冬に起きられない!布団から出られない!原因と対策まとめ!

スポンサーリンク


冬の布団ってぬくぬくでいつまでも入っていたいものですよね。布団を剥げばあっという間に冷気が体を包みますし、起きるとずっと寒いままですから、どうしても冬の朝が苦手になってしまいますよね。


そんな寒い冬の朝も、ちゃんと起きられるようになりたいって人は多いことでしょう。
寒さに焦点を当てた対策をいくつかご紹介します!


スポンサーリンク

冬に起きられない!布団から出られない!なぜ?


まず、そもそもなんで冬になると起きられないんでしょうね?
それは体温が関係しています


真夏でも、寝るまでは暑さに苦しんでいるものですが、寝てしまうと不思議なことに暑くないものですよね。あれは、眠っている間は人間の体温は上昇せず、低いまま維持されるからです。


なので、真冬になると、外気も冷たいため、目が覚めても体が覚醒するほどの体温上昇を望めないのです。徐々に体温は上昇していきますが、夏よりも時間がかかってしまうのです。


つまり、休息中から活動モードへの切りかえは体温上昇によって起こるので、目が覚めたと同時に体を温めて、体温上昇を速めればすぐに起き上がることができるわけです。



冬の朝でもスッキリ起きる方法3選!

暖房器具のタイマー機能を使う

上記でも言った通り、体温を素早く上げればいいのですから、朝目覚める時間の30分前に暖房器具のタイマーをセットしておくのが有効です。部屋が暖かければ体温も素早く上げられますからね。


伸びをする

他にも、脳や体が素早く覚醒する方法として、伸びがあります。布団の中で良いので、体を思いっきり伸ばすことで、スムーズに覚醒させられますよ。これは猫や犬にもみられることです。動物は本能的に伸びをすることで目覚められることを知っているんですね。


光を浴びる

もう一つ、方法を挙げるのならば、光を浴びるという方法です。セロトニンが不足すると人は朝起きられなくなります。このセロトニンは朝の太陽の光を浴びることで分泌されるのですが、冬は日照時間が遅いので不足しがちなんです。


なので、タイマーがあるスタンドなどを用意して、タイマーで部屋を明るくしたり、カーテンを開けておいたり、目覚ましが鳴ったらすぐにリモコンで部屋のライトをつけるといいでしょう。


朝が弱い人必見!シャキッと目を覚ます方法20選 早起き・朝活したい人へすっきり目覚めるコツを教えます!



眠る前も重要、、眠る前に避けた方がいいこと3つ!


起きる時も重要ですが、寝る前にも気を付けた方がいいことがあります。


ゲームやスマホをしない

最近は多くの人が、寝る前にスマホでゲームをしてから寝ると思いますが、ブルーライトは入眠の妨げになるものですし、ゲーム自体は興奮材料となるので、就寝前のベッドでのゲームやスマホはやめましょう。ゆったりとした音楽を聴く程度にしましょう。


お酒を飲まない

また、寝る前にお酒を飲むと眠れると言われるものですが、多く摂取したりアルコール度数が強いものを飲むかえって深い眠りを得られなくなり、次の日の朝、体が重いままになってしまいます。


寝る前にお酒は辞めて、セロトニンの分泌を手助けしてくれるホットミルクを飲むようにしましょう。


冷たい体で布団へ入らない

完全に体が冷えた状態で布団に入るのもNGです。冷たい体のままではなかなか眠りにつくことができません。特につま先が冷たい場合しっかりと温めてから寝るか、靴下を履いて寝ましょう。


よく入浴後にすぐに寝ると良いと言いますが、熱すぎるお湯に浸かるのもNGです。体が熱すぎると目が覚めてしまうので、寝付けなくなりますよ。40度くらいのぬるま湯に10分ほど浸かっているのが良いでしょう。


睡眠が少ないから眠いのか、寝過ぎだから眠いのか


睡眠についてですが、人によって何時間寝れば十分なのかはまちまちです。6時間でよい人もいれば、8時間寝ないとダメだという人もいます。中には3時間で足りる人もいますね。


ですが、一般的には人は6~8時間の睡眠が必要だと言われているので、そのくらいの時間は確保した方が良いでしょう。一度、自分で時間を計って体調を記録して、どのくらいの時間が自分にベストな睡眠時間なのか調べておくと良いでしょう。


ちなみに、よく休日に寝だめをする人がいますが、睡眠は貯めておくことができるものではありません。一番重要なのは、睡眠のリズムをしっかりと作り、守ることです。休みの日も平日と同じサークルで起きて寝る、このルールを崩さないことが大切です。


一番良いのは、早寝早起きです。朝の太陽の光は人の体と心の調子を整えてくれるので、朝しっかりと起きて太陽の光を浴びるようにしましょう。


【最後に】


冬の朝はつらいものですが、工夫次第ですっきりと起きられるようになるかもしれません。現在は、便利グッズもたくさん販売されています。長時間温かさをキープできるゆたんぽもありますね。暖房器具照明にタイマーがあるものも多いので、賢く利用して寒い冬も乗り切りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です