七福神巡りに京都へ行こう!御朱印のもらい方は?色紙はどこで買うの?

スポンサーリンク


年が明けると「七福神巡り」と言われる七福神寺社への参拝をされる方が増えてきます。
中にはツアーまで組んでいるところまであるくらい人気。


その名の通り、七福の神様の集まりです。
しかしそれはなぜ、一体どのような経緯で、我々庶民の間で親しまれ、信心されるようになったのでしょうか。


七福神信仰は我が国独特の民俗行事ではありますが、
七福神の神様方はそれぞれにルーツが違っており、それぞれが大変個性豊かな神様。


恵比寿神 商売繁昌・大漁・五穀豊穣
大黒天  豊作開運 招福
毘沙門天 家族を守り勇気を与える
弁財天  夫婦円満・知恵を与える
福禄寿  長寿長命
寿老人  家庭円満・無病息災
布袋尊  平和を授ける


日本の神様のほか、中国・古代インドの神様もいらっしゃるのが特徴で、
日本の神社・仏閣に祀られている本来の神様が、
それぞれに七福神の神様ともご一緒に祀られる形で広く親しまれて来ているのです!


“八百万神(やおよろずのかみ)信仰”の歴史ある日本だからこそ、
独自の信仰心に根付くことができたのでしょうね!?


スポンサーリンク

ご利益たっぷりの七福神巡り。いつのタイミングに行くのが最適?


七福神は室町時代末期ごろから信じられるようになった民間信仰とされています。


「七福神巡り」は、江戸時代の頃に広まっていった風習で、“松の内”(正月の15日まで)の間は家に神様が滞在している期間とされているため、この期間に七福神がお祀りされている神社やお寺を巡ることで、“ご加護に預かり、その年の難から逃れられることができる”という言い伝えがあります。


ですから、年明けの1月に「七福神巡り」をされている方が多いのです。



七福神巡り京都のおすすめルートは?どれぐらいの時間がかかる?


京都定期観光バスで七福神巡り

京都の「七福神巡り」は日本最古の七福神巡りと言われているもので、
毎年1/1~31日までの期間、「都七福神めぐり」の京都定期観光バスが運行されており、料金は大人8,800円、小児5,550円。


効率よくお参りをしたい方にはおすすめです!
(コースの途中、東寺では「七福神弁当」が用意されています(^▽^)b)


お問い合わせ:TEL.075-561-6980 六波羅蜜寺(都七福神事務局)

HP



この時期以外でも、もちろん「七福神巡り」はできますが、
各寺社が広範囲に点在しているので、数日に分けてゆっくりご参拝されると良いと思います。


京都 七福神巡り



どの寺社からスタートするの?

本来、どの寺社からスタートしても問題はありません


最近は、効率的に回れるルートをチョイスして、観光タクシーで回っちゃうのが人気のようですよ♪京都は他にも見て回りたいところだらけですものねぇ~。


ただ必ず、最初の参拝する社寺で御軸大護符(色紙)、御宝印帖を購入してくださいね!(もちろん持参された御朱印帳でもかまいません。)


京都七福神巡りマップ



1日でも回れる?!おすすめルート

ともあれ、効率よく1日でも回れるだろうおすすめルートのご紹介。


JR京都駅をスタートして、JRや私鉄、バスなどの公共交通機関を利用して移動することを想定すると、所要時間としては、約8時間。でも、うっかり混雑期だったりするとそれ以上にかかってしまいますので要注意!!


まずは、京都駅からスタートして他の寺社とは少し離れている萬福寺へ。Let’s Go!!


1 布袋尊の萬福寺

萬福寺は、徳川4代将軍家綱が、隠元禅師に禅の道場として開かせたのが始まりと言われています。境内の雰囲気が一般的なお寺の趣とは違いますよ。


HP

黄檗宗大本山萬福寺‐京都府宇治市
黄檗宗大本山萬福寺の天王殿にいらっしゃる「布袋尊像」は、日本最古の七福神巡りのスポットです。


2 毘沙門天の東寺

東寺の毘沙門天は、七福即生のご利益があると言われ国宝にもなっています。鎧の線がとても美しい像です。また東寺には京都のシンボルでもある五重塔があり、記念撮影には最適のスポットです。


HP

東寺 - 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺
真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕の公式サイトです。境内・歴史の紹介、特別公開のお知らせ。法要や拝観のご案内。


3 弁財天の六波羅密寺

こちらの弁財天像は南門すぐの護摩堂に安置されており、高さ約30cmほど。
六波羅密寺の宝物館には、平清盛坐像や空也上人像も安置され見どころの多いお寺と言えると思います。
また正月期間中には皇服茶と言う福茶を飲むイベントも開催されています。


HP



4 恵比寿のゑびす神社

ゑびす神社も六波羅密寺と同じく京都市東山区にあります。
正月期間中は、初ゑびす、十日ゑびすなど商売繁盛のイベントが盛りだくさんで、
多くの参拝者を集めています。


HP



5 寿老人の行願寺

通称「革堂(こうどう)」とも呼ばれ、西国三十三ヶ所巡りの19番札所にもなっているお寺でもあります。


京都観光ナビオフィシャルサイト



6 大黒天の妙円寺

「松ヶ崎の大黒さん」として地元の人々に親しまれています。
五山の送り火の際、妙法の「法」の文字が点火される松ヶ崎山のふもとにあります。


HP



7 福禄寿の赤山禅院

赤山禅院も妙円寺と同じく京都市左京区にあります。京都御所から見て表鬼門にあたる位置に置かれていて、鬼から京都を守る守護神として古くから崇め続けられてきたお寺でもあります。
福禄寿像は本堂の東側にある福禄寿殿に安置されています。


HP



そして、赤山禅院からJR京都駅に戻って、都七福神巡りはゴールとなります。
お疲れさまでした


七福神巡り、御朱印はどうやってもらう?色紙はどこで買うの?


御朱印は本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただくお印でした。
それが納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになったのが、江戸時代後期(諸説あり)。
やがて多くの神社、お寺で頂けるようになったと言われています。


御朱印は、御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてあり、御本尊や御神体の分身といっても過言ではありませんよ!また、書いてくださる方は心を込めて一字一字ていねいに書き押印してくださいます。


あなたのためだけに書いて頂いたものですので、粗末に扱わないようにし、
ずっと大切に保管しましょう。


もらった御朱印のベストな保管場所は?

保管するのは清浄な場所、仏壇や神棚などが理想ですね。
でも、最近の住宅事情により仏壇や神棚の無い場合は、
タンス上段の引出などを御朱印専用にして代用することも可能ですよ。


御朱印専用が無理な場合でも、
慶弔用の貴金属や数珠などと一緒に保管してもいいでしょう!!


時間をかけて集めた御朱印ですから、
紛失しないよう、また、神仏に対する敬意を忘れず
ないように自宅内の上座据えて大切に保管しましょう


御朱印はどこで手に入れたらいい?

御朱印帳は
規模の大きい寺社や文房具店・仏具店などで購入することができます。
また、ネットショップでは可愛い、楽しい個性的な御朱印帳が購入可能ですよ!


大きな寺社では、たいていオリジナルの御朱印帳を用意しています
また、鎌倉では七福神巡り専用の色紙が用意されているのでこちらに御朱印いただき、
額縁で飾るのも良いと思います♪


御朱印のいただき方

御朱印のいただき方は、お寺・神社ともほぼ同じ手順になります。
どこでも、御朱印は1年中いただけるものなで心配ありませんよ(^_^)V


手持ちの御朱印帳が無ければ、最初に参拝する寺社で御朱印帳や御朱印専用色紙等を購入しましょう。


1.三門〈鳥居〉をくぐる。

2.拝観料を納める。(拝観料無料の寺社も多々あります。)

3.手水舎で手・口を清める。(お寺には無い場合も多いです)。

4.本堂〈拝殿〉を参拝する。(まずはここを必ずお参りしてください。)

5.複数のお堂〈祠〉がある場合は、順番に参拝する。

(大きな寺社には様々な神仏が祭られています。)

6.御朱印を頂く。(御朱印は参拝の後に・・・)


なお、参拝客の多い寺社では、お詣りする前に御朱印を頂くように指示される場合もありますし、御朱印帳を預けて参拝後に渡される場合など色々とあります。御朱印受付でおたずねください


七福神巡りは1日で回る必要があるの?七福神巡りの服装や持ち物は?


服装について

特に決まりは無く、動きやすい服装が一番です。
季節によっては日よけの帽子もあったほうがいいですね。


靴について

訪れる寺社の規模にもよりますが、境内は広い場合も多く階段や坂もあります。また、複数の寺社を回りますので、はき慣れたシューズやウォーキングシューズ・スニーカーなどを履くのが良いでしょう!


カバンについて

カバンは、御朱印帳と身の回りの物が入る程度の大きさの
ショルダーバックやリュックサックがいいです。
移動に邪魔にならないようなるべくコンパクトにするように心がけましょう。


そして忘れてならないのが、
御朱印帳(あたりまえですが…)と財布。 

御朱印代は300円という場合が多いので百円玉を多めに用意してくださいね。
おつりのいらないように準備するのがマナーですよ(^_^)


【最後に/まとめ】


お祀りしている神社・お寺さまにお聞きしたところ、
「七福神巡り」は必ずしも年明け“松の内”にこだわらず
また1日で回りきらなければならないと言った約束事はないので、
観光や散策をかねてゆっくりご参拝頂きたいとのことでした!!


最初にご紹介した毎年1/1~31日までの1年のうちでも功徳の大きいと言われる時期に「都七福神めぐり」の京都定期観光バスを利用する無理のないプランもご検討されてみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です