!


離婚式プランナー検定
離婚式プランナーは、誰でも簡単にできる仕事ではありません。当事務局では、検定を通じて離婚式ならびに離婚マーケットについての理解を深めていただき、旧郎様・旧婦様の良き再出発に寄与することを目的に「離婚式プランナー検定」を実施します。


【まとめ】

「離婚式」と最初聞いたときは正直もっとしんみりとした、居心地の悪い場所というイメージもあったのですが、実際に知ってみるとそんなことは全くなく、これからの人生に向けての再スタートという明るいイメージに変わりました。


離婚というと夫婦の友人はそれぞれ片方からしか話を聞けないことも多く、それまで仲が良かった場合でも疎遠になってしまいがちです。
離婚式はそういったこともなくどちらの友人をも前にしてしっかり宣言が出来ますし、お互いの友人がいることで今後の関係も続きやすくなります。


離婚式にはこのように本人や周囲の方にとっても様々なメリットがありますので、離婚をお考えの方はぜひ一度、離婚式も検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です