近所のママ友とのトラブル防衛策保存版!こんなママ友は危険!


子供が小学校にあがると集団登校時、見送りにきたご近所のママ友たちとの立ち話。朝の時間に追われつつ、見送り終えたらサッと帰りたいのに……。


ご近所ママ友って同学年ばかりじゃないし、
苦手なママ友も結構いたりしませんか?


またご近所ママ友グループって、上の学年の子を持つ先輩ママ友に対して、
微妙なリスペクト感が存在している気もしませんか!?(苦笑)


様々な情報交換はしたいけど、煩わしい関係にだけはなりたくない
ってホントはみんなが思っているんでしょうね。


スポンサーリンク

やっぱりママ友との付き合いは必要なの?


ママ友が群がりたがるのには、やはりそれなりに理由があると思うんですよ。


まして、ご近所ともなれば幼稚園の時とは違って、
ほぼ同じ小学校に通わせることになるので、
子供の学校での様子や学校行事等など情報を共有したい!
って気持ちもおこるでしょうしねぇ……


では、このママ友たちとの関係性には、
どのようなメリットデメリットが考えられるでしょう!?


メリット

・情報交換ができる

学校の情報を始めとして子供の習い事etcなどについて、
地域絡みのお得な情報が交換できて、
何より普段の子供たちの様子を知る機会としてはうってつけ!!


・学校行事で孤立しなくて良い

小学校では、PTA参加行事が割と頻繁に行われますから、
数時間ポツンと一人でいるよりは、知り合いと一緒にいるだけで色々安心ですね。


・子ども同士が仲良くなれる

母親同士の付き合いがあれば、自然と子ども同士も仲良くなっていくようです!


デメリット

・無駄な気遣いに疲れる

他のママ友たち(特に先輩ママ)の意見に合わせなきゃならない場面が多すぎて、
何かと気を遣うことが煩わしい!”と感じていませんか?
こういった人間関係に疲れるママはとても多いです!!


・お付合いに時間が取られる

あまり意味がないこと!(苦笑)で時間を取られるのも困りものです。
噂話や悪口など、子供と関係の無い話には加わりたくないですものね!!


・頼まれ事が断れない

「あなたが大変なときには助けてあげるからお願い!」などと何か頼まれると、
とても断れない状況をつくられて面倒ですね。


こういうママ友さんは、“助け合えるので何かと心強い!”
と勝手に思っているようでなかなかに手強いです。( ´△`)アァ-


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アナタの立ち位置しだいで、メリットととるかデメリットととるか
受け取りかたは様々でしょう。


人間関係さえ良好に保つことが出来れば、
たくさんの情報を知り得る“ネットワークの場”になっていることは確かなのですが!?



こんなママ友と付き合うと危険!近所にいる迷惑なママ友とは?


ママ友のグループには、“ボスママ”的存在が出てきてしまってその方を中心にした取り巻きとなってしまう傾向があるようですね。


最初にお話ししたように、
小学校PTA経歴順!?とも言えるような先輩ママ友からは、
何故から下に見られているような気がしなくもない!?と感じていませんか?


ボスママ!?の特長

・世話焼き好きのまとめ役=お節介で仕切りたがり屋

・SNSなどの最新の技術を使いこなしていて情報が早い&多い

・ちょっと傲慢で人の意見を受け入れにくい=自信過剰気味!?


なかでも大変なのは、ママ友の中で、『世帯収入』『生活レベル』『子どもの能力』などによって、順位づけされるママ社会の階級化“ママカースト”に置かれた場合です。


お金の話

自分からお金の話をしてくるのは、
比較的“裕福な家庭”の奥さんが多いように思いますね。


つまり他人からしたら「自慢話」に聞こえるわけですよね。
主婦の間では「自慢話」に受け取られてしまうと、即「妬み」につながります!!
うっかり家計事情をペラペラとしゃべるのはやめましょう


「お子さんまだ?」と「2人目の予定は?」

夫婦2人で楽しむことを決めている人だってたくさんいます。
その場合「子どもはいいわよ~」的な発言も相手を傷つけてしまうかもしれません。


そして、「2人目の予定は?」も同じこと。
それぞれの家庭には、それぞれの事情があって当然!!
他人にいちいち話したくないことだってあるでしょう。


こういったデリケートな話題には、立ち入らないようにしましょう
でないと、「相手を思いやれない人」と思われかねませんので気をつけてください。


仕事の話は相手を選んで

昨今は結婚、出産後も仕事を続ける女性が増えています。
でも、本当は働きたいけれど、
自分の願い叶わず専業主婦を強いられている女性だっているわけですよね。


そんな状況におかれているママが、
ママ友から仕事の話をされたら、
自分だけ取り残されたように感じるのではないでしょうか!?


相手が聞いてきたのならともかくとして、
自分から「最近仕事忙しくてさ~」などとうっかり愚痴るのは要注意
「主婦はみんな忙しいわよ」思われるのがオチですからねっ!


子どもの成績の話

ご近所ですから子供が通っている学校は同じ
「どこの子が優秀か?どこの子はあまり……」なんていうことは、
自然と判ってくるものです。
それをあえて話題にする必要はありませんよね!


「お宅のお子さんは優秀でいいわね~」と言いながらも、
ライバル心を燃やしてしまうのが女性というものです。(苦笑)
子供たちは、ママの自慢のために勉強しているわけではありませんからね!!


他人の悪口

「誰々さんが言ってたんだけど……」という具合に回り回って、
本人の耳に入ってしまう可能性は大きいと思っていてください。


言い出しっぺは忘れていても、言われた方は忘れない!というのが悪口や噂話です。他人の悪口には積極的に加わらず、さらりと流すくらいでちょうどいいのです。


ドラマみたい!本当にあった近所のママ友とのトラブル


「ママ友仲間に脅迫状! 犯人は意外な相手だった…」

無言電話に、頼んでもいない通販商品が着払いで届いたり、
墓地のパンフも… そしてついには、
「外で子どもを遊ばせるな。やめないと○○(Bさんの長男の名前)を殺す」という
脅迫状までが届くように!? (Jタウンネットより引用)


「ママ友仲間に脅迫状! 犯人は意外な相手だった...」(埼玉県・30代女性) - くら...
ご近所付き合いの中では、どうしても小さな不満というのは出てくる。それをうまく相手に伝えられたり、我慢できたりすればいいのだが、人によっては溜めにためたマグマを、思いもよらない形で噴出させることもある。...


逃げられない?マンション内ママ友バトル!「ボスママに呼び出されて…」

マンション内にはラウンジがあり、そこでのママ同士の交流が活発なのはいいけれど、
“ボスママ”から郵便受けやゴミの出し方までチェックされ…。
似かよった年収のためか?
ライフスタイルが似ている故におこる様々なママ友バトル。
(J・SPAより引用)


逃げられない?マンション内ママ友バトル!「ボスママに呼び出されて…」 | 女子SPA!
東京オリンピックに向け東京はまだまだマンションバブルが続いています。「リトミック教室を巡りマンション内でバトルが起きています」次に語るのは2歳半の娘を育てている専業主婦の桑原みひろさん(32歳/仮名…


異例!都内の小学校で「ママ友」会合禁止令

いかんせんトラブルに繋がりかねないママ友グループの存在。
“学校への子どもの送迎も控えること、フェイスブックなどのSNSの利用や、
メールアドレスの交換も禁止”
“保護者間の連絡は、学校の連絡先名簿を利用するように”
との学校通知が配布!? (AERA botより引用)


異例! 都内の小学校で「ママ友」会合禁止令 〈AERA〉
 都内の公立小学校の入学式で、ある通知が配られた。「保護者間交流に関するお願い」と記され、内容はこうだ。「学校外での有志による保護者サークル等の開催について自粛をお願いします」 保護者間、特に母親同士...


近所のママ友とトラブルになったらどうするのが正解?防衛策は?


それとなく周囲から理由を探る

なにかが、おかしい…と感じた時は、周囲に聞けそうな人がいるなら、
こっそり聞いてみるのがいいかもしれませんね。


コミュニケーション不足で行き違いや勘違いが起こっている場合もありますし、
もし、自分に非があると納得できれば、勇気を出して素直に謝ることが大切ですね。


それでも、謝罪を受け止めてもらえなかったら、
「悪いことをしたけれど、きちんと謝った」と
胸を張って相手とは距離を置くようにしてみましょう


笑顔で明るくあいさつをする

「ええ!!嫌な思いをしているのに、笑顔!?」という気持ちになりますよね。


ママ友グループの輪に無理に入っていく必要はありませんよ!!
笑顔で挨拶をしたら、なるべくさっと離れちゃいましょう


笑顔は人を引き付けるパワーがあります。
辛いな…って時こそ、
相手には“私は気にしてないですよ!相手にしてませんよ!!)”
という気持ちをもって明るい笑顔で挨拶をしてみてはいかがでしょうか。
相手も露骨なことはしにくくなる状況になると思いますよ♪


悪口・噂を言わない、参加しない

ママ友の人脈ネットワークは複雑で密度の濃いものが多く、
なんとなく話したことが、尾ひれ胸びれついてメールやLINEで回っていたり…


あまり身近なママ友には、何事も具体的には話さないことです!!


子供のことを思うと…ガマン!その考えを変えてみましょう!

「子供同士が仲よしだから…」
「親同士のトラブルで、子供がいじめられたら!?」
といった子供が絡む関係性で悩まれるママさんは多いと思います。


無理をして、一緒に居たくない人たちと仲間でいる必要はありません。
気持ちを切り替えて、
ママさんも子供も、別のお友達との交流を探してみることも良いと思いますよ。


トラブルを常態化しないためには、
特定のグループに居座らないことは懸命な選択だと考えられませんか? (^_^)V


【最後に/まとめ】


うまくさえ付き合えば、
いざという時に味方になってくれるのがご近所やママ友です。


それでも、何かしら陰湿な兆候が子供やママ友に見られたときは、
“逃げる”のではなく、
子供たちのため、自分自身のために、
これ以上の災難を受けないよう“避ける”のだと自分を納得させましょうね!


追い詰められて悲しい思いをしたり、実質的な被害あるよりよっぽどマシです!!
内にこもらず行動さえしていけば、必ず活路は見いだせるはずですからね。
ママが健やかに過ごすことこそ、子供たちの喜びつながるのですよ。 (^_^)V

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です